トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1460

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成23年12月1日発行

■ニュースヘッドライン

▽里親に預けた0~1歳児12%、自治体により預ける割合に差(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111201/trd11120108030012-n1.htm

▽鳥インフル論文、生物テロ悪用懸念し米紙掲載見合わせ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=50985

▽アスベスト労災認定者減少傾向、中皮腫死者は増加(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20111130ddm012040009000c.html

▽がん患者に楽しくゲームでリハビリを、病院の取り組み(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=50955

  ---------- <福島第一原発関連情報> ----------

▽1号機、メルトダウンで85%以上核燃料落下、解析結果(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20111201k0000m040066000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

   楔状骨(けつじょうこつ)<cuneiform>

  ラテン語cuneus(くさび)に、形状を表す"form"
  (ラテン語ではforma)がくっついた言葉です。
  外側楔状骨、中間楔状骨、内側楔状骨とがあります。
  
  又、cuneiformには言語表記としては最古の「楔形文字」
  の意味もあります。  
  
  リアライン・コンセプト 下肢編
  http://www.3bs.jp/soft/pt/w63543.htm?mmail&d

  アスリートから高齢者まで関節のゆがみを整えるための
  リハビリテーションについて紹介しています。
  Chapter 2「足部のリアライン」では、楔状骨モビライ
  ゼーションなどのエクササイズも登場します。
   
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 12月1日(木)19:57~20:54 フジテレビ

  奇跡体験!アンビリバボー

      テレビ初公開、法医学のスペシャリスト、
      三澤章吾氏の事件ファイルをお届けする。
      昨年日本で発生の殺人事件は1000件以上、
      殺人事件による被害者は1日に3人あたり。
      警察官以外にも事件解決に向けて奔走する
      欠かせない極めて重要な人々が存在する。

     
▽明日 12月2日(金)20:00~20:45 NHKEテレ

  バリバラスペシャル 笑っていいかも!?
  「SHOW-1への道」

      障害者によるバラエティー番組、バリバラ
      拡大スペシャル。脳性マヒブラザーズが
      道行く人にネタを披露しつつ地元新潟から
      大阪を目指す「千人笑わす旅 完結編」や
      カンニング竹山の爆笑ヘルパー体験など。
      

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

先日娘が合唱祭にて、2年生の学年合唱でピアノ伴奏をつとめたの
ですが・・・

実はうちの中学校、新潟の中ではマンモス校と言われ、2学年も
8クラスあります。
つまり、1クラス35人×8クラスで、計約280人。
中学生という少し体も大きくなり肺活量も増え、ボーイソプラノ
から変声期を過ぎた低く太い声まで、低音部から高音部まで
すっかりカバーされた280人分の大音量の合唱の中、マイクも
なしにたった一人でピアノ伴奏をするのは大変だったのでは
ないかと思いました。

思えばうちで練習していた時も、本来メゾピアノのところを
フォルテで弾いて、フォルテッシモのところをフォルテテテシモ
くらいにアップさせてガンガンやっていたので、ピアノが壊れる
のではないかとヒヤヒヤしていたのですが、それくらいやっても
曲の盛り上がりの部分では、大声で歌うという感じで制御の効いた
盛り上がりの歌い方ではなかったため(コーラス部ではないので
無理もないのですが)280人分の大音響に半分はかき消されました。

小学校5年生の時も学年合唱で伴奏をつとめましたが、あの時は
せいぜい5クラス×30人という約150人程度でしたし、小学生の
肺活量なので、伴奏も本来の音量で無理なくできたのですが、
中学生はそうはいきませんでした。

やはり、クラスごとのこじんまりとした合唱の方が、ピアノの
見せ場もあっていいと思います。
学年合唱をやるなら、せいぜい学年が3クラス程度までなら、
バランスがとれていいのでしょう。

今回やったのは、ミマス作詞作曲のCOSMOSという曲でした。
実は合唱祭では各クラスで好きな曲を選べるのですが、
どういうわけか8クラスが8クラスともこのCOSMOSという曲を
選んでかぶってしまったといういきさつがあり、それならば
みんなでうたいましょう、となって、今年から学年合唱の
部門も追加されました。
いわば、お試しコーナーです。

確かに歌詞も、曲にも、涙が出そうになるフレーズがあります。
合唱になると、尚更気持ちが高揚するのでしょうか、隣で私の母が、
孫の活躍と合唱に感銘を受けていて、涙を流していました。
親孝行になったのなら、まあ、良しとしますか。

娘は次回は指揮者をやってみたいと言っております。
ちゃんと左手と右手が別々に動いて指示が出せるのかどうか、
これも見ものですね。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる 書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に