トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1863

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成25年9月3日発行

■ニュースヘッドライン

▽厚労省、鳥インフルH7N9ワクチン開発へ、年明け動物実験か(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013090200004.html

▽肌の"光老化"防止にも日焼け止めを塗るなら毎日が効果的(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130903/bdy13090308130003-n1.htm

▽美白化粧品白斑被害報告相次ぐ、8500人以上症状確認(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013090200013.html

▽安定志向か、一企業で長く勤めたい若者増加、20代51%(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130903k0000m040114000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  頚動脈 (けいどうみゃく) <carotid artery>

  ギリシャ語カラー(頭)から、又はカロオー(深い眠りに陥る)
が由来、という説もあります。頚動脈を抑えると昏睡に陥る
と考えられていたためです。

CPRサイモン,半身BLSシミュレーター
http://www.3bs.jp/simulator/cpr/w45117.htm?mmail&d

  頭部傾け,下顎突き出し等,自然な動きを再現できるCPR練習用
トルソーです。頚動脈拍動個所付きです。  

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 9月3日(火)20:00~20:30 NHKEテレ

  ハートネットTV シリーズ 
がんサバイバーの時代 第2回「がんを抱えて働く」

      医療の進歩でがんでも働く意欲も能力もある人が
増加。しかし社会ではがんになったら働けないと
いうイメージが根強く、がんで失職する人も。
がんでも安心して働くには何が必要か、医療の
枠をこえて就労支援に乗り出した病院も紹介。


▽明日 9月4日(水)20:00~20:43 NHK総合

  ためしてガッテン「めまいは自宅で解決!新発想の劇的改善ワザ」

      激しいめまいに襲われ病院に行っても異常なしと
言われることがあるが、激しいめまいの半数は
自宅で治せることが判明。鍵は耳の奥の小さな石。 
1分間で分かるその見分け方と解決法を伝授する。
メニエール病の最新情報も。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは9月7日(土)から
開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★日本科学教育学会第37回年会

 日時:2013年9月7日(土)~8日(日)
場所:三重大学共通教育校舎
(三重県津市栗真町屋町1577)

U42102 FlexCam 2(デジタル書画カメラ,新製品)
W49998 kena-デジタル生物・実体顕微鏡
W49995 小学生向け生物顕微鏡・電池式LED
U10610 グラフィカル騒音計SPL(新製品)
などを展示します。

デジタル顕微鏡やデジタル書画カメラと付属の解析ソフトを
演示して,授業などへの応用を提案します。特に,
タイムラプス撮影(静止画・動画)の演示を行います。
また,今回インタラクティブセッション(ポスターセッション)
へも参加いたします

 日本科学教育学会第37回年会ご案内ホームページ
http://www.jsse.jp/jsseam/modules/note6/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート written by 微

シュレディンガーと猫

ベタな話題ですいません。

先日シュレディンガーの誕生日だったようで,Googleのトップ
ページにシュレディンガーと猫のイラストがありました。Yさ
んが見つけてくれました。

「ハハッ!」とその程度の感想だったのですが,社内の某氏が
「なぜ猫なんですか?」と訊いてきました。物理を布教するチ
ャンス(?)と答える気満々で考えたのですが,「系は観測す
るまでは基本的に,色々な状態の重ね合わせとなっていて・・・
いや,まず系と状態の定義を。それと状態が重ね合わさってい
るとは・・・待てよ?系が関数(波動関数,別に行列でも良い
ですが。)で表わされる事,その関数が固有状態が張る空間に
ある事,そもそも古典論から前期量子論への対応原理とかも・・
・」。

ええ,爆発して思考停止しました。あげく「シュレディンガー
って言う物理学者がボケちゃって,猫が生きてるのか死んでる
のか分からなくなっちゃったんですよ。」と答えてました(苦笑)

さすがに酷いと思ったのか,Yさんが説明してくれて,「後は
ググると良いですよ。」と締めてくれました。

この猫の話題,有名すぎてちょっと引きます。要はミクロな系
とマクロな系を直接結ぶと破綻するよ?という程度の警告のよ
うに思っています。いや,ちゃんと考えるべき部分があるのは
分かりますが,そこまで拘泥しなくても,とも思います。

シュレディンガー,波動方程式(いわゆるシュレディンガー方
程式)の提唱者として有名です。「波動」方程式とあるように,
何かの波を記述しています。何が振動しているのかはその当時
からずいぶん議論されてきました。シュレディンガー自身はド・
ブロイが提唱したような物質波(3次元空間の波)と考えたか
ったようですが,抽象的な多次元空間(偽ヒルベルト空間)の
波とするのが正解でした。

この事と量子力学の確率解釈はシュレディンガーをひどくガッ
カリさせ,むしろ生物学に近づいたようです。この領域では
「生命とは何か」という自身のある講演を元にした本が出てい
ます。

わたしには,ナイーブな物理学者,という印象があります。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に