トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1922

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年11月29日発行

■ニュースヘッドライン

▽ナッツ類多く食べるグループほど総死亡率が低い結果(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/tsubono/2013112500012.html

▽東北地方への医学部新設を特例措置で認める閣議決定へ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=88806

▽抗がん剤ベバシズマブ投与で血小板減少、2人死亡(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20131129k0000m040100000c.html

▽ベビーカーのベルト忘れずに、転落多発で注意呼びかけ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=88802

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  歯冠(しかん) <crown of tooth>
  
  ラテン語corona(冠)に由来します。
        
上顎切歯(門歯),3分解モデル
  http://www.3bs.jp/model/mouth/ve300.htm?mmail&d

  歯冠の水平断面と歯根の縦断面を見る事ができます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 11月29日(金)22:00~22:50 NHK総合

  NHKスペシャル 東日本大震災
  「震災遺構~悲劇の教訓をどう伝えるか~」

      津波の凄まじさなど後世に伝える震災遺構が
      被災地で次々に失われている。保存か解体か
      議論が続く中、国が支援の方針を打ち出した。
      残された家族からは保存を求める声も。
      葛藤を続ける被災地の人々の今を見つめる。
 

▽明日 11月30日(土)23:00~24:00 NHKEテレ

  ETV特集
  「三池を抱きしめる女たち~戦後最大の炭鉱事故から50年~」

      福岡県三池炭鉱で起きた戦後最大の爆発事故
      から50年。今も一酸化炭素中毒の後遺症に苦
      しむ人々がいる。人格が変わり暴力をふるう、
      記憶を失い物忘れがひどくなるなど病気を抱
      えた夫を支えてきたのは妻達だった。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 英司

包丁を研ぐのは昔から好きで、わずらわしさを感じない。
しかし、子供ができてからは研ぐ機会もなかなか
つくれないので、刃を通して引くだけの簡単な包丁とぎ
を使うことが増えた。

が、いくら研いでも切れ味が戻らなくなってきた。
なぜ?
つぶれた刃先が鋭く戻ればとりあえずは切れるのでは
ないのか?

そういえば昔、砥石で研いでいるときもいくら研いでも
切れ味が戻らない刃があった。

刃先の細さだけではない、秘密がありそうだと
調べてみると、あった。

刃物が切れる原理は細いだけではなく、引っかかり。

よく切れる刃には、肉眼では見えない、電子顕微鏡レベル
の細かな凹凸がある。
これが切る対象に刺さり、この状態で刃を引くことで
対象物が切れる。

要は、目に見えないレベルのノコギリなわけだ。

簡易な包丁研ぎでは、微細なノコギリの刃を作れないわけだ。

この事実を知り、早朝から砥石を引っ張り出すこととなった。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に