トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1370

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成23年7月8日発行

■ニュースヘッドライン

▽生殖細胞の性別を決める遺伝子発見、ショウジョウバエで(朝日新聞)
http://www.asahi.com/science/update/0707/NGY201107070022.html

▽点字を応用、視覚障害者向けタッチパネルを使う方法開発(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201107070749.html

▽2009年度1人当たりの医療費トップは高知県、最低千葉県(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201107070653.html

▽事業主の皆様へ、透析患者が働くために知ってほしいこと(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110708/bdy11070807310000-n1.htm

 

  ---------- <被災地の状況> ----------

▽暑さでボランティアが体調崩す例相次ぐ、熱中症も(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=43521

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品 

  <今日、7月8日は、中国茶の日です。>

  中国語の七(チー)と日本語の八(や)で
  「ちゃ」と読む語呂合せです。
  NPO法人日本中国茶協会が制定しました。

  男性鍼灸モデル,筋表示型
  http://www.3bs.jp/model/oriental/w14302.htm?mmail&d

  男性の経絡,経穴を示したモデルで,半身では筋と神経を
  表示しています。身長約50cm。
  本体に経穴の名称が中国語で表記されています。
  
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 7月8日(金)20:54~22:48 テレビ東京

  たけしのニッポンのミカタ!SP
  ~悩めるニッポン人へ!解決 ベストアンサー~

      精神科医や心療内科医など6人のスペシャ
      リストを迎え、娘と仲良くなるには?
      快適な嫁姑関係を築くには?など、今を
      象徴する悩みなどを解決していき、ベスト
      アンサーを決定! 
 

     
▽明日 7月9日(土)20:00~20:55 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ「これで安心!めまい」

      立ちくらみのような、ぐるぐる回転する
      ような、様々な症状があるめまい。耳が
      原因のことが多いが脳が原因という危険
      な場合も。危険度などをもとにめまいを
      3つに分類、各々代表的な病気について
      徹底解説する。
 
   

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

さて、前回の続き。
人間の目は赤・緑・青の光に対応する細胞があり、
受け取った光のバランスで、それ以外の色を脳で
作り出しているところまで書いた。

このとき、実際に存在する光と認識する光が
異なっていることがある。

よく言われる黄色を例に解説してみよう。

黄色といわれる光の波長が約590nm。

RGBの加色混合で黄色い光を作る場合、
赤と緑の光が混ざると黄色になる。
赤の波長が約680nm
緑の波長が約530nm
この二つの波長の光を同時に見た時も黄色に見えてしまう。
2種類の波長の光が同時に存在しても、水のように混ざる
ことはないのだから、赤と緑の光は別々に存在している。
プリズムで分光させれば、赤と緑の光に分かれる。

単色の590nmの黄色の光はプリズムを通しても分かれない、
黄色のまま。

人間が赤と緑の光を受け取ったとき、赤と緑それぞれに
対応する錐体細胞が反応する。そして脳の中で黄色を作る。

では黄色の光を受けると?
先ほど示した波長を見てみよう。
緑の波長が約530nm
黄色の波長が約590nm
赤の波長が約660nm

と、黄色は赤と緑の波長の間に位置する。
錐体細胞は厳密にこの波長しか受け取らない、というもの
ではなく、もっと幅がある。
例えば、赤に対応する細胞なら、赤の周辺の波長も受け取る。
ただしその場合赤を受けたときほど強い信号にはならない。
赤を受けたとき1の強さの信号となるなら、黄色の光を受けると
0.5程度の強さの信号。
そのため、黄色の波長の光が目に入ると、赤に対応する細胞、
緑に対応する細胞が0.5ずつ反応する。これを合わせて、
中間の波長の光が強度1で入ってきたと認識する。
(*強度はあくまで例えです)

自分のこの目で見たものしか信じない、なんていわれることが
あるが、自分の目でみた色は真実ではないのかもしれない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる 書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に