トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1518

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年3月7日発行

■ニュースヘッドライン

▽強毒性新型インフル流行予想時は全国民に予防接種の方針(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=55569

▽インフルウィルス増殖に重要な役割担うたんぱく質発見(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20120306k0000e040190000c.html

▽胸の痛みがなく手脚が突然だるくなる隠れ狭心症患者1割(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20120306k0000e040215000c.html

▽ストレス与えるとメタボと同様の症状に、マウス実験で(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20120307k0000m040109000c.html

  ---------- <東日本大震災関連情報> ----------

▽被災3県、2次医療圏別で診療再開に46~100%と地域差大(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20120307ddm002040052000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  内側翼突筋(ないそくよくとつきん) <medial pterygoid>

  ギリシャ語プテリュクス由来で、翼のようなもの
  という意味があります。

  筋膜リリース 治療編 その理論から治療手順まで
  http://www.3bs.jp/soft/manipulation/w63534.htm?mmail&d

  頭頚部・顎関節機能異常と頭蓋・仙骨部機能異常における
  評価と治療の技術と治療の手順を解説します。
  第1巻の筋膜リリースにおいても内側翼突筋リリースが
  出てきます。
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 3月7日(水)22:00~22:50 NHK総合

  NHKスペシャル 3.11 あの日から1年 
   仮設住宅の冬~いのちと向き合う日々

      震災からまもなく1年。だが、仮設住宅で今も
      心の傷に苦しみ孤独な暮らしに耐えている人が
      いる。岩手県大槌町では2140世帯の仮設住宅の
      殆どが山間奥地にあり地域の絆を断たれており
      少なくとも5人が自殺や孤独死に追い込まれた。
      被災者たちの仮暮らしの一冬を記録する。

※同日、女子サッカー アルガルベカップ2012決勝戦
   日本×ドイツが放映されます。
   22:00~24:09 フジテレビ(最大延長0時29分まで)

     
▽明日 3月8日(木)18:55~19:25 NHKEテレ

  サイエンスZERO
  「イルカが話す!触れあう!不思議な能力の秘密」

      人間の言葉を真似たり物の名前を覚えたり、
      互いに体をこすりあい複雑なコミュニケー
      ションをとっているイルカ。最新研究から
      明らかになったイルカの高い知能に迫る。
    

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by えん

箸を使う、ボール投げるなど、体で覚えていて、
意識せずにできることが多々あると思います。

先日、娘に遊ばれたキーボードの、
FとSの間のボタンが無くなっていました。

「あれ?ここ何だっけ・・・」

毎日、打っているはずなのに思いだせません。

キーボードに指を置き、適当な文章を想像して
実際に打ってみたら、「だ」で左中指が、
無いボタンを打ちました。

キーボードを打つことも体で覚えていたんだな、
と思いました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に