トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

-----------------------------------------------------------------
◆ 3Bサイエンティフィック 月刊メールマガジン 2013/8/23 ◆
http://www.3bs.jp/ vol.98
-----------------------------------------------------------------

今月号の内容:

┌目次───────────────────────────────┐
1. 新製品のご案内 ~筋付頭蓋モデル~ 
2. 特集:ベストタイミングな産み時 ~高齢出産の時代を迎えて~
3. 先生のコラム  「時間の物差し」~ へぇ~! ~
帝京平成大学教授 竹内京子先生
4. 月刊学会情報
5. 編集後記
└─────────────────────────────────┘

 

-----------------------------------------------------------------
1. 新製品のご案内 ~筋付頭蓋モデル~
-----------------------------------------------------------------

■筋付頭蓋モデル

 咀嚼筋、一部の表情筋など、頭部の筋肉の付き方が観察できる
頭蓋骨模型です。筋は柔らかい素材でできています。

 筋は頭蓋骨の右半分を覆い、咀嚼筋とそれ以外の筋を異なる色で
示しています。左半分では骨への着色により筋の起始(赤)・
停止(青)の位置を示しています。

価格:38,850円
http://www.3bs.jp/model/skull/a300.htm?mmail&m

 

 お問合せはどうぞこちらへ : メール  mag_3b@3bs.jp
フリーダイヤル(ユーザー様専用) 0120-300-056

 

-----------------------------------------------------------------
2. ベストタイミングな産み時 ~高齢出産の時代を迎えて~
-----------------------------------------------------------------

マイナビウーマンに出ていた今年6月のWebアンケート結果でも、
女性が考える理想の出産年齢は「30歳」というのが一番多く、
次に多いのが「35歳」という結果でした。

きっと節目の年をイメージして、こういうきりのいい数字が
出ているのだと思いますが、特に20代後半の女性はほとんどが、
「35歳」と回答していたのがポイントです。
ちょうど高齢出産の一歩手前までにはという目標も垣間見えます。

確かに20代後半といえば仕事もちょうど脂がのってくる頃ですし、
やりたいこともまだまだ沢山あるでしょう。
ですから出産を「今ではなく」、漠然と5年くらい先延ばししたい
と考えてもおかしくありません。

しかし、それは30~35歳にかけても同じようなことが言えると
思いますし、正直、5年はあっという間です。
更にこのくらいの年代になれば、会社によっては昇進などもからみ、
出産によって失うかもしれない今までのキャリアや、とても両立
できそうにない仕事内容であったり、仕事を辞めなければならない
ことによる生涯賃金の大幅な低下や転職のリスクを考え、ますます
出産を先延ばしにする、というパターンなのだと思います。

無理もありません。そんなに贅沢をしているわけでなくても
子どもが生まれれば生活費やそれなりの教育費もかさみますし、
自分たちの老後の資金だって心配です。

でも、一方では特に若い女性を中心に、実は専業主婦を希望する
人が増加しています。一流大学を卒業した女性であってもです。

ひと昔前、つまり男女雇用機会均等法が施行される以前の、右肩
上がりの経済では、男性は会社に滅私奉公し、女性は結婚したら
仕事をやめて家庭にはいるもの、ということが社会の通例で、
それが世帯収入的にも可能であった時代、又、仕事上では女性の
活躍の場が殆どなく、周囲の圧力も強くて、そういう選択を多々
せざるをえなかった時代とは違い、今は比較的自由に生き方を
選べるようになったはずですが、それでも純粋に20代の専業主婦
希望者が58.5%いる、という事実です。

これは若い人たちの就職難による「仕事に夢が描けない」という
気持ちも暗に反映されているのでしょうか?
でも専業主婦になれば、少なくとも仕事との両立に悩む必要は
ないので、自ら出産を先延ばしする必要はなくなりますが・・

ところが今度は反対に、女性にも働いてほしいと願う男性が
若い世代を中心に増えてきているのです。
本当は女性(妻)には家にいて、家事をすべてやってほしい
と願っているのかもしれません。
でも、それでは子育て世帯がめざす世帯年収600万円には
届かない。それでやむなく、というところでしょうか。

就職のミスマッチならぬ、こうした厳しい就職難も男女間の
ミスマッチを引き起こしているように思えてなりません。
そうなると、年の差婚が流行ってきたのも自然な流れの
ように思えます。
妻は家にいてほしいと願う収入の多い年配の男性と、専業主婦
希望の若い女性。
又は年上のキャリアウーマンと、家事が好き(得意)な若い男性。

