トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1522

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年3月13日発行

■ニュースヘッドライン

▽幹細胞を体外で増殖、大腸に移植し潰瘍の治療に成功(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201203120187.html

▽国内最高齢か、109歳女性の虫垂炎手術成功、大阪(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120313/bdy12031307380003-n1.htm

▽旭化成が米大手救急医療機器ゾール・メディカル社買収(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20120313k0000m020075000c.html

▽小児がんなど子ども対象の全国初こどもホスピス大阪に開設(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK201203100047.html

  ---------- <東日本大震災関連情報> ----------

▽震災後1年、退職や休職の看護師相次ぎ病床数維持できず減少(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=55875

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)
   <levator palpebrae superioris>

  palpebraはまぶた(瞼)のことですが、ラテン語
  palpo(触れる、震える)に由来、まぶたが素早く
  動いて震えることからきました。
  まぶた(目蓋)の一般的な英語表記は文字通りeyelid。

  視覚器の構成,5倍大・11分解モデル
  http://www.3bs.jp/model/vision/vj500a.htm?mmail&d

  眼球・骨・筋肉や周辺構造も分解し観察できるモデルです。
  上眼瞼挙筋も含まれます。
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 3月13日(火)19:00~21:48 テレビ朝日

  たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学
  3時間スペシャル

      日本人の40%以上が苦しむ胸焼け、目薬や眼鏡
      などでは改善できない謎の目のぼやけの真相、
      原因不明の顔のほてりなど女性特有の不定愁訴
      などを取り上げる他、乳がんが脳に転移しその
      腫瘍20ヶ所を取り除く緊迫の手術映像も公開。

     
▽明日 3月14日(水)19:50~21:54 テレビ朝日

  サッカー ロンドン五輪アジア地区最終予選
    日本×バーレーン

      ロンドン五輪出場へ運命をかけた最終決戦。
      勝つか引き分けで五輪出場が決定!今、最も
      勢いのあるバーレーン相手に、日本はどのよ
      うな戦いを挑むのか?      

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 微

日経のweb刊に載っていたのですが,ここ半年ほどの物理は大
きなニュースが目白押しだと。ニュートリノの話(超光速(こ
れは間違いかもしれません)と最後のニュートリノ振動の発見)
や不確定性原理の修正の話,最後の粒子ヒッグス粒子の存在の
しっぽを捉えたとか,まるで20世紀初頭の物理の大変革(この
時に相対論と量子論が生まれました)に匹敵する変革が起こる
のではないか,と。

20世紀初頭に生まれた2つの理論がその後の物理の基礎となり
ました。今回の諸発見で,(今までがご破算になるのではなく)
新たな修正が必要となってきそうです。これは今の理論でも相
当正確に現象を予言できることから,間違いということではな
く,さらに正確に理論を構築していくこととなるのでしょう。

私が物理を習っていた頃は,20世紀初頭の大変革時代を「疾風
怒濤の時代」と言っていた先生がいました。これから再び疾風
怒濤の時代が来るかと思うと,今の研究者や学生を羨ましく感
じます。

「なぜ世界はかくあるのか?」は物理の根本的な疑問の一つで
す。これが解明される日が来るかもしれません。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に