トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1505

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年2月17日発行

■ニュースヘッドライン

▽骨粗鬆症患者の体内にチップ埋め込み自動投薬に成功(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201202170003.html

▽スパコン京の計算能力を新薬開発に応用、共同研究へ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201202160568.html

▽休学生が危ない、2月19日2時から総評会館にてフォーラム(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=54582

▽母乳や牛乳に含まれるラクトフェリンに被曝低減の可能性(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120217/bdy12021707560000-n1.htm

  ---------- <東日本大震災関連情報> ----------

▽がれき受け入れ10都府県のみ、13県は要請の検討もせず(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120217k0000m040113000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  皺眉筋(しゅうびきん)<corrugator supercilii>

  corrugatorはラテン語con(共に)とruga(しわ)を組み合わ
  せたもので、superciliiはラテン語接頭辞super(上に)に
  cilium(瞼)が付いた言葉で、眉毛辺りを指します。

  眉間の縦皺は、これによって作られます。

  頭部,頚部付4分解モデル,アジア仕様
  http://www.3bs.jp/model/head/c06.htm?mmail&d

  正中に分割される頭部の左半側には筋,神経,血管,骨の
  構造が表示され,取り外し可能な半脳が付いています。
  頚部は頭部から取り外し可能,水平断と斜断を観察できます。

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 2月17日(金)19:30~19:58 NHK総合

  特報首都圏 シリーズ がんを生きる(2)「こども」

      子どもが病気で亡くなる原因の1位はがん。
      しかし子どものがん対策は遅れ、治療後の
      長い人生をどう安心して生きていけるのか
      サポート体制も整っていない。小児がん
      経験者の増田有華さん(AKB48)をゲストに
      迎え、小児がんについて考えていく。

     
▽明日 2月18日(土)18:55~20:54 TBS

  どうぶつ大大大図鑑 
   ― 人と動物の"愛と絆"6つの奇跡の物語SP ―

      生きもの同士の絆、自然が教えてくれる大切な
      ことを伝えます。生後3ヶ月で母親を亡くした
      ニホンザルの子、育児放棄されたチンパンジー
      の子、引退盲導犬のための老犬ホーム、スナメリ
      の健康診断などのストーリーをお届けします。

※もしかしたら、テレビ出演?
      2月18日(土)17:30~ANNスーパーJチャンネル
 (テレビ朝日)にて、心臓模型(G08)
      http://www.3bs.jp/model/heart/g08.htm?mmail&d
      が、登場するかもしれません(?)


▼ちょっとお知らせ ― 来月の学会のご案内 ― 

  「日本東洋医学系物理療法学会第37回学術大会」
       開催のご案内
 

★ 日本東洋医学系物理療法学会第37回学術大会

 日時:2012年3月17日(土)~18日(日)
    
 場所:東京有明医療大学 
    (東京都江東区有明2丁目9番1号)
    
 本大会のメインテーマは「地域医療を考える 
 -鍼灸手技療法が果たすべき役割と課題 -」です。

 特別講演は「地域医療の現状と課題、そして展望」で、
 学会長講演やシンポジウム、実技セミナーでは、
 「五十肩の新しい鍼・通電・マッサージ・筋ストレッチ法」
 なども行われます。
 
 会場は視覚障害者への配慮も加味したボランティア
 サポートを実施し、点字資料配付などに対応して
 います。

 詳しくは、以下のホームページをご覧ください。

 日本東洋医学系物理療法学会公式ホームページ
 http://jsop.info/index.html

▼本大会の企画・運営に携わる株式会社ソクラーテクノス発行の
 DVDを紹介します。

 ◎マッサージスコアで学ぶオイルマッサージ
 http://www.3bs.jp/soft/massage/w39613.htm?mmail&d

 ◎マッサージスコアで学ぶアスリートが喜ぶスポーツマッサージ
 http://www.3bs.jp/soft/massage/w39629.htm?mmail&d

 ◎マッサージスコア スポーツマッサージ 自転車競技選手編
 http://www.3bs.jp/soft/massage/w39633.htm?mmail&d

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

幼い娘は歌と踊りが大好き。
毎日うたって踊っている。

先日おもちゃのピアノを叩きながらドレミの歌を
歌っていると
「ミソソ ミソソ ミソソ ・・・」
ドミミ ミソソ ・・じゃないのか?
言葉とは裏腹に、音階は上がって聞こえる。

これはもしかして無限音階か?

無限音階とは、音が無限に高く(もしくは低く)
なり続けるように聞こえる音階のこと。

聞いている音が無限に高くなり続けることは
本来ありえない。

高くなり続ければいずれ人間の可聴域を超えて
聞こえなくなる。

無限音階は人間の音色の認識を利用した錯覚。

人間が音の高さを認識するとき、本来の高さ以外に
音色も情報として利用している。

本来の音の高さと表現したのは基本周波数。
周波数が上がると高い音に聞こえる。

音色と表現したのは倍音構造。
ドの音は1オクターブ上にもまた登場する。
どちらもドの音。だが後者のドのほうが高い音。
後者のドは最初のドの2倍の周波数を持ち、これを
倍音という。

長くなりそうなので次回へつづく。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に