トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2012年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1713

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成24年12月27日発行

■ニュースヘッドライン

▽4種混合ワクチン行き渡らず、一部医療機関に在庫偏りか(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201212251069.html

▽ステント治療事故国内53件、16件が腹膜炎や出血で死亡(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201212261041.html

▽山中教授らが進めるiPS細胞備蓄計画に日赤が協力表明(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20121227k0000m040095000c.html

▽清涼飲料水飲む回数が多い女性は脳梗塞になるリスク大(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=70289

  ---------- <災害関連情報> ----------

▽安全性確認を前提で政府の責任で原発再稼働、経産相表明(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121227/trd12122708430005-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

  <お知らせ>

  明日12月28日(金)から1月8日(火)までメルマガの発行を
お休みさせていただきます。

  ご注文、お問い合わせなど、営業は1月7日(月)から
  再開いたします。

  今年もご愛読ありがとうございました。
  来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  ニッスル小体(虎班物質,こはんぶっしつ)
    <tigroid substance>

ドイツの神経学者ニッスルが開発した染色法で、塩基性
  アニリン色素で染められる顆粒状の物質がニッスル小体。
  ニッスル小体の斑点の模様から虎班物質と呼ばれるように
  なったそうですが、この斑点模様は虎というよりどちらかと
  いえばヒョウ・・・日本では虎と豹を混同して命名されて
  しまったようです。  
   
神経細胞
  http://www.3bs.jp/model/brain/c40_1.htm?mmail&d

  取り外し可能な半透明カバーの下にさまざまな小体を含む
  典型的な神経細胞体を見る事ができます。左下には他の
  神経細胞との接点であるシナプスも描かれています。
  
--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 12月27日(木)18:55~19:25 NHKEテレ

   Rの法則「他の人は私をどう見てる?R's通知表」

      R'sメンバーにとってRの法則史上最悪の1日を
      ドキュメント。視聴者から寄せられた3000通
      以上の評価表にはほめ言葉だけでなく厳しい
      ひと言も。メンバーが人からどう見られている
      のかを知り、今後にどう生かすか学ぶ姿を追う。   

     
▽明日 12月28日(金)21:00~23:50 テレビ朝日

   そうだったのか!池上彰の学べるニュース 
   来年はこうなる!?年末総決算スペシャル

      いよいよ動き出す安倍新政権、私たちの生活は
      どうなるのか、池上彰が生放送でお伝えする。
      猛威をふるうノロウィルスとその予防対処法、
      総選挙の陰で報道されなかったユーロ危機や
      中東の混乱についてもわかりやすく解説。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

新潟に来てもう15年以上たちますが、この間はじめて、
間違いに気づきました。
なんと15年以上、もしくはそれ以上の期間にわたり、
その間違いを続けていた訳です。

新潟の「潟」の字。
どういうわけか思い込みで、「臼」の下の「ノ」の横に、
余計な線を一本引いていました。
ですから、昔教科書に出てきた「八郎潟」という文字を
書くときも間違っていたはずです。

だけどその線が目立たなくて学校の先生も気付かなかったのか、
もしくは私の字が非常にのったくっていて気付けなかったのか、
全く指摘されずに今まできてしまいました。
社会科ならともかく、漢字書き取りならこういう間違いが
見過ごされるはずがないため、きっとテストにも運よく?
出なかったのでしょう。

なんと、指摘してくれたのが娘の中学校の担任の先生。
・・はぁ、本当に情けないです。ありがとうございます。

しかし、クセとは恐ろしいもので、未だに手書きの時に
勢い余って一本余計な線を書いてしまいます。

思えばワープロ、パソコンが世の中に出回って早25年以上。
既に漢字は読めても本当に書けなくなってきてしまいました。
たまに手書きする時はやけに緊張し、「これで大丈夫か」
といちいちパソコンで変換しながら書いています。
自分からやろうと思わなければ、いつまでもパソコンに
頼ってしまうため、最近は宛名書きもあえて手書きにしたり、
遠くに住んでいる親戚や友人にもあえて手書きでお手紙を
書いたりして、自分にムチ打っています。

とまあ、2012年の終わりがこんな情けない話でしめくくりと
なりましたが、来年は他のメンバーが楽しい&景気のいい
お話を披露してくれると思います。

それでは皆様、よいお年を!

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に