お互いの利害が一致すれば、年齢はあまり関係ないはずです。
でも、結婚、出産が増加に転じていない、ということは全体的
には依然、ミスマッチ状態なのですね。

今はくるみんマークを取得する企業も増え、単純に10年前と
比較しても、育児と仕事の両立ができそうなあらゆる制度や
受け皿が出来てきたのはわかりますが、出産先延ばし傾向が
依然続いているのは、根本的な解決がなされていないからだ
と思います。

効率よく営利追求という企業原理とはかけ離れてますが、
極端な話、余剰人員がいるという会社でなければ子育てと
仕事の両立は難しいと思います。
最低限のギリギリの人員でやるから、人が欠けた時にうまく
機能せず、他の社員にしわ寄せがきて不満がでたり、会社に
居づらくなったりと弊害が出るのです。

実際、くるみんマークなど取らなければよかった、という
企業の声も内々に聞きます。
さらにキャリア志向の女性が出産によりマミートラックに
配属され、殆ど定時には帰れるけれど、責任ある仕事から
外され、不甲斐ない思いをする例も見てきました。

自分で選んだ道だから・・と言われればそれまでですが。

結局、今の時代のベストタイミングな産み時は、その人に
とって何を一番優先したいのか、そのために他のものを
捨てても後悔はないのかを悟った時だと思います。
但し、出産可能な年齢で、という時間的制約がつきます。

それでは、今回は受精、妊娠、出産に関わるモデルや
シミュレーターを紹介していきたいと思います。

 

 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 受精、妊娠、出産に関わるモデルやシミュレーター          

 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 

 ◎卵成熟と胚の発達モデル(L01)
http://www.3bs.jp/model/preg/l01.htm?mmail&m
排卵・卵成熟・胚盤胞に至る過程を示しているモデルです。
40,635円‐税込

 ◎受精後の卵子発育12段階モデルI型(VG390)
http://www.3bs.jp/model/preg/vg390.htm?mmail&m
卵子の発育過程を12段階で示しているモデルです。
86,100円‐税込

 ◎受精後の卵子発育12段階モデルII型(VG391)
http://www.3bs.jp/model/preg/vg391.htm?mmail&m
受精から妊娠までの胚の発達を示した模型です。 
86,100円‐税込

 ◎妊娠モデル,クラシックシリーズ(L10)
http://www.3bs.jp/model/preg/l10.htm?mmail&m
妊娠中の子宮内胎児の発育過程を再現しています。
数種の胎位,双生児をも取入れています。 
121,800円‐税込

 ◎ママナタリー(MamaNatalie)(W19652)
http://www.3bs.jp/simulator/birth/w19652.htm?mmail&m
持ち運びに便利,どこでも使える産婦ケアシミュレーターです。
105,000円‐税込

 ◎子宮診察シミュレーター(6段階)(W44023)
http://www.3bs.jp/simulator/birth/w44023.htm?mmail&m
内部の感触までリアルに再現された消失,開大度の異なる
(6~9cm)ブロックモデル6個からなります。
170,100円‐税込

 ◎標準型出産シミュレーター(VG395)
http://www.3bs.jp/simulator/birth/vg395.htm?mmail&m
腹部に空間を設けた骨盤モデルに,取り出し可能な陰門と
40週目の胎児が付いています。出産前,出産中の検診,
分娩の学習,トレーニングに最適です。
266,700円‐税込

 
◎クラシック出産シミュレーター (W44525)
http://www.3bs.jp/simulator/birth/w44525.htm?mmail&m
正常産や骨盤位,頭頂位での練習が可能です。胎児の触診
練習や出産時の子宮内胎児の位置も観察できます。
139,650円‐税込

 ◎上級出産シミュレーター (W45025)
http://www.3bs.jp/simulator/birth/w45025.htm?mmail&m
通常の頭位経膣分娩,骨盤位分娩(殿位,足位),前置胎盤,
臍帯脱出,会陰切開,帝王切開,リトゲンス操作,新生児の
口・鼻の吸引など様々な状況でのトレーニングができます。
105,000円‐税込

 ◎SIMone(TM) 出産シミュレータ(シムワン) (P80)
http://www.3bs.jp/simulator/birth/p80.htm?mmail&m
複数の分娩シナリオで器械分娩のトレーニングができます。
本機の中心である母体モデル内には矢状縫合と頭蓋泉門を
備えた児頭が組み込まれています。児頭は鉗子や吸引器を
使った器械分娩により取り出すことができます。
7,980,000円‐税込

  ※こちらの器械の製品動画はこちら↓↓
http://www.3bs.jp/video/simulator_v/p80_v.html?mmail&m

さて、出産ということで主に女性を思い描いての書き方になって
しまいましたが、男性側の気持ちとしてはどうなのでしょう?

