トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1732

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年2月5日発行

■ニュースヘッドライン

▽腎臓移植希望者25年間で半減、高齢で諦めたり透析で満足(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013020500001.html

▽希少性難病治療に世界初のロボットスーツ2月末治験へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130205k0000m040139000c.html

▽脱法ハーブ取り締まり体制強化へ自公民3党薬事法改正案(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=72174

▽アレルギー性鼻炎患者の8割が治療薬の効果実感できず(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130205/bdy13020508430003-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  後索 (こうさく)<posterior funiculus>

  ラテン語funis(綱、ロープ)に指小辞-culusが付いた言葉です。
  脊髄後方の神経束です。 
  
トルソー,21分解モデル,無性,背側開放型
  http://www.3bs.jp/model/torsos/b17.htm?mmail&d

  無性トルソー解剖模型の最上級モデルです。
  この写真ではトルソーが背を向けています。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 2月5日(火)20:00~20:30 NHKEテレ

  ハートネットTV シリーズ貧困拡大社会
  「見過ごされた人たち」

      生活保護の受給者が過去最多となりながら、
      一方では貧困に陥りながら生活保護を受給
      できない人が受給者の倍以上とされる。
      山梨県内で食料の無料配給を行うNPOが実態
      調査を開始。孤立しがちな人の社会復帰支援
      などの具体策も見る。  

     
▽明日 2月6日(水)20:00~20:43 NHK総合

  ためしてガッテン
  「年間1万人!死に至る腰痛があったとは!?」

      年間1万人が命を落とすという、ぎっくり腰や
      慢性腰痛に症状がそっくりの死に至る腰痛を
      見分けるポイントを紹介。さらに腰痛に加え
      足にしびれがあると、ある病気が隠れている
      疑いが。腰痛のタイプ別対処法を一挙公開。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは今週末
2月9日(土)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★平成24年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会

 日時:2013年2月9日(土)~2月11日(月)
 場所:大阪国際交流センター  
    (大阪府大阪市天王寺区上本町8丁目2?6)

イヌの心肺蘇生法練習モデルや動物解剖模型、
プレパラートを展示いたします。

 日本獣医師会ホームページ
 http://nichiju.lin.gr.jp/index.php

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 微

体重計に乗るのが怖い,という方もおられるかもしれません。
私の家内もその口です。意味が無いのに,風呂上がりに「そっ
と」体重計に乗ります。

この時に測っているもの,ご存じのように質量ではなく重力で
す。ですので地球上でも場所場所によって(厳密に言えば)異
なっています。地球に拘らないのであれば,月へ行けばよく知
られているように,おおよそ1/6になります。(月でも重力分
布はあります。)その前に大気圏外に出れば,ほぼ無重力とな
り,悩みからは解放されます。

しかしどこであろうと,質量は変わりません。この辺は中学校
の物理(理科?)で学生が最初に,「ん?」と思う部分のよう
です。

そこを乗り越えても,「実は質量には,慣性質量というものと
重力質量というものがあって・・・」と高校に入ってから言わ
れます。またしても,「ん?」です。

重力が働く相手として定義されるもの,それが重力質量です。
一方,慣性質量は「ものの動かしにくさ」(あえて曖昧に言っ
ています。一番手軽な定義は,ニュートンの運動方程式ma=Fで
測定できるもの,というところでしょうか。)の元です。

ようやくここに来てヒッグスという名前が出せます。話題にな
っている(物理に興味の無い方には「なっていた」でしょうか?)
ヒッグス粒子(場)ですが,この慣性質量の源です。

ここについて前にも書きました,年末に行ったヒッグス場に関
する講演会の後の懇親会で,講演された先生に,「なんで慣性
質量と重力質量はきわめて正確に一致するんでしょう?」と訊
くと,「そういうものだと思っています。」と意外な答えが。
また別の先生からは,「一般相対論の等価原理から・・・」と
も。いや,それは重々承知しています。

あまり納得いかないのですが,等価原理(という仮定)の元で
成り立っている一般相対論から予言された事や説明に現在のと
ころ破綻がないため,受け入れるしかないのでしょう。

私的には,「等価原理は,こういうことから説明される」とい
うようなものが欲しいのですが,無い物ねだりでしょうか?特
殊相対論の「光速度不変」(という仮定)は結構素直に受け入
れているのですが。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に