トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1441

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成23年11月2日発行

■ニュースヘッドライン

▽抗不安薬と睡眠薬、基準上回る3種類以上の処方例あり(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201111010772.html

▽被災地の遺体身元確認を歯の治療記録照合システムで(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=49559

▽全国初、理学療法士に過労死認定、時間外1ヶ月76時間(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20111102k0000m040068000c.html

▽無料発行が原則の明細付き領収書に最大5千円の手数料が(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111102/bdy11110207540000-n1.htm

 

  ---------- <福島第1原発関連情報> ----------

▽2号機で核分裂か、キセノン検出、ホウ酸水注入開始(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20111102-OYT1T00173.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

     頚椎(けいつい)<cervical vertebrae>

  ラテン語cervix(首、頚部)に由来。
  cervixは頚状のものを指しますが、単体で使うと
  "子宮頚"となります。
  
  一部のナマケモノなどを除き、哺乳類の頚椎は7個です。

  余談ですが「お前はクビだ!」と使用人などを
  辞めさせることを馘首(かくしゅ)と書きます。
  首を切るというそのままの意味です。

  頚椎モデル
  http://www.3bs.jp/model/spine/a72.htm?mmail&d

  後頭骨と7個の頚椎からなる椎間板,脊髄神経,
  椎骨動脈付の頚椎模型です。  
  
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 11月2日(水)20:00~20:30 NHKEテレ

  ハートをつなごう 性暴力被害 
   第2弾「男性被害者の声を聞く」

      最近の調査では女性だけでなく男性も2割が
      性暴力の被害に遭っているという。子どもの
      時にそういう目に遭い、相談しても信じても
      らえない。支援機関がなくより厳しい環境に
      置かれやすいる男性被害者が被害の実態と、
      その後の生きづらさについて語る。

     
▽明日 11月3日(木)22:55~23:25 NHK総合

  爆問学問「世界はもっとカラフルだ!~共感覚のフシギ」

      音楽を聴くと色が見えたり文字や数字
      にも色が感じられたりする、200人に
      1人がもつという不思議な能力、共感覚。
      最新の脳科学を駆使しつつ人間の感覚の
      謎に迫る。      

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by イ子

先週金曜日にコンサートを聞きに行ってきました。
佐渡裕とドイツ・ベルリン管弦楽団、というオーケストラの
コンサートです。
今年6月にあるテレビ番組で宣伝しているのを見て、大枚
はたいてチケットを買い、5ヶ月間、楽しみに待っていました。

先着順で座席が指定される予約システムだったため、届いた
チケットで初めて座席がステージから3列目であること
が分かり、オーケストラを聴くときは俯瞰で見られる位置に
席を取りたい私は「コレは良かったのだろうか、それとも残念
だったのだろうか」と少し悶々としていました。

その悶々気分は当日会場に着いても消えることはなく、開演
時間となりました。
ですが、座席のことで心を曇らせているために肝心の聴く耳が
鈍っていたのではせっかくのコンサートが台無しです。近くで
オーケストラを聴くことの良さを探すべし、と、心に決めて
演奏者を拍手で迎えます。

その日のコンサートのメインの曲はチャイコフスキーの
交響曲第5番でした。4つの楽章の中に、勇壮で力強いもの
と甘美でロマンチックなメロディーが両方楽しめる、まことに
素敵な交響曲なのです。

近くでオーケストラを聴く良さ、ですが、これは思いの
ほか多く体感できた気がします。
入場してくるプレイヤー達がお客さんの拍手に「ありがとう」
といわんばかりに目で頷いて返事を返す姿や、演奏中、曲の
難所が上手くいったことを隣のプレイヤー同士で喜び、
「やったね」とでも言うような表情を交わす姿。
指揮をとる佐渡氏が曲の盛り上がりに向かうときの「ううううう」
とも「おおおおお」とも言えぬ唸り声、どれも遠くにいては
分からないものでした。

終演後、とても感動したので、ステージでコントラバスを
ケースに片付け、楽屋へ帰ろうとしているプレイヤーの一人に、
「とっても良かったですてぇ。あんまり良くってすぐには
帰れませんわぁ」という意味の賛辞を、ドイツ語は喋れません
のでカタコトの英語でお話しして帰りました。
これもステージに近いことの良さでしょう。

久しぶりに贅沢な気分に浸った一夜でした。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる 書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に