子育ては女性がやって当たり前、と言う古い考え方の人は今は
もうごく一部の年代の人だけだと思うのですが、やはり子育ては
主に女性にやってほしい、という気持ちがある人の方が断然多い
のではないでしょうか?

又は、女性の方が子育てに向いているとか、赤ちゃんの扱いに
慣れているとか、そういうイメージを抱いていませんか?

でも、初産だったら女性も子育ては初めてですし、赤ちゃんの
扱いも知らない人が多いのです。知らないことだらけなのです。

家事分担は妻が働いている場合でも「妻8割、夫2割」というのが
やっとのようで、結局「妻9割、夫1割」が一番多いのが現状です。
またこの「夫2割」というのが曲者で、これくらいになると夫が
家事を半々に分担していると勘違いし、それで家庭内が無駄に
険悪になるケースが結構ありますので、男性方はご注意ください。

仕事で夜遅くなってなかなか思うように手伝えない、でも、
ありがとう、という感謝の気持ちがあり、それを声に出して
言えば(黙っていたらダメです)妻も大分救われはずです。

子どもを産み、育てるには当然のことながら生活費が必要です。
仕事が伸びていくであろう時期が、ちょうど高齢出産への入口
までの時期と重なっているのも皮肉な話です。
もう少し安心して働ける、又はそれなりの収入が確保される
他の道があれば、少子高齢化も改善できるでしょうが、今は
一回仕事を辞めてしまうと、あとは未知数、しかも自己責任。
厳しいです・・・

次回は避妊について所感を述べていきたいと思います。

 
それでは今回はこの辺で。

  ご注文、お問合せはどうぞこちらへ↓↓
メール:info@3bs.jp
フリーダイヤル(ユーザー様専用):0120-300-056

 

-----------------------------------------------------------------
3.先生のコラム
-----------------------------------------------------------------

  「時間の物差し」 

   ~ へぇ~! ~ 

       帝京平成大学教授 竹内京子先生

どこかのテレビ番組で、「へぇ!」と、感嘆する度合で、評価点を
定める番組がありましたが、本日はそれに近い経験をした解剖学の
話題2つです。

目下、「骨盤ナビ」に引き続き、肩をテーマにした本を制作中なの
ですが、その中で、肩甲骨についている筋をまず列挙となりました。
大きな筋から小さな筋へと名前を挙げた最後に、
「肩甲舌骨筋(けんこうぜっこつきん)」なる名称を出したら、
共同制作者が二人声をそろえて「なんです、それ?」という返事。

その反応に私の方が驚いて、「えぇ? 知らないの?」
「しらない、初めて・・・」

上肢帯(肩甲帯・肩帯)の骨の一つである肩甲骨は、腕の支えや
動きに関わるだけでなく、舌骨の支えと動きにも関係していると
説明し、肩頚部の皮膚を触れながら実感してもらったら、
「へぇー、知らなかったぁ!感動!!」
(今風ならば、「じぇじぇじぇ!」と言わねばならないのかも
しれませんね・・・)

医学・解剖学という立場から見たら、特別でもなんでも無い筋
であります。読者の皆さんにも不思議でもなんでもない筋と思う
方もおられるかと思いますが、私にはそうでない人が自分の目の
前に2人いたという驚きがありました。

舌骨下筋4筋(胸骨甲状筋、甲状舌骨筋、胸骨舌骨筋、肩甲舌骨筋)
は頚神経ワナというところから出てくる細い神経に支配されている
筋です。
舌骨の存在は殆どの大人は知っているか話せば理解していただける。
舌骨下筋という存在は必ず講義の対象にはなるので、習った記憶は
残っている人もいる。

だけれども、前頚部の筋としての認識が強い筋群なので、この
筋だけ二腹筋であり、後方の肩甲骨から出てきて側頚部を斜めに
前方へ横切り鎖骨の近くで結合組織性の滑車を利用して方向を
変えて前頚部を上方に走り舌骨に付くなんてことまでは誰も
思いをはせることはない筋であります。

