トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1731

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年2月4日発行

■ニュースヘッドライン

▽ピロリ菌感染による胃炎の除菌治療が保険適用に(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013020300002.html

▽女性を対象とした睡眠時無呼吸症候群研究会設立(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130202k0000e040209000c.html

▽今夏に筋ジストロフィー治験実施、国内27医療機関協力(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=72108

▽電子カルテの利便性の一方停電時や個人情報管理の問題も(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130204/bdy13020408170003-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  馬尾 (ばび)<cauda equina>

  ラテン語cauda(尻尾)と同じくラテン語equus(馬)が
  それぞれ由来します。 
  
脊柱可動型モデル,延髄,馬尾付
  http://www.3bs.jp/model/spine/a58_5.htm?mmail&d

  仙骨部は取り外し可能で馬尾を観察できる脊柱モデルです。。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 2月4日(月)20:00~21:00 テレビ東京

   主治医が見つかる診療所

      血液ドック第2弾。13項目で異常が発覚した人
      もいるがこのままでは脳梗塞、心筋梗塞などで
      突然死の恐れが。アレルギー検査も実施。名医
      による花粉症対策も紹介。  

     
▽明日 2月5日(火)20:00~20:30 NHKEテレ

  ハートネットTV シリーズ貧困拡大社会
  「見過ごされた人たち」

      生活保護の受給者が過去最多となりながら、
      一方では貧困に陥りながら生活保護を受給
      できない人が受給者の倍以上とされる。
      山梨県内で食料の無料配給を行うNPOが実態
      調査を開始。孤立しがちな人の社会復帰支援
      などの具体策も見る。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 品

「バリバラ」という番組をご存知でしょうか。

本メルマガの「注目のテレビ番組」欄にも度々
掲載してきましたが、恥ずかしながら私自身は
先日初めて見て、少なからぬ驚きを感じました。

一言で言えば、障害者バラエティです。
私の見た回では、障害者自身が、障害を逆手に取った
合コンでのモテ技を披露したり、障害をネタにした
コントを演じたりしていました。

実際に脳性まひを抱える二人組が医者と患者に扮し、
「手が震えるし、舌がもつれるんです。風邪だと思う
ので診てください」「あなた、それは脳性まひですよ!」
といった具合の掛け合いをしていました。

「障害者を見せ物にしている」という批判も、
当然ながらあるようです。

実のところ、私も最初痛々しいと思いましたが、
番組が進むにつれ、普通に笑っていました。
それはこの番組が障害者に対する偏見を取り除いて
くれたからなのだと思います(勿論、完全に、と言う
ことはできませんが)。

「障害者に思いやりを」といった考え方は、普通に
正論として受け入れられています。しかし、ややも
すると、そんな考え方自体が健常者と障害者の間の
対等性を阻害するのでは?と問われた感覚が、強烈に
残りました。

相当の批判も容易に想像できたと思います。それでも
あえてタブーを取り払った「バリバラ」に、私は
敬意を感じます。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に