トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1463

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成23年12月6日発行

■ニュースヘッドライン

▽関節リウマチ患者の半数以上が確定診断まで3ヶ月以上(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111206/bdy11120608070002-n1.htm

▽がん細胞の増殖速度を半分に抑える酵素特定、東大チーム(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20111206ddm002040105000c.html

▽骨粗しょう症薬服用で宇宙飛行士の骨密度低下予防を確認(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=51159

▽世間では依然、ポリオ不活化ワクチンを望む声多く(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=51140

  ---------- <東日本大震災関連情報> ----------

▽ヘリ操縦士が被災地で医療支援、1日の燃料費約20万円(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=51163

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

   距骨(きょこつ)<talus>

  ラテン語talus(踵の骨、くるぶし)に由来します。

  昔、古代ヨーロッパ地域では牛や馬、羊など動物の距骨を
  サイコロとして使っていましたが、もちろん今のような
  立方体ではなくいびつな四角柱に近い形状なので、出目の
  確率も不均等だったはずです。

  足関節の外傷の評価と治療法
  http://www.3bs.jp/soft/manipulation/w63508.htm?mmail&d

  近代柔道整復術による足関節外傷へのアプローチを解説。
  足関節の整復法では、距骨下関節の正常なアライメント
  への矯正なども含まれます。
   
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 12月6日(火)20:00~20:54 テレビ朝日

  たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

      日本人の10人に1人が血糖値に異常をきたす
      糖尿病予備軍。そこである臓器を上手に使い、
      糖尿病を予防する方法を番組で大公開。
      臓器を上手く使えるかどうかは食べ物のGI値
      で決まる。又、GI値の高いごはんを食べても
      血糖値を上げにくくする3つの方法とは?

     
▽明日 12月7日(水)22:25~22:50 NHKEテレ

  仕事学のすすめ 小宮山栄 競争しない中小企業経営術

      小宮山さんの会社の経営哲学は競争をしない
      草食的経営。労力を創造に使い、特許などで
      オリを作り、そのノウハウを守る戦略である。
      会社の信用とブランド力を高める営業とは?
      販促に生かすためユーザーに対してどのよう
      にしているのか、彼の経営方法にせまる。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 微

ドイツ出張の話をもう少し。

出張の目的地がケルンのそばだったので,仕事が終わった後,
ケルンの大聖堂を見に行きました。

残念ながら時間が遅く中に入ることはできませんでしたが,外
側を見るだけでも迫力があり,壁面の装飾もよく見え(ライト
アップされていました),その大きさと日本の社寺仏閣にはな
い豪華さ(?)に圧倒されました。夜の暗い中,大きな大聖堂
がライトアップされていたのは,一枚の絵のように美しかった
です。ゴシック建築とはこういうものかと,感激しました。

ただその日は風が強く気温も低かったため,外から眺めている
のはとても寒かったです。風邪をひくかと思いました。

今度は家内を連れて温かい時に,中も含めてゆっくりと見たい
と思いました。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる 書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に