トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1730

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年2月1日発行

■ニュースヘッドライン

▽中国の大気汚染物質が西日本にも飛来、呼吸器疾患の恐れ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=72017

▽インフル院内感染で高齢の入院患者2名死亡(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013013100048.html

▽ES細胞初の宇宙実験、宇宙放射線の動物細胞への影響調査(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130131-OYT1T00370.htm

▽高卒認定者の大学や専門学校などへの進学率45%に低下(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130201/edc13020108040002-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  終糸 (しゅうし)<terminal filum>

  ラテン語filum(糸、糸状のもの)に由来。
  Filaria( フィラリア)なども同根語。 
  
フィラリア心臓模型
  http://www.3bs.jp/biology/portion/w33358.htm?mmail&d

  平均サイズのイヌの心臓模型です。3ヶ所のフィラリア
  寄生部位,血管, 脂肪が確認できます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 2月1日(金)22:00~22:54 テレビ東京

   たけしのニッポンのミカタ!
   「賢く食べればキレイになれる!?」

      日本人の「食」や太ることに対する独特の意識を
      ひもときながら賢い食べ方を追及。1日1食などの
      健康法で話題の医学博士やモデルが普段の食生活
      を解説。そこに隠されたヒントや意外と知らない
      トクホのマークにも迫る。   

     
▽明日 2月2日(土)20:00~20:45 NHKEテレ

   ここが聞きたい!名医にQ
   「中高年の運動術 あなたの疑問に答えます!」

      膝や腰に痛みがある人も適切な運動を続ければ
      痛みが軽減できる可能性があり、更に心臓、肺、
      腎臓などに重い病気を持つ人へのリハビリもある。
      自分に合った正しい運動とは?すぐ生活にと取り
      入れられ楽に継続できる運動も紹介。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

さて前回は、公開鍵の概略を解説し、でも
サーバ内のデータがもれたらどうするの?
というところまで書いた。

暗号化により通信自体は安全にできても、
ハッキングによりサーバのデータが盗まれる、
もしくは悪意のある管理者がサーバ情報を
悪用するという危険性はある。

内部データ流出に対して、全てのデータを保護
するのは難しいが、一部データはある程度守る
ことができる。

それがハッシュ値。

ハッシュ値は、データにハッシュ関数をかけることで
得られる値。
例えば、Aにハッシュ関数をかけるとaddccceeのような
形に変換される。

ハッシュ関数には2つの大きな特性があり、
1.異なるデータから同じハッシュ値が出ることはほぼ無い
2.ハッシュ値とハッシュ関数がわかっていても元データは
  割り出せない。

例えば、パスワードをハッシュ値のみ保存しておけば、
関数とパスワードのハッシュ値が漏れても、大元の
パスワードはすぐにはわからない。

ハッシュ関数にランダムに文字列を掛け合わせる行為を、
同じハッシュ値が得られるまで延々続ければわかって
しまうが、ある程度の時間は稼げる。

これを利用したログイン(認証)方法にDigest認証がある。
これはID、パスワード、サーバがその都度発行する値を
あわせて1つのハッシュ値を作り、サーバに送信するもの。

サーバでは保存されたハッシュ値と送られてきた値を
比較して正否を判定する。

こうすると、サーバへの通信途中で盗聴されても利用
しているパスワードなどは容易にはわからないので、
通信上も比較的安全だ(安全であって万全ではない)。

ただ、ハッシュ値は不便なところもあって、元データを
割り出せないので、パスワードを忘れてしまうとサーバ
管理者でも調べることはできない。

で、忘れないようにと紙にメモったりすると大変。
紙からパスワードが漏れる危険性のほうが、サーバ
から漏れる危険性よりずっと高かったりする。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に