トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1753

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年3月7日発行

■ニュースヘッドライン

▽新潟のみ水俣救済対象外者の異議申し立てを受理、審理へ(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013030600015.html

▽福島県民健康調査、国の責任で支援すべきと規制委提言(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=74020

▽メタボ市販薬で安心し病院行かず、病気発見遅れると医師会(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=74019

▽身勝手な人はサルも嫌う、自身の利害と直接結びつかずとも(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130307-OYT1T00258.htm

 

--------------------------------------------------------------

          <お知らせ>

  申し訳ございませんが、都合により明日3/8(金)の
  メルマガ発行をお休みいたします。
 宜しくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  カハール間質核 (かはーるかんしつかく)
  <interstitial nucleus of Cajal>

  これも二次動眼神経核の一つです。
  ラテン語interstitium(間に立つもの)に由来します。
  スペインの神経解剖学者サンティアゴ・ラモン・イ・
  カハールの名前からきました。
  
運脳神経のつくり方(DVD)
  http://www.3bs.jp/soft/sports/w39607.htm?mmail&d

運動オンチにならないための10つワークを紹介します。
  
--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 3月7日(木)22:00~22:50 NHK総合

  NHKスペシャル「何が命をつないだのか
    ~発掘記録・知られざる救出劇~」

      シリーズ「3.11あの日から2年」の1本目は
      地元消防隊員の壮絶な救出劇や6万人の集団
      飢餓の不安を回避した地域スーパーの底力、
      孤立集落に支援物資を届けた漁師達の決断
      など人知れず尽力した名も無き人々の感動
      秘話をお届けする。

     
▽明日 3月8日(金)20:00~20:45 NHKEテレ

  団塊スタイル「長寿の秘けつは肉食にあり」

      高齢になるほどたんぱく質摂取量が減少傾向
      だが、このせいで老化が進み病気のリスクも
      上がり悪化すれば新型栄養失調になることも。
      肉を使ったおかずを意識して摂取する食生活
      を専門家から提案する。      

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by オリ

この度ありがたいことに赤ちゃんを授かりました。

つわりも少しずつおさまってきて妊婦生活にも
ようやく慣れましたが準備することがたくさんです。

その中でも頭を悩ませているのが名前。
私が通っている病院は性別を事前には教えてくれないので
男の子なのか女の子なのか分かりません。

なので両方の名前の候補を考えなければダメなのですが
実は私、名づけがとても苦手。

愛犬の名前をつける時もものすごく悩みました。
結局家族が挙げた候補の中から決めました。

今回も家族は色々と候補の名前をあげてくれ、
私よりもうきうきと楽しそうです。

そういえば私の名前は姉がつけたんだったなぁ
と思いだしました。



※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に