トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1927

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年12月6日発行

■ニュースヘッドライン

▽大腸がん内視鏡検診受診者は大腸がん死亡率が大幅減(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=89225

▽軟骨無形成症治療に酔い止め薬が効く可能性、名古屋大(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013120500014.html

▽寝ている間にダイエット、根拠なく景品表示法違反(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013120500018.html

▽ホームパーティーでのペットの思わぬ異物誤飲事故(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131206/trd13120608000000-n1.htm

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  セメント質(せめんとしつ) <cement>
  
  ラテン語caementum(石切り場の石)に由来。
セメント質は歯と歯槽を結びつけるものです。
        
上顎大臼歯(3根),15倍大・5分解ジャイアントモデル
  http://www.3bs.jp/model/mouth/d15.htm?mmail&d

  異なる段階の3種類の虫歯付き交換型の大臼歯模型です。
  このモデルでセメント質は5番です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 12月6日(金)19:54~21:54 テレビ朝日

  フィギュアグランプリファイナル2013
  男子フリー 開局55周年記念

      ショート世界歴代最高を記録した羽生結弦。
      GPファイナル初優勝なるか?
      世界王者パトリック・チャンと4回転決戦の
      行方は?
 

▽明日 12月7日(土)20:00~20:45 NHKEテレ

  チョイス@病気になったとき「頭痛に悩んだとき」

      誰もが経験する頭痛。なかなか治まらず
      悩む人も多いがこうした慢性頭痛は市販
      薬で治すことが難しく正しく対処しない
      と悪化させることも。頭痛を克服するお
      すすめのチョイスを紹介。

  ※フィギュアグランプリファイナル2013 女子フリーは
   12月7日(土)18:56~21:15 テレビ朝日にて

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 英司

前回、刃物の刃はノコギリ状になっていることを書いた。
もう少し刃物の話を。

刃先がノコギリ状とはいえ、先端は細いほうがよく切れる
はずと考えるが、これがなかなか、そうとも言い切れない。

確かに刃先が細いカミソリはよく切れる。
しかし同時に弱くもあり、すぐに欠けるので硬いものは
切れないし、耐久性も弱い。

刃物メーカー、貝印がカミソリと包丁の切れ味の変化を調べた
グラフが公表されている。両者で紙を切った時の切れ味の変化を
比較すると、最初はカミソリの方が切れるが、使用回数を重ねる
ごとにカミソリは急激に切れ味が落ちるのに対し、包丁は
切れ味が落ちにくく、回を重ねると切れ味の優劣が逆転する。

耐久性はともかく、薄く研いだほうが切れることは変わりない、
と思えるが、やはりそうでもない。

薄くなるほど刃先の角度が小さくなる。両刃の包丁で20度、
片刃の包丁で30度の角度がついているが、この両者の切れ味に
大きな差は無い。20度からはあまり差が無いとされている。
その証拠に手術用のメスでも27度と両刃包丁より鈍角。

20~30度程度の角度をつけたノコギリ状の刃先が切れる刃物
といえるわけだが(材料・硬度は割愛)、こうなると砥石が必要。

ノコギリ状の刃をつけるには目の粗い粗砥石が向いている。
表面は滑らかにする必要があるのでそこに中砥石、仕上げ砥石
を使う。

昔、どうしても切れ味を戻せなかった包丁があったが、
あのときは粗砥石が手元になかった。
このせいだったかと数年越しで謎が解けた。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に