トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1321

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成23年4月22日発行

■ニュースヘッドライン

▽15歳未満脳死少年から心臓移植受けた10代男性経過順調(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20110422k0000m040186000c.html

▽栄養士を400ヶ所以上の避難所に派遣、実態調査と改善へ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39736

▽健保の4割が保険料率引き上げ、震災で赤字幅さらに拡大(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20110422ddm012020196000c.html

▽米国で普及し始めた期待の高い新しい乳がん検査法"PEM"(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110422/bdy11042207580001-n1.htm

 

  ---------- <福島第1原発関連情報> ----------

▽1~3号機の高濃度汚染水6月まで回収できない見通し(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110422-OYT1T00060.htm

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品 

  <今日、4月22日は「アースデー(地球の日)」です。> 

  ※一人一人が地球の環境を守る為に行動を起こす日です。

太陽光発電実験セット
http://www.3bs.jp/physics/enviromentalphy/u10970.htm?mmail&d

個人で実験が可能な大きさの太陽光発電器具と実験器のセットです。   

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 4月22日(金)20:00~20:45 NHK総合

  首都圏スペシャル「電気が足りない!~暮らしは変わる?~」

      夏に深刻な電力不足が見込まれる首都圏。
大学の研究者と共同で無理なく節電する
方法を探る。機械の電力消費量を細かく
チェックし操業の夜間シフトを検討する
工場など様々な節電の取り組みを紹介。

     
▽明日 4月23日(土)19:56~20:54 日本テレビ

  世界一受けたい授業

      知らないうちに生物や自然が大異変の訳や
普段は入れない立ち入り禁止区域の裏舞台、
20年前に比べ低体温や喘息や花粉症の子が
増加している背景やストレス原因による肌
のトラブル解消法などを紹介。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

暖房コストが最も安いとのは灯油といわれているが、
我が家はオール電化。
暖をとる・調理するにも電気以外に選択肢は無い。

消費電力はもちろん気になる。
雪国長岡で、日中も家族が家にいたこの冬、
1ヶ月に1万8000円ほど。
この金額が、非オール電化住宅の、電気・ガス・灯油代
の合計に相当するわけで、特別高いわけでも無いだろう
とは思っている。

灯油を買いにいく手間も無く、LPガスのように
なくなる心配も無いので素直に便利だと思う。

まぁ、現在のように電力不足の事態となると電気一本
に頼ることのリスクを感じずにはいられない。

オール電化にするかどうか、決断のときに電気のみの
リスクはもちろん考慮した。リスクをいろいろ考えた
うえで、オール電化が最も低リスクだと判断した。
それが地震で被災したときの教訓だ。

中越地震の際、住居として利用していたアパートは倒壊
こそしなかったが、みごとに傾き、壁にはひびが入り、
一部は崩れ落ちた。

そうなると、電気・ガス・水道といったライフラインは
もちろん全てストップ。

そのなかで最も復旧が早かったのが電気。
2~3日で復旧した。
ガスの復旧は数週間、場所によっては数ヶ月。

また、ガス給湯器を使うには電気が必要。
灯油のファンヒーターも電気が必要。
停電すれば、灯油もガスも利用できる機会は
ほとんどなくなってしまう。

そんな教訓からオール電化と相成ったわけだが、
家に灯油がほしいなとおもうことがある。

と、灯油の科学の話を書く予定だったが、
前振りが長すぎたので次回へ。


  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に