トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1424

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成23年10月7日発行

■ニュースヘッドライン

▽福山型筋ジストロフィー発症の仕組み解明、治療に光(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK201110060027.html

▽移植認定医制度を12年度から導入、2000人の登録目指す(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20111007k0000m040061000c.html

▽B型肝炎九州訴訟で原告3人と和解、和解金1,250万円(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=48294

▽子ども手当再申請忘れずに、10月分から年齢別に変更(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111007/trd11100708090003-n1.htm

 

  ---------- <福島第1原発関連情報> ----------

▽被曝線量年間1~20ミリシーベルトの範囲に緩和へ (読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=48296

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

   鋤骨(じょこつ) <vomer>

ラテン語のvomer「鋤(すき)の刃」の意味があります。

  頭蓋骨22分解キット,マルチカラー仕様
  http://www.3bs.jp/model/skull/a291.htm?mmail&d

  ここからも空洞からわずかに鋤骨が見えます。
  昨日も紹介した3D画像の方でご確認いただいても構いません。  
  
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 10月7日(金)21:00~22:54 TBS

  たましいの授業
 
      今見なければいけない5つの授業。元日本
      テレビアナ西尾由佳理をはじめ芸能人講師
      たちが小中高校へ赴き、文字通り魂の入っ
      た授業を行うドキュメントバラエティー。

     
▽明日 10月8日(土)19:30~20:45 NHK総合

  NHKスペシャル「日野原重明 100歳 いのちのメッセージ」
 
      今年100歳の日野原重明医師。患者との
      ドラマや東北での被災者との出会い、
      突然の病に倒れた最愛の妻との日々など
      今も精力的に活動を続ける日野原医師の
      1年にわたる姿をとらえた。

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは来週、
10月12日(水)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★日本脳神経外科学会 第70回学術大会

 日時:2011年10月12日(水)~14日(金)
 場所:パシフィコ横浜    
    (横浜市西区みなとみらい1丁目)

頭蓋骨や脳などの模型のほか、頭頚部の
解剖ソフトなど人気製品を展示します。

 日本脳神経外科学会ホームページ
 http://jns.umin.ac.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

さて、先週の続きで偏光サングラスのお話。

前回お話したとおり、偏光サングラスをかけると、
車のフロントガラスの写りこみが消えて、視界が
すっきり。
また、水たまりや池など、水面のぎらぎらした
まぶしい反射も見えなくなり、きもちいい。

この偏光サングラスはガラス部分に偏光フィルターが
挟み込まれている。
偏光フィルターはある一定の向きの光しか通さない。
光は波の性質がある。日常生活で目にする光には、
さまざまな方向に振幅する光が混ざっている。
それこそ、目に対して垂直であったり水平であったり。

偏光フィルターはその光の中から、例えば垂直方向の
光のみを通すもの。

では、なぜ偏光フィルターを通すと、写りこみや、水面
のぎらつきがなくなるのか?

通常目にする光には上述の通りさまざまな方向のものが
含まれている。たいして、水面などの反射光は、水面に
平行なものがほとんど。水面に平行となると、目に対して
横方向に振幅する光。

偏光サングラスはこれを考慮し、目に対して縦方向に振幅
する光のみを通すように作られている。

フロントガラスの写りこみも横方向の光として目に届いて
いたので偏光サングラスで消えたというわけだ。
横の窓への写りこみは消えてくれなかった。

この偏光サングラス、釣りの場面で重宝される。
知人で、釣りで年間3000万稼ぐ、プロのような男がいた。
彼曰く、
"これからは背が高くないと釣りの世界では勝てない。
高い位置から魚を目で探して、いるところに投げ込んで釣る、
いそうなところに当たりをつけて釣るのでは勝てない。"

そんな見て釣る人たちが重宝するのが偏光サングラス。
水の反射を消してくれるので、水中の魚を見つけやすくなる。

フィッシングのプロたちが愛用する偏光サングラスは2万円。

私の偏光サングラスが20個買える。
1000円足らずだが、写りこみもぎらつきも消えて、安全運転
には十分。高級品とどれほど差があるのかはわからないが、
釣りで3000万稼ぐのには不十分なのだろう。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる 書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に