トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1938

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年12月24日発行

■ニュースヘッドライン

▽中国の遺伝子解析会社が指針守らず日本で新出生前診断実施(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/131223/scn13122316370001-n1.htm

▽国内2例目の心肺同時移植、30代脳死女性、大阪大病院(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013122300002.html

▽白斑問題で愛知に弁護団結成、賠償請求など被害者救済へ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=90129

▽遺伝子操作で植物の気孔拡張に成功、名古屋大、収穫増に期待(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/131224/scn13122409010000-n1.htm

--------------------------------------------------------------

 < お知らせ >

 ひきつづき、メルマガ配信ソフトの不具合で配信状態が
 遅くなっておりますが、もう暫くお待ちください。

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  糸状乳頭 (しじょうにゅうとう)<filiform papillae>
  
  ラテン語filum(糸、糸状のもの)に由来します。
  糸で綴じたものという意味の英語fileも同根語です。
  
乳房指導モデル
  http://www.3bs.jp/model/preg/w43044.htm?mmail&d

  乳房の皮膚をはがし内部の構造を確認できる布製の
  モデルです。背面のリングを引き乳頭を引っ込めて
  陥没乳頭を再現できます。  

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 12月24日(火)22:55~23:20 NHk総合

  ドキュメンタリー同期生
  「俺は間違っていない~スキージャンプ 長野五輪組~」

      日本を熱狂させた長野五輪スキージャンプ
      団体の同期生たちはその後葛藤を抱えつつ
      各々独自の道を歩んできた。特に対照的な
      生き歩んできた船木和喜と葛西紀明。己の
      生きざまが正しかったことを証明しようと
      もがく日々を追う。
 

▽明日 12月25日(水)19:30~20:39 NHk総合

  こんにちは!動物の赤ちゃん 2013

      今年も全国の動物園でたくさんの赤ちゃんが
誕生。日本初、群れの中で生まれたゴリラや
      知られざるハイエナの子育て他、飼育員さん
      たちが激写した秘蔵映像を一挙公開。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 微

怪奇小説のシーズン 2年目 その最後

今日はクリスマス・イブですね。前に書いたことがありますが,
この日にはクリスマス・キャロルを読み返したくなります。何
度読んでも,感動しています。

今回はそのチャールズ・ディケンズの「狂人の手記」です。

ディケンズと言うと明るくユーモアに富んで,と見られがちで
す。彼を「怪奇小説作家」などと言ったら大爆笑されるでしょ
うし,彼はそんな範疇の人ではありません。しかし,どうかす
ると「真っ暗な話」を書きます。怪奇譚としても良くできてい
る「信号手」などは,多くの怪奇小説アンソロジーに納められ
ています。

「狂人の手記」も初期の長編,ピクウィック・クラブの中の一
章です。ただ,独立して読めると言うことで,この短編選集に
収められています。内容は救いがなく,幽霊も出てきますが怖
さはそこではありません。読後,怖いと同時に暗澹とした気持
ちになります。

この短編集の他の話,「ある自虐者の話」とか「ジョージ・シ
ルヴァーマンの釈明」も面白いです。いや,面白いの意味が違
うかもしれませんが。

岩波文庫も,怪奇小説好きには侮れません。

「ディケンズ短篇集 (岩波文庫 赤 228-7)」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003222873/3bscientific-22/

これで今年の怪奇小説紹介も終わりです。また来年もやれたら,
など思いますが,いかがでしょうか?



※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に