トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1903

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年11月1日発行

■ニュースヘッドライン

▽地方の病院に内定した研修医の割合5年連続で増加(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131101/bdy13110108140000-n1.htm

▽厚労省、在外被爆者の医療費助成上限額引き上げを検討(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013110100002.html

▽新生児医療先駆けの伝説の病院が民事再生法申請へ(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013103100021.html

▽買い物の見直しで介護予防、無料バスで知人と会話、計算も(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131101/trd13110108090003-n1.htm

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  梨状陥凹(りじょうかんおう)<piriform fossa>
  
  ラテン語pirum(梨)に由来。
  魚の骨がよくひっかかる部分です。
        
魚の骨格標本 樹脂封入標本
  http://www.3bs.jp/biology/whole/w65632.htm?mmail&d

  淡水魚の骨格標本。骨格の構造と名称が確認できます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 11月1日(金)20:00~20:45 NHKEテレ

  団塊スタイル「60代から運転力アップ」

      高齢者の運転事故の主な原因は発見の遅れ、
      判断ミス、操作ミスなど運転力低下により
      引き起こされるが生活のために車が必要な
      人も多い。運転力向上のために各地で行わ
      れている取り組みを紹介するとともに安全
      運転のために60代から何をすべきか考える。
      

▽明日 11月2日(土)19:56~20:54 日本テレビ

  世界一受けたい授業

      最新脳科学では、マンガを読んでいる時の
      脳は様々な刺激を受けて機能が高まること
      が判明。脳とマンガの驚きの関係を茂木先
      生が解説。なぜ心臓は急に止まるのか?
      年間10万人が亡くなるという突然死の原因
      と対策について解説。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 英司

先日、近所の神社で、木の根元にある穴から頻繁に
ミツバチが出入りしているのをみつけた。
どうも木の内部にミツバチの巣があるようだ。

根元から出てきた蜂はすぐさま餌場に向かって
飛び立っていく。
面白いように飛んでいく方向と帰ってくる方向に
規則性があり、さすがミツバチと感心。

面白いものを見つけたな、と機会があるごとに
みるようになった。

そんなある日、隣を通りがかったときどうも羽音
が大きい。遠くに飛び立つことなく、
多くのミツバチが周囲を飛び回っていた。

気になって近づいてみると一匹のキイロスズメバチ
が巣の入り口付近でホバリングしていた。

スズメバチは肉食で、ミツバチを捕食することがあり、
時に、巣を襲う。

女王蜂が被害に会うこともあり、そうなれば巣は壊滅。
女王蜂を守るために、働きバチたちは総がかりで
スズメバチを殺しにかかる。
このとき、多くの働きバチが犠牲になる。

スズメバチが逃げ去るか、戦いが始まるか、
残念ながら用事があり、ことの顛末を見届ける
ことはできなかったが、ミツバチは後日も飛んで
いたので、巣は守られたようだ。

来週もミツバチの話の続きを。



※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に