トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1691

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年11月26日発行

■ニュースヘッドライン

▽ブタゲノム情報詳細に解読、遺伝子約2万5千個存在確認(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/121126/scn12112608550004-n1.htm

▽iPS細胞を大量生産する自動培養装置開発、京大とニプロ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=68526

▽マラリア感染時体内でできる免疫物質解明、リポカリン2(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=68513

▽献血への苦手意識克服狙い学生らが血液マフィン企画作製(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK201211240001.html

  ---------- <災害関連情報> ----------

▽二本松市小中学生の被ばく量増加、屋外活動増えて(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20121124k0000m040081000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  腸骨鼡径神経 (ちょうこつそけいしんけい)
    <iliohypogastric nerve>

  ラテン語inguen(鼡径)からきました。
  英語のgroin(鼡径)も同根語です。
 
脊柱可動型モデル,延髄,馬尾,大腿骨,筋・起始/停止表示付
  http://www.3bs.jp/model/spine/a58_7.htm?mmail&d

  標準型の優れた特長に加え,延髄,2分枝の神経根,開閉すると
  馬尾が見える仙骨部,尾骨可動などの特徴加えて,左側に筋の
  起始部(赤)と停止部(青)を着色表示した,脊柱模型に求め
  られる機能を集約したモデルです。
  
--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 11月26日(月)23:00~23:25 NHKEテレ

   スーパープレゼンテーション
   「つながっているのに孤独?」

      授業中も友達と一緒の時も携帯やスマホに夢中。
      そして今や重要なコミュニケツールとなったSNS。
      しかし目の前の人との会話や人間関係の構築を
      怠ると現代人はやがて深い孤独感にさいなまれる
      だろうと危惧する心理学者の分析とメッセージ。    

     
▽明日 11月27日(火)19:00~21:48 テレビ朝日

   たけしの健康エンターテインメント!
    みんなの家庭の医学 3時間スペシャル

      薬を途中でやめると恐ろしい病を引き起こす
      きっかけに。その悲劇の症例とは?風邪薬の
      副作用で命に関わる病を発症、悲劇を食い止
      めるチャンスは薬の箱の中に?痙縮患者を救
      う最新療法、バクロフェンの髄腔内投与療法
      にも密着。      

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 品

エレクトラグライドというエレクトロニック/
ダンス・ミュージックのフェスティバルに
行ってきました。

今回は音楽以上に、ライブにおける映像演出の
進化に興奮することとなりました。

フライングロータス、スクエアプッシャーなど、
特筆に値するステージは少なくなかったのですが、
別格はプロジェクションマッピングという技法を
駆使したアモン・トビンでした。

建物の外壁全体に映像を投射するあの技法、
といえば思い浮かぶ方もいるでしょうか。

アモンの場合、幾つものキューブを積み重ねて
作った歪な建造物のような物体にイメージを
投射します。プロジェクターからの映像に加え、
個々のキューブに埋め込まれたLEDも投射映像
とシンクロしながら発光します。

すると、あたかもキューブが動いたり、建造物
全体が生き物のように変形を繰り返しているような
錯覚が得られるのです。

実際には何も動いていないと頭ではわかって
いても、視覚がそれを否定し続けます。

さらに、中央のキューブが時折透明になって、
内部で演奏するアモン本人が、巨大ロボットの
操縦者よろしく浮かび上がる仕掛けになっていました。

噂には聞いていましたが、聞くと見るでは大違い。
異空間に放り込まれたような圧倒的なSF体験でした。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に