トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1490

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年1月27日発行

■ニュースヘッドライン

▽1955年生まれ以降は年金等受給額より保険料負担多い試算(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201201260650.html

▽食品での窒息などに消費者事故調設立し10月発足目標に(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=53532

▽理研、より速く正確なインフルウィルス診断方法開発(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20120126k0000e040153000c.html

▽男性の不妊症も手術で精巣から精子採取し治療可能に(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=53489

  ---------- <東日本大震災関連情報> ----------

▽被災3県の献血大幅不足、赤十字が他県へも協力呼びかけ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=53531

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  外側広筋(がいそくこうきん)<vastus lateralis>

  ラテン語vastus(広大な、空の)とlateralis(側面の、外側の)
  とを組み合わせた言葉です。  
  外側広筋を鍛えるにはスクワットなどが効果的です。

  筋肉注射シミュレーター
  http://www.3bs.jp/simulator/injection/w44004.htm?mmail&d

  臀部の内部構造を確認できる,臀部と大腿部の筋肉注射
  練習モデルです。外側広筋注射などの練習もできます。

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 1月27日(金)22:00~22:54 テレビ東京

  たけしのニッポンのミカタ!~上手に人を操ろう!~

      人を動かすことは難しい。しかし人間の
      心理を突く方法を使えば、思い通りに人
      を動かすこともできる。上手に人の心を
      操る方法を番組で検証。

     
▽明日 1月28日(土)20:00~20:55 NHKEテレ

  ここが聞きたい!名医にQ
  「がん緩和ケア あなたの疑問に答えます!」

      がん緩和ケアについての2回目はモルヒネなど
      医療用麻薬での鎮痛が依存を起こさない理由や
      乳がんなどのリンパ浮腫によるむくみに対する
      ケア、家族の心のケアにも焦点を当てる。

 

-----------------------------------------------------------------------

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第22回日本頭頚部外科学会総会・学術講演会

 日時:2012年1月26日(木)~27日(金)
 場所:福島ビューホテル/ホテル福島グリーンパレス    
    (福島県福島市太田町)

平衡聴覚器や喉頭模型のほか、
耳鼻科向けコンテンツを多数収録した注目ソフト
「3Dアナトミー,耳鼻咽喉科・頭頚部外科版」
を展示します。

 日本頭頚部外科学会ホームページ
 http://www.jshns.umin.jp/

また、来週2月3日(金)からは以下の学会にも出展します。

★平成23年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会

 日時:2012年2月3日(金)~2月5日(日)
 場所:札幌コンベンションセンター 1F 大ホールC  
    (北海道札幌市白石区東札幌六条1-1-1)

イヌの心肺蘇生法練習モデルや動物解剖模型、
プレパラートを展示いたします。

 日本獣医師会獣医学術学会 公式ホームページ
 http://www.knt.co.jp/ec/2012/jvma/

 

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

さて前回の続き。
前回はフリーソフトの紹介で終わってしまったが、
本題は、フリーソフトという言葉の意味。

フリーソフト、と聞けば無料のソフトと誰しも思う。
が、ここがちょっと違う。
細かく言うと、これはフリーソフトではなく、
フリーソフトウェアについて。

フリーソフトウェアとは、
「有償・無償に関係なく、ソフト共にソースコード
(大本のプログラム)が公開され、自由に改変でき、
(改変後も)自由に再配布できる」ソフト。

自由なソフトであって、有償・無償は関係ないのだ。
ただ、上の定義に従うと結果として無償となることが多い。

どういうことかと言えば、例えば、
Aさんがフリーソフトウェアライセンスに従ってソフトを
公開して有償で販売する。
Bさんがそのソフトを入手。使いやすくカスタマイズ。
再配布自由なのでこれを無償で公開。

再配布時に結局無料で公開される可能性が高いので、
Aさんも無償で公開するのが普通になるわけだ。

これに対して、一般的にフリーソフトと呼ばれる
無償ソフトはソースコードが公開されていない、
自由な再配布を認めていない、のが普通。

そのため、フリーソフトウェアは「自由ソフトウェア」
ソフトの自由を認めない無料のソフトは「無料ソフト」
もしくは「フリーウェア」と呼んで区別しようと
呼びかけられている。

自由ソフトと呼ぶのはちょっと体裁が悪い気がするが、
無料ソフトは広く使われるようになってきた。

ちゃんと使い分けて、ちょっと通な気分を味わおう。

前回の無料ソフトの紹介がちょっと楽しかったので、
次回はそっちの続きを。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に