トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1702

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年12月11日発行

■ニュースヘッドライン

▽昨年度の65歳以上の1日あたりの外来患者過去最多(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121211/bdy12121107540000-n1.htm

▽高齢者のヒートショックに注意、2番湯入浴など推奨(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=69380

▽難病女児支援の街頭募金詐取容疑でNPO法人理事ら逮捕(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=69385

▽世界中の人が日本人と同じ食生活すれば地球1.6個分資源必要(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/121210/scn12121020440002-n1.htm

  ---------- <災害関連情報> ----------

▽敦賀原発、活断層で廃炉不可避の状況、他原発にも影響(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20121211k0000m040089000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  浅腓骨神経 (せんひこつしんけい)
   <superficial fibular nerve>

  ラテン語fibula(留め金、ピン)からきました。
  この言葉はfigo(結びつける)と、道具を表す接頭辞
  -bulaに解体されます。
 
足関節,筋・靭帯付,6分解モデル
  http://www.3bs.jp/model/joint/m34_1.htm?mmail&d

  神経・動脈・静脈も再現している足関節モデルです。
  このモデルで浅腓骨神経は82番です。
   
--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 12月11日(火)19:00~21:48 テレビ朝日

   たけしの健康エンターテインメント!
   みんなの家庭の医学 3時間スペシャル

      尿トラブルを約9割改善させた街を取材し
      謎を解明。尿トラブルが劇的に改善する
      1日5秒行うだけの3つの運動も大公開。
      赤ちゃんの姿勢がヒントになる腰痛改善、
      スケート選手がヒントとなるめまい改善、
      世界初、心臓外科医の奇跡の最新手術も。    

     
▽明日 12月12日(水)20:00~20:43 NHK総合

   ためしてガッテン
  「関節が痛む人必見!知らぬ間にリウマチ治療が大進化」

      関節リウマチの診断や治療がここ数年で大進化。
      リウマチかもしれないと思った時の見分け方や
      骨の破壊に至る前に嵐の前兆に気づくための
      最新診断法、関節を守るための体操など、最新
      情報を大公開。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 微

怪奇小説のシーズン その2

今回は,アーサー・キラ=クーチというイギリスの作家の「一
対の手」です。作家というと失礼でしょうか,むしろ文学者と
しての威名の方が大きいかもしれません。なにせオクスフォー
ド大とケンブリッジ大の古典の教授を兼任していたぐらいです
から。

「私は幽霊を見たことがあるわよ」という老嬢の台詞から始ま
るこの物語,これまた戦慄度は低い(と言うより,全く怖くは
ない)です。老嬢の言う「無害な幽霊」がとても幼気(いたい
け)で,なんとも言えず心を打ちます。いわゆるgentle ghost
譚です。

最後の美しく,「あぁ,良かった」と言う感情の湧き上がるシ
ーンは心に響きます。

これも文庫本で読んだのですが,案の定絶版です。いや,古書
であることを厭わなければ,手に入れるの容易ですが。

こうした事があるので,怪奇小説ファンとしては,「見た時に
買う」としないと,すぐに絶版となって,手に入れにくい状況
になってしまいます。今回の本は容易に手に入りますが,中に
はプレミアがついてしまうような本も多く,かえって古書のほ
うが高くなるというのも珍しくありません。

難儀です。

恐怖の愉しみ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448853502X/3bscientific-22/

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に