トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1345

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成23年6月3日発行

■ニュースヘッドライン

▽慢性疲労症候群の論文に誤り、患者試料にウィルス混入(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20110603k0000m040150000c.html

▽脳死臓器提供、法改正後50例目、40歳代男性、家族承諾(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201106020268.html

▽手話辞典14年ぶりに改訂、"メタボ"など約2000例追加(毎日新聞)
http://mainichi.jp/life/today/news/20110603ddm012040060000c.html

▽業務外の救命行為、助けたい一心の消防指令を懲戒処分に(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=41620

 

  ---------- <福島第1原発関連情報> ----------

▽震災や原発事故の不安で不眠再び増加、首都圏高層階でも(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110603/trd11060307480001-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品 

  <今日、6月3日は「雲仙普賢岳祈りの日」です。> 

  ※1991年のこの日、雲仙普賢岳で大火砕流が発生しました。

  消防団員、警察官、取材中の報道関係者等も巻き込まれ、
  死者行方不明者43人という犠牲者を追悼するために
  島原市が1998年から実施しています。
  
  骨太!Dr.仲田のダイナミック整形外科(下巻)
  http://www.3bs.jp/soft/primary-care/w65067.htm?mmail&d

  大規模災害が多発する昨今,緊迫した現場で医師として
  落ち着いてあたれるよう,下巻ではトリアージや具体的
  な重症損傷の対処法を学習します。

  仲田式暗記術が大活躍!「ほこつめて」「カンキアンスキ」
  など,番組に登場する言葉とその意味を理解しておけば,
  いざという時にも落ち着いて対応できるでしょう。

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 6月3日(金)21:00~23:24 日本テレビ

  本当のエコを考える地球旅行~明日へのチカラ~

      日本と違う環境や価値観を持ち試行錯誤を
      繰り返して共生を実現している国や地域と
      触れることで日本のエコを考えていく。
      国民の97%が幸せと答える国や、徹底した
      リサイクルを実現する国、ヨーロッパで
      1番美しい村などを紹介。
 

     
▽明日 6月4日(土)20:00~23:18 TBS

  TBS開局60周年 人間とはなにか・・・!?

      すべての生きものに刻まれた地球のしるし、
      アース・コード。人間の体には38億年分の
      しるしが刻まれている。生命進化と胎児の
      ふしぎな関係とは?胎盤に隠された謎の
      システムとは?人間や動物についての
      疑問を追いかけ私たちの未来を探る。

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
6月11日(土)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第29回日本顎咬合学会学術大会

 日時:2011年6月11日(土)~12日(日)
 場所:東京国際フォーラム B2F展示ホール   
    (東京都千代田区丸の内3-5-1)
    

人気ソフト、「3D ヘッド&ネックアナトミー, 歯科版」の他、
嚥下や声帯の動作のアニメーションを含む
「3Dアナトミー, 耳鼻咽喉科・頭頚部外科版」を展示します!

他には頭蓋骨模型や顎模型を展示します。

 日本顎咬合学会ホームページ
 http://www.ago.ac/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

先週の続き。
チョコレートはココアバターのV型結晶を多くするように作ると
おいしいが、手作りだとこれが難しいというところまで書いた。

V型結晶を多く作るために必要なのが温度管理。
一旦高めの温度でチョコレートを完全に溶かした後、急冷し、
再度温度を上げるといった作業が必要になる。

詳しくは、50度程度に加熱してチョコレートを溶かし、
次に27度程度まで急激に冷やし、再度加熱して32度程度
まで上げて、この温度を保ち作業する、と言うものらしい。

この作業をテンパリングという。素人が手を出すと文字通り
テンパってしまう。
(本当は熱を加えて加工するtemper、temperingという英語)

また、このテンパリングの温度はチョコレートによってばらつき
があり、製菓メーカーでは、材料の配分、テンパリングの温度は
企業秘密とされている。
何気ない板チョコ一つも、メーカーの厳しい管理体制のもと
作られている。手で持っても溶けないのに口の中で溶けるよう、
考えられている。

製菓メーカーではさらに結晶の比率や、油脂の添加比率を変える
ことで、チョコの溶ける温度を菓子によって調節している。
チョコレート菓子は科学と研究の結晶だったりする。

ちなみに、せっかく苦労して作ったV型結晶だが、ココアバターの
最も安定した結晶はVI型なので、時間の経過と共に、V型は減り、
VI型が増えていく。古くなったチョコレートの食感が悪いのは
このため。

かといって、できてすぐに食べるのもよくない。結晶がしっかり
固まってあの硬い食感になるには数日必要で、2週間後程度が
食べごろとされている。

バレンタインデー前日に手作りチョコレートを用意しても、
残念ながら本来のおいしさは伝わらないのだ。

厳密な温度管理に2週間以上前からの作成スケジュール。
バレンタインに思いを伝えるためには、計算高いほうが
有利なようだ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる 書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に