トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1613

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年7月27日発行

■ニュースヘッドライン

▽健康なまま長寿で亡くなった人からiPS細胞作製成功(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201207260175.html

▽まばたきで操作できる車いす開発、慶応大(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120726/scn12072611010003-n1.htm

▽虐待死は3歳以下が84.3%で過去最高、相談や通報6万件(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=62298

▽極端な炭水化物制限は健康被害の可能性、生命の危険も(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120726-OYT1T01662.htm

  ---------- <災害関連情報> ----------

▽震災の影響で日本女性の平均寿命85.90歳、世界一から転落(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=62315

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  踵腓靭帯(しょうひじんたい) <calcaneofibular ligament>

  昨日紹介したtalus(踵、かかと)とは違いますが、これも
  ラテン語calx(踵・かかと)に由来します。
  又、calxについては昨年12月7日のメルマガでも解説しました。
  <12月7日メルマガバックナンバー↓>
  http://www.3bs.jp/mailmag/back-number/2011/20111207.html?mmail&d

  足関節の外傷の評価と治療法(DVD)
  http://www.3bs.jp/soft/manipulation/w63508.htm?mmail&d

  近代柔道整復術による足関節外傷へのアプローチについて
  解説しています。超音波観察装置による観察にて踵腓靭帯
  が登場します。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 7月27日(金)19:30~20:45 NHK総合

   ロンドン五輪をとことん楽しもう!!
   「まもなく開幕! ロンドンオリンピック」

      メイン会場前と中継で結び、活躍が期待される
      日本選手の直前情報や競技の見どころ、開催に
      沸くロンドンの街の様子などをゲストとともに
      伝える。現地ロンドンから水泳の鈴木大地さん、
      スペシャルゲストの中田英寿さんが出演。
 

      ロンドンオリンピック開会式(中継)は
      7月28日(土) 4:30~8:00 NHK総合にて

     
▽明日 7月28日(土)19:30~24:20 NHK総合

   ロンドンオリンピック(中継)
    サッカー女子「日本×スウェーデン」 
    柔道決勝

      サッカー女子:予選リーグ グループF
      なでしこ予選2戦目の相手は世界ランク4位の
      スウェーデン。試合開始:日本時間20:00頃~
柔道決勝:女子48kg級、男子60kg級(22:00頃)
      福見友子、平岡拓晃が出場。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

さてCVTについて書いたのでついでに普通の
オートマチックトランスミッションについても
書いておこう。

オートマ車はギヤを切り替えているが、
マニュアル車のクラッチがない。

マニュアル車でクラッチを踏まずにギヤを動かすと
ガガガッとかなり危険な音がする。

エンジン側から伝わる力を一旦切り離してやらなければ、
回転するギヤをぶつけるようなものなので当然だ。

しかしオートマにはクラッチがない。
ここで使われるのが流体クラッチ
(正確にはトルクコンバータ)。

液体で満たされた箱の中に風車が2つ、
向き合って入っているとする。
こんな形 (-* *-)
左の風車の軸がエンジン側に、右の軸がタイヤ側につながる。
左側の風車を回すと箱の中の流体も渦上に流れる。
この液体の流れの力で右側の風車もまわる。

(実際にはこの風車の位置が左右逆転していたりと
違いはあるが、大雑把にはこのような原理)

いきなりタイヤ側の軸をとめたとしてもエンジン側の
軸とはつながっていないのでダメージが発生しない。

液体で伝えるとなると、ロスが発生しそうだが、
まさにその通り。

直で伝えるクラッチよりもロスが大きい。

オートマ車がマニュアルより燃費が悪いといわれる
要因の一つがここにある。

また、エンジン側がまわってからタイヤ側の軸が
回るのには、タイミングにずれがある。

マニュアルからオートマに乗り換えたとき、
加速のズレにかなり違和感を覚えたものだ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に