トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1716

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年1月11日発行

■ニュースヘッドライン

▽高額療養費制度の拡充策先送りへ、厚労省社保審議会(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=70979

▽市販薬ネット販売規制する薬事法改正案、28日国会で(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130111/plc13011108160008-n1.htm

▽世界初、アルツハイマー薬でマウス有毛細胞を再生(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130110k0000e040130000c.html

▽高齢化対応の街づくりに循環バス試験運行、宇都宮市(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=70933

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  グリア細胞 <glial cell>

ギリシャ語グリア―(にかわ)に由来。
  にかわとは動物や魚の皮や骨を煮て取り出したゼラチンで、
  古くから接着剤などに使われていたが、このグリア細胞も
  ニューロンを互いに接着するような役目を果たしている
  ことから命名されたと言われています。  
   
ヒトの組織学~ラージセットII(英語版)
  http://www.3bs.jp/prepa/human/w13410.htm?mmail&d

  人の全身の組織を観察できる標本セットです。
  セット内容の中に、大脳皮質グリア細胞もあります。

 (プレパラートセットは材料収集の都合により内容の
  一部が予告無く変更される事がございます。)
  
--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 1月11日(金)19:30~19:58 NHK総合

   特報首都圏
   「新ウーマンパワー~変わる女性の働き方~」

      女性の9割近くが結婚、出産後も働きたいと
      望みながらその多くが辞めざるを得ず再就職
      も厳しい。そんな折女性企業家が次々誕生。
      売上1億円超の会社や地域の女性10人ほどで
      共同経営する店も。社員同士のサポートなど
      ユニークな働き方を見る。   

     
▽明日 1月12日(土)21:00~22:15 NHK総合

   NHKスペシャル 東日本大震災「空白の初期被ばく」

      福島原発事故で拡散したヨウ素131は被爆すると
      甲状腺がんの原因になりうるので、影響を受け
      やすい子どもを抱えた親の不安は今も高まり続
      けている。しかもヨウ素はセシウムとは異なる
      広がり方をしたことが判明。事故初期のヨウ素
      被ばくの空白に迫る最新調査を報告。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

2012年の11月、12月と生物の話が続いたので、
生物から離れて2013年をスタート。

ネット接続が当たり前になり、家庭でもLANを
構築するのが普通になってきた。
有線LANで接続先を増やすときに使うのが
スイッチングハブ。
大本からのLANケーブルを1本挿せば、
複数のLANケーブル接続口に分岐してくれる
必須の製品。

最近はかなり低価格で入手できるので大した
機器ではないように思われている。
そして、気になるのがこの製品をハブ(HUB)と
呼ぶこと。上に書いたとおり正しくは
"スイッチングハブ"である。

スイッチングが大事なのだ。
現在、スイッチングハブしか出回っていないが、
LANのHUBができた当初の主流はスイッチングでは
なく、リピータハブだった。

リピータハブでは接続されている機器全てに
データを送信する。
リピータハブにA、B、C、D、4台のパソコンが
つながっていたとする。この場合、Aがメールを
受信すると、同じデータがB、C、Dにも送られる。
B、C、Dはパソコンが自分には不要なデータと
判断してデータを破棄する。
技術があれば破棄させずに取得することもできてしまう。

不要なデータが3台に送られる無駄、
第3者に情報が渡る危険性、
とちょっと困ったものだった。

それを解決するのがブリッジ。
データの送信先を判断して、適切な相手にのみ送信する。

ブリッジ機能を搭載したハブがスイッチングハブ。
この登場でリピータハブは姿を消していった。
しかし、2000年頃はまだ高価で、大学でも
とても大事にされていたのを覚えている。

内部の仕組みやら何やら進化がどんどん続き、
現在の形に落ち着いたのは2005年ごろ、その仕様が
家庭向けでの低価格機に実装されたのは2007年ごろと、
つい最近のはなし。

分岐と言ってもオーディオケーブルの分岐とはわけが違う。
内部ではかなり高度な処理をしているスイッチングハブ。
光っているのを見たら、あぁ今日もがんばってるなと
労をねぎらってあげよう。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に