トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1588

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年6月21日発行

■ニュースヘッドライン

▽都内で熱中症で4人搬送、中程度の症状2人、軽症2人(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120620/scn12062018470003-n1.htm

▽比人看護・介護士候補者来日前日本語研修を6ヶ月に延長(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120621/trd12062107470007-n1.htm

▽長崎大、高齢化率66.3%の二次離島へ週1回歯科医派遣(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60477

▽専門家に聞く「痔」にならないための生活習慣(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO42633130V10C12A6W13001/

  ---------- <災害関連情報> ----------

▽情報収集衛星写真に基づく被災状況地図をネット公開へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20120621k0000m040055000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  屈筋支帯 (くっきんしたい) <flexor retinaculum>

  ラテン語retineo(留める 支える)に由来します。

  手関節,靭帯付モデル
  http://www.3bs.jp/model/joint/m33.htm?mmail&d

  手の骨と靭帯のつきかたを学習できるモデルです。
  手根管の臨床的に重要な構造である屈筋支帯・正中
  神経・腱を再現しています。
  屈筋支帯は取り外し可能です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 6月21日(木)22:00~22:50 NHK総合

   震災ドキュメント2012「"震災失業" 被災地はいま」

      被災地では約1万人の失業給付が終了する
      など深刻な雇用問題が起きている。基幹
      産業の水産業の復興は未だ進まず、貧困に
      陥り始めた人も。自ら仕事を作りだす若者
      たちの新たな動きなど被災地の今を描く。
   
     
▽明日 6月22日(金)20:00~20:45 NHKEテレ

   団塊スタイル「仙台発 こだわりの人間情報誌」

      57歳で会社を辞め退職金をつぎこみ、経営難、
      過労による病気、東日本大震災をも乗り越え、
      仙台でシニア向け情報誌を発行する浅井さんの
      読者に元気を届けたいという、雑誌を作り続け
      てきた情熱を描く。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

突然ですが、小中学生のお子さんをお持ちの皆様へ。
夕食は何時頃に食べさせていますか?
特にワーキングマザーの方々にお尋ねしたいのですが。

先日、ちょっとした事故に遭って、車がへこんでしまい、
短距離なら乗るのは差し支えないとは言われましたが
只今、代車がくるまでの修理待ち状態で、なるべく車に
乗らないようにしています。
もう、かれこれ2ヶ月待ちです。

ただ、困ったのが娘の習い事の送迎。
今までは会社から大急ぎで帰って夕食作って食べさせてから
夜の習い事に出かけるということを無理矢理続けてきましたが、
今は余程のことでもない限り、この事故車を使いたくない。

ということで最近日も長くなってきたので、接続は悪いけど
行きはバスを使って片道45分かけて行ってもらい、帰りは
旦那に車でピックアップしてもらうことにしました。

でも、こうなると定時きっかりに会社を出ても、娘がバスで
出発する前に、夕食作って食べさせるために家に戻るのは
至難の業。当然、夕食は習い事から帰ってきてからです。
ということで、今は木曜、金曜と連続して夕食が9時過ぎの
パターンが続いています。

普段でも平日の夕食は8時過ぎてしまうことが多いのですが、
おつきあいのある友人たちは、私と似たような境遇で仕事も
忙しいため、夕食8時過ぎは当たり前、という同類感覚から
私も安心しきっていました。
でも、ふとまわりを見ると、なぜかワーキングマザーは同居
している人が目立ち、夕食は祖父母に作ってもらったり、
又は祖父母が近所に住んでいてそこで夕食を食べる、という
パターンが多いことに気づきました。

この間同じ中学のお母さんと話した時も(その人は仕事を
持っていませんが)夕食は7時頃だしその前にお風呂に入る、
と言っていました。

では東京方面はどうかということで、やはり同居せずに夫婦で
頑張っている友達に聞いてみたところ、ファミリーサポートを
利用して、子どもたちは先に近所の人に夕食を食べさせてもら
っているとか、週に1回は夫婦のどちらかが早退して夕食を作る、
というようにぎりぎりでやっていました。
通勤時間もこちらの比ではないほど長いので大変です。

どっちにしても、2日連続で9時過ぎの夕食は中学生にとって
身体に負担のように思えるので、車が直ったら元のパターンに
戻そうかと考え中です。(とはいえ、両立厳しいんですよね)

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に