トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1551

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年4月24日発行

■ニュースヘッドライン

▽ポリオ不活化ワクチンに9月1日から一斉切り替えへ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201204230461.html

▽女性の8割が冬の乾燥による肌のダメージの名残痛感(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120424/bdy12042408140002-n1.htm

▽秋吉台で10~15万年前のコウモリ化石発見、新種か?(朝日新聞)
http://www.asahi.com/culture/update/0420/SEB201204200012.html

▽トキのひな新たに2羽確認3羽に、1番小さい仔は生後3日位(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120423/scn12042323130006-n1.htm

  ---------- <福島第一原発関連情報> ----------

▽汚染水増加防止に井戸14本掘って地下水くみ上げ海へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20120424k0000m040071000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  外肋間筋(がいろっかんきん) <external intercostal>

  costalはラテン語conta(体の側面、肋骨)に由来。
この言葉からcutlet(カツレツ)や、陸地の側面を表す英語の
  coast(海岸、沿岸)などの言葉が生まれたそうです。

  内肋間筋(ないろっかんきん)は、internal intercostalです。

  入門!呼吸理学療法
  - 臨床現場で役立つ評価方法と基本手技 -
  http://www.3bs.jp/soft/pt/w63584.htm?mmail&d
  
  臨床の現場で最低限必要な内容を厳選し,その理論と
  評価・手技の方法を詳しく紹介しています。
  呼吸理学療法の基本手技、胸郭可動域トレーニングにて
  肋間筋のストレッチなども登場します。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 4月24日(火)20:00~20:54 テレビ朝日

  たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

      太っていない人も要注意、危険な第三の脂肪の
      正体とそれが溜まりやすい身体のタイプとは?
      原因は運動不足と筋肉の質の低下。普段の生活
      を変えず筋肉を効果的に使い、消費カロリーを
      増やす夢の裏技も紹介。
   
     
▽明日 4月25日(水)20:00~20:43 NHK総合

  ためしてガッテン
「痛ッ!"足がつる"に隠れた危険な病とは?」

      足がつる経験は誰でもあるが命に関わる病気の
      サインである場合が。放置していると足を切断
      しなければならないほど血管の状態が悪化して
      いることも。危険なこむら返りを見分ける方法、
      ウォーキングで血管を復活させる方法など紹介。 
   
   

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 微

自分が乗っている車のキーが壊れてしまいました。正確には,
握る部分がドア開閉の無線になっているのですが,その部分の
プラスチックが割れてしまいました。その為キーの部分だけ,
ポロリと取れてしまいました。

キーの部分は金属なのでキーを使うことはできます。ただ回す
ために掴む部分が短く,キーの幅よりもちょっと大きいぐらい
で,回すのに力が要ります。(指も痛くなります。)

この休みに合鍵屋さんに行って,合鍵を作って来ました。お陰
でキーを回すのが楽です。通常は意識しませんが,キーの握り
が大きくなっていることで,小さな力で回せるようになってい
るのだと,実感しました。

物理的に言えば,握りが大きいことで,回転軸から力点が遠ざ
かり,小さな力で同じ大きさの力のモーメントになるというこ
とです。(てこと同じ原理です。)

結構感動したので,思わず幅を測定し,力のモーメントを計算
したくなりました。

まぁ実際には計算しませんでしたが。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に