トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1695

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年11月30日発行

■ニュースヘッドライン

▽白血病になりやすい遺伝的特徴持つiPS細胞を作製(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/121129/scn12112914440001-n1.htm

▽生活保護受給者過去最多更新、2011年度206万人(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=68820

▽治療情報を記録できる国際インプラント手帳を学会が作成(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=68819

▽ロシアでHIV感染拡大止まらず、毎日200人近く増加中(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121129-OYT1T01285.htm

  ---------- <災害関連情報> ----------

▽総選挙に関連しツイッターでの関心事は目下原発が最多(朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update2/1129/TKY201211290401.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  上殿神経 (じょうでんしんけい)
   <superior gluteal nerve>

  ギリシャ語グルートス(臀部、尻)に由来します。
 
殿部筋肉注射シミュレーター,管理機能付
  http://www.3bs.jp/simulator/injection/w30503.htm?mmail&d

  四分三分法,クラークの点,ホッホシュテッターの部位の
  3つに対応した殿部筋肉注射シミュレーターです。
  右側は透明カバーに覆われており,内部の中殿筋や神経・
  血管の構造確認できるので,神経や血管への誤刺の指導に
  便利です。

  製品動画はこちら↓↓
  http://www.3bs.jp/video/simulator_v/w30503_v.html?mmail&d
  
--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 11月30日(金)21:00~21:30 NHKEテレ

   バリバラ~障害者情報バラエティー~
   「セクシュアル・マイノリティー」

      脳梗塞で左半身に麻痺が残ったレズビアンの
      当事者など障害者でありセクシュアル・マイ
      ノリティーでもある人々がスタジオに登場。
      性同一性障害で親に結婚を反対されたという
      聴覚障害のカップルも悩みを告白。    

     
▽明日 12月1日(土)19:56~20:54 日本テレビ

   世界一受けたい授業

      知らなきゃ損するベストタイミングの科学と
      題して、運動の後疲れをとるには○分以内に
      ○○を20粒食べる、NASAが発表した21世紀の
      主食になる栄養満点の雑穀とは?など。他、
      秘密の職業訓練、ロボットで歯科医研修など。     

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

さて、前回のつづきでノーベル賞の話。
iPS以前のノーベル医学・生理学賞の日本人受賞者は
利根川進氏だ。

この内容が、免疫グロブリンの特異的遺伝子構造の解明
というもので、一般的に遺伝子の再編成と呼ばれる現象だ。

免疫グロブリンだけに遺伝子の再編成が肝になる。

免疫グロブリンは平たく言えば抗体である。
抗体は体内に入ってきたウィルスや菌などの異物を抗原と
認識して攻撃するものだ。
無論、抗原の数は膨大なので、それに対する抗体の数も
膨大なものとなり、1000万以上の抗体がある。
しかしヒトがもつ遺伝子の数は2万2千程度。

遺伝子の数を超える種類の抗体をどうやって作っているのか?

免疫グロブリンはY字の形をしている。
で、このYの2つに分かれた部分はそれぞれ、
//のように2本の鎖でできている。
左右合計4本の鎖があるわけだ。

2本の鎖にはそれぞれL鎖、H鎖という名前がある。
L鎖のほうを見てみよう。
L鎖のDNAはV、J、Cという領域に分けられる。
V領域はV1、V2...と合計300ほどの分節がある。
J領域は少なくともJ1、J2、J3、J4の4分節、
C領域は1分節。
もととなるDNAはこれほどの長さがあるのだが、
L鎖をコードするのはそれぞれの領域から1分節ずつのみ。
例えば、「V2、J3、C」や「V1、J1、C」というL鎖ができる。
(説明を簡易的にするため正確な表現を犠牲にしています。
正しくないと思われる方もおられると思いますが、ご了承を)
これでL鎖だけで1200通り(300x4)の組み合わせが作られる。

H鎖はV、J、Dの領域があり、
V領域は500前後の分節、
J領域は少なくとも4分節
D領域は少なくとも12分節
存在するので、H鎖は最低でも24000通りのコードができる。

よってL鎖とH鎖の組み合わせパターンは2880万通り。

遺伝子を超える組み合わせパターンができた。

どこが再編成なのか、説明しきれていないので次号つづく。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に