トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1725

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年1月25日発行

■ニュースヘッドライン

▽福祉医療費、一部負担金と所得制限導入検討へ、愛知県(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130125k0000m040132000c.html

▽iPS細胞で毛包を部分的に再生成功、慶大チーム(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130125k0000m040097000c.html

▽孤独感がある高齢者は認知症になりやすい、海外研究結果(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130125/bdy13012508360002-n1.htm

▽仏像購入勧誘に注意、鳥取県内相談者の7~8割が高齢者(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=71635

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  頭頂葉 (とうちょうよう)<parietal lobe>

  ラテン語paries(壁、塀)に由来します。 
   
脳,5分解モデル,動脈付
  http://www.3bs.jp/model/brain/vh405.htm?mmail&d

  正中矢状断された右半球に動脈も表示されているモデルです。
  左半球の分解単位は前頭葉と頭頂葉,側頭葉と後頭葉,脳幹,
小脳です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 1月25日(金)21:00~21:30 NHKEテレ

   バリバラ~障害者情報バラエティー~ シリーズ作業所(1)

      障害者が通う作業所の全国平均工賃は月額
      1万3千円。中には1ヶ月500円という人も。
      なぜこんなに安いのか、最低賃金はもらえ
      ないのか?疑問を解決するため当事者2人が
      市長や県庁に突撃インタビュー。   

     
▽明日 1月26日(土)19:56~20:54 日本テレビ

   世界一受けたい授業

      病は老化した喉から。年々東京の乾燥は深刻化、
      喉にダメージを与えている。喉のスペシャリス
      トがトラブルから予防する方法を解説する他、
      カメラが捉えた意外な新事実、なぜ私たちは
      ゴキブリに逃げられてしまうのか?など解明。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第23回日本頭頚部外科学会総会・学術講演会

 日時:2013年1月24日(木)~25日(金)
 場所:城山観光ホテル    
    (鹿児島県鹿児島市新照院町41番1号)

平衡聴覚器や喉頭模型のほか、
耳鼻科向けコンテンツを多数収録した注目ソフト
「3Dアナトミー,耳鼻咽喉科・頭頚部外科版」
を展示します。

 日本頭頚部外科学会ホームページ
 http://www.jshns.umin.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

さて、前回の続き。
重要なデータは暗号化しないと危ないというところ
まで書いた。

暗号化というと難しいが、そのままでは読めない形
にするということだ。

太古の暗号化の一つに棒を使ったものがある。
細長い紙を棒にらせん状に巻きつける。
そして棒の方向にそって文字を書き、空白は無意味な
文字で埋める。

この紙を棒から外すと、細長い紙に文字が並んだ
状態になり、書いたときと同じ太さの棒に巻いたとき
だけ正しい順で文字が並ぶ。

このとき、紙を巻きつけた棒がまさに鍵の役目をはたす。

暗号を送受信する双方が決まった太さの棒を持って
いなければ施錠・開錠(暗号化・解読)はできない。

コンピュータの世界でも、同様に双方が決まった鍵を
持っていれば暗号化と解読ができる。
これはデータにパスワードをかけるのと同じだ。

問題はこの鍵のやり取り。
知人同士なら封書など何らかの方法で鍵を交換できるが、
インターネットの世界ではコンピュータしか接点が無い。

普通の通信で鍵をやり取りしては、盗聴者にも
鍵の情報が渡るので意味が無い。

それを解決したのが公開鍵。

サーバ側は暗号化のための公開鍵を用意する。
公開なので誰でも入手できる。

この公開鍵でデータを暗号化してサーバに送信。
誰でも入手できる鍵で暗号化しても意味が無い?
いや、ここが肝で、公開鍵で暗号化したデータは
秘密鍵でしか解読できない。

秘密鍵はサーバが持っており外部の人間は入手できない。

例えば、このように暗号化してパスワードを送信しておけば、
盗聴者は解読できず、ただしいサーバでのみ解読できる。

でも、サーバにパスワードが残るなら、サーバ管理者は
パスワードを盗めるのでは?

実はそこも防ぎようがある。

次号へ。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に