トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1888

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年10月10日発行

■ニュースヘッドライン

▽米でダイエット食品で29人急性肝炎発症、1人死亡(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013101000001.html

▽米で鶏肉からサルモネラ菌被害、政府機関閉鎖で対応遅れ(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013100900028.html

▽来春の花粉、関東~東北は例年の6~7割、北海道は多めか(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/131009/scn13100918370002-n1.htm

▽同志社大がアルツハイマーを抑制する新たな物質開発(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/131009/scn13100919270003-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  脾臓 (ひぞう) <spleen>

  ギリシャ語スプレーン(脾臓)に由来。
        
膵臓と周辺器官モデル
  http://www.3bs.jp/model/diges/k22_2.htm?mmail&d

  膵臓と周辺器官及び隣接する血管を再現しています。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 10月10日(木)19:57~21:54 フジテレビ

  奇跡体験アンビリバボー 
  「誰もが知ってるアノ大事件、衝撃!!(秘)その後SP!!」

      21年前、ルイジアナ州で当時留学生だった16歳の
      服部さんが射殺された。フリーズをプリーズと聞
      き違えたためとされていたが事件はこれで終わり
      ではなかった。背後に隠されていた真相とは?
      2002年バリ島外国人専用クラブの爆弾テロ事件、
      捜査開始2週間後突然中止命令が出されたのは?
  

▽明日 10月11日(金)21:00~21:30 NHKEテレ

  バリバラ ~障害者情報バラエティー~
  「イクメンになれる?~発達障害児の子育て」

      発達障害児の子育ては大変で夫婦間に溝ができ
      やすい。特に多いのは母親の父親への不満。
      問題行動を母親のせいにするなど、どうずれば
      夫婦間の溝がうまるのか?仕事に追われて時間
      のない父親に可能な子育て方法を考える。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

先日、ショックを受けました。

会社帰りに立ち寄った近所のスーパーで買い物をしていたら、

「だれか! 救急車呼んでください!」
と、女性の大声が。

小走りで声のした方へ行くとその女性の旦那さんと思われる
若い男性が意識を失った状態で、両足を震わせながら倒れて
います。
よくみると口から泡も吹いているようでした。

近くでは小さな子どもたちが「パパー、パパー!」と
大声で泣き叫んでいます。

すぐ救急車を呼ばなくてはならないのに、こういう状態を
見るのが初めてだった私は一瞬、凍りついてしまいました。
・・数秒後、はっと我に返った時は同じくそこにかけつけて
いた男性が既に電話をかけて救急車を呼んでいました。

気づくと周りには既に人だかりができていて、お店の人が
AEDを持って来たり、心臓マッサージをどうするかなどと
言いあっていましたが、そうこうしているうちに朦朧と
しながらも男性はだんだん意識を取り戻してきました。
でも、立ち上がれません。

とにかく、こういう何かあった時に咄嗟の行動ができなかった
自分が情けなかったです。
病状によってはこの数秒が命取りになる場合もあるのに。

先日、男性を救うために踏切に飛んでいった村田さん、
救急車に電話をかけるよりもはるかに咄嗟の行動力が
必要とされるあの行為は、誰でも簡単に真似できる
ものではありませんし、私と同じく凍りついてしまった
人の方が、周りには圧倒的に多かったのだと思います。

恐れに打ち克ち、なんとか咄嗟の行動ができるように
なりたいものです。



※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に