トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1480

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年1月13日発行

■ニュースヘッドライン

▽脳脊髄液減少症発症から1年以内の治療で子どもは96%改善(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=52840

▽性同一性障害ホルモン療法開始を条件付で15歳へ引き下げ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20120113k0000m040131000c.html

▽アルマールとアマリールの薬取り違え事故多発で改名へ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201201120198.html

▽認知症の人も安心して住めるまち、富士宮市の取り組み(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120113/bdy12011307480000-n1.htm

  ---------- <福島第一原発関連情報> ----------

▽深刻化する医師不足解消に県地域医療支援センター開設(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201201120409.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  三角筋(さんかくきん)<deltoid>

  ギリシャ語の文字"デルタ"(三角形みたいな形をした文字)が
  由来、そこにeidos(~のようなもの)がついてできた言葉です。

  「投げる」ことにも関係の深い筋肉です。
  ショルダー・プレスやサイド・レイズなどの運動で
  筋力がアップします。

  上肢の筋肉,6分解デラックスモデル
  http://www.3bs.jp/model/muscle/m11.htm?mmail&d

  上肢の筋肉構造を観察できる上級モデルです。
  三角筋なども取り外せます。

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 1月13日(金)22:00~22:54 テレビ東京

  たけしのニッポンのミカタ!
      「空想すれば 現実も幸せになる!?」

      世の中は今や空想ブーム。妄想をかきたてる
      写真集やDVD、ゲーム上の恋愛を楽しむ女性
      たちも多い。空想は脳を活性化させ現実の
      世界においても様々な良い効果をもたらす
      という。その効果とはどういったものか?

     
▽明日 1月14日(土)19:56~20:54 日本テレビ

  世界一受けたい授業

      日本人に多い胃がん。痛みを感じてから病院へ
      行き、がんが発見された場合のその後3年間の
      生存率は49%、しかし健康診断で早期発見で
      きると約89%に。がん検診に応用されている
      テレビの技術など、知っておきたい最先端の
      健康診断を紹介。他、料理のコツの科学など。
 

     <スリービー模型テレビ出演のお知らせ>

      1月15日(日)朝7:00~7:30 TBS
     「週刊!健康カレンダー カラダのキモチ」にて
      "鼻腔と副鼻腔の構造,5分解モデル"(E20)
      http://www.3bs.jp/model/oto/e20.htm?mmail&d
      が、出演予定です。

 番組内容:
      鼻づまりのメカニズムを徹底解明!
      鼻炎の種類や鼻を通らせる方法、事前にできる
      花粉への対処法などを紹介します。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

市から渡される冊子や育児関連のものには
「子供にはなるべく伝統的な和食をあげましょう」
とよく書かれている。
ファストフードや高脂肪の食事をひかえる旨と
いうのはわかるのだが、ひねくれものの私は
「伝統的とはなんぞや」と。
一体いつの時代の食事から伝統的和食なのか・・。

子供が大好きと紹介されるカボチャの煮物。
カボチャはカンボジアから持ち込まれ、このカンボジア
からカボチャと呼ばれるようになった。16世紀のこと。
ジャガイモはジャカルタからきたイモだったので
ジャガタライモ。これが後にジャガイモと呼ばれるように。
ニンジンが日本に来たのも16世紀。

タマネギは江戸時代に日本に入り、食用になったのは
19世紀。
ジャガイモ、ニンジン、タマネギを使う肉じゃがは
伝統的和食に含められるのだろうか?

寒いこの季節、鍋に欠かせない白菜。
漬物にも重宝する伝統野菜のように思われているが、
日本で白菜を食べるようになったのは20世紀以降。

皮肉なことに、子供に嫌われがちなナスは
10世紀ごろには既に栽培されていた。
我が家の幼い娘は「ナス、ぽいする!」とナスを食べない。
サトイモは大好き。幸いサトイモは縄文時代に既に
日本にあったことが確認されている。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に