トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1467

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成23年12月12日発行

■ニュースヘッドライン

▽iPS細胞から血小板を大量作成できる方法開発、東大・京大(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20111211ddm041040078000c.html

▽がん患者の就労調査開始、治療と仕事の両立に手引書作成(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20111211ddm013100022000c.html

▽脳卒中後の麻痺に磁気刺激で手足リハビリの取り組み(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=51425

▽北海道の離島で孤軍奮闘の医師、自らの病で島を去る(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=51471

  ---------- <福島第一原発関連情報> ----------

▽福島復興再生特別措置法案、国の責任で帰宅困難者支援等(朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/1211/TKY201112100538.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

   弾性軟骨(だんせいなんこつ)<elastic cartilage>

  ギリシャ語エラストス(引き伸ばしやすいもの)に由来します。

  外耳道、耳管、耳介軟骨、喉頭蓋軟骨などを構成する軟骨です。

 
  耳鍼モデル,2個セット,10人用セット
  http://www.3bs.jp/model/oriental/n15-n16.htm?mmail&d

  耳鍼の練習を行うための耳介の実物大モデルです。
  極めて実際に近い素材の模擬皮膚を利用しています。

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 12月12日(月)21:00~22:54 TBS

  月曜ゴールデン「看取りの医者 バイク母さんの往診日誌」
      
      病院や家族の都合で生死を振りまわされる終末患者、
      延命処置を拒否し最後の時を自宅で迎えたいという
      患者とその願いを懸命に助ける看取りの医者、家族
      との葛藤を描いたドラマ。終末医療のあり方と生命
      の尊さを人情医者が問いかける。

     
▽明日 12月13日(火)20:00~20:30 NHKEテレ

  福祉ネットワーク 
   東日本大震災プロジェクト「震災を詠む」(1)

      震災短歌を披露する歌会の模様をお送りする。
      津波で失った家族や友人への挽歌。原発事故
      による放射能への不安など、東日本大震災に
      ついて詠んだ短歌を募集し仙台市内で歌会を
      開催。歌を通して作者に思いを馳せる。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by まさ

週末に年賀状の準備を始めました。

家族で使う年賀状のデザインを作り、1枚1枚に
短いメッセージを書きこむところまできました。

過去にもらった年賀状など見ながら、メッセージを
書き込んでいると、自分が色々な人とつながって
いることに気づきます。

普段頻繁に会っていてわざわざ年賀状出さなくても
すぐに会って挨拶するような人もいれば、逆に年賀状の
やりとりのみでかろうじてつながっている人もいます。

「結婚しました。」、「子供ができました。」、
「ボクシングジムでやせました。」
・・・などなど

見返してみると普段つきあいが無くても
1年に1度の年賀状のやり取りがあることで
意外と節目の情報が入ってきているようです。

その後はついつい、メッセージを書くより、
過去の年賀状を見返すことに夢中に
なってしまい、年賀状作りは思ったより
進めることができませんでした。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる 書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に