舌骨下筋は、他の舌骨周囲の筋群と協力して会話、飲み込み(嚥下)、
口をあけるときなどで舌骨の動きを制御するのに働く大事な筋ですが、
運動現場では話題にされることが殆どないマイナーな筋であることを
認識させられて、私も「ヘぇー」。

もう一つの「へぇー」は、骨盤底の筋の肉離れの話。
先日、産婦人科の先生と旧交をあたためつつ教育・研究指導内容に
ついて情報交換する機会がありました。丁度、帯同していた私の
院生の研究対象が筋の疲労や肉離れだったので、話題は私の肉離れ
談義から始まりました。

肉眼解剖学的には、肉離れって、多分、筋膜・腱膜に続く筋線維の
部分が剥がれるようなタイプが多いと思うけど・・・と、根拠を
示しつつ、私見を述べていたら、突然、そういうのを肉離れって
言っていいのなら、骨盤底の筋にもありますよ・・・と。
私たちは「えぇっ?」

骨盤底部の筋の肉離れなんて初めて聞いた話です。
でも、どこでどういう状況で起きるかとわかったら納得です。
皆様も、解剖学の成書本で、内臓学の項目、生殖器の最後の方、
骨盤・会陰のところをご覧ください。
内閉鎖筋を骨盤の内側から見た図が必要です。
あるいは骨盤部の前額断(前後に切断した時、前からみた断面図)
の図があれば幸いです。

内閉鎖筋の筋膜の一部(肛門挙筋腱弓)から、肛門挙筋が起始して
いる部分があるのですが、出産時の赤ちゃんの頭の回転に引き
ずられて、筋の一部が腱弓からはがされてしまう状況が生じる
場合があるとのことでした。

肉離れという状態は、だれも生で見たことがありませんので、
いろんな説があります。
小さな細い一筋の筋断裂があるかもしれませんし、筋線維間の
結合組織の引き裂き、付着筋膜からの筋線維の剥がれや内出血
など、様々な状況が考えられますが、本当の事はわかりませんが
少なくとも、産科の先生も我々も、肉離れの一つの状況について
お互いに知っていて知らなかったことを知ることができた感動で
「へぇー!」の連発。

何十年解剖学を学んでいても、いまだに新しいことを発見して
感動に浸ることができるのは幸せなことと感謝しています。

では、また来月。

<参考模型> 骨盤底筋も再現され子宮も取り外せます。

 女性骨盤,内臓・骨盤底筋付,6分解モデル
http://www.3bs.jp/model/genital/h20_4.htm?mmail&m

 

<ご意見をおきかせ下さい>
▽竹内先生へのご意見・ご感想や、コラムで感じたこと、
また先生にお聞きしたいことなどもお送りください。

  宛先は mag_3b@3bs.jp まで。 お待ちしてます!

 

-----------------------------------------------------------------
4.月刊学会情報 
-----------------------------------------------------------------

9月出展予定

・日本科学教育学会 日本科学教育学会第37回年会
期間:H25/9/7~H25/9/8
場所:三重県・三重大学
http://www.jsse.jp/jsseam/modules/note6/

・日本口腔インプラント学会 第43回日本口腔インプラント学会学術大会
期間:H25/9/14~H25/9/15
場所:福岡県・福岡国際会議場・福岡サンパレスホテル&ホール
http://www.43jsoi.com/

・日本体力医学会 第68回日本体力医学会大会
期間:H25/9/21~H25/9/23
場所:東京都・日本教育会館、学術総合センター
http://gakkai.co.jp/tairyoku68/

・日本摂食嚥下リハビリテーション学会 第19回 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会
期間:H25/9/22~H25/9/23
場所:岡山県・川崎医療福祉大学
http://www.jsdr2013.jp/

弊社(日本スリービー・サイエンティフィック http://www.3bs.jp )は
上記学会・展示会にに出展予定です。 是非この機会にお越しくださいませ。

-----------------------------------------------------------------

H25/9/5~H25/9/6
日本診療情報管理学会 第39回日本診療情報管理学会学術大会
茨城県・つくば国際会議場
http://jhim39.umin.jp/

H25/9/5~H25/9/7
日本産科婦人科内視鏡学会 第53回日本産科婦人科内視鏡学会
愛知県・ウインクあいち
http://www.jsgoe.jp/

H25/9/5~H25/9/7
日本移植学会 第49回日本移植学会総会
京都府・国立京都国際会館
http://www.congre.co.jp/49jst2013/

H25/9/7~H25/9/8
日本健康心理学会 日本健康心理学会第26回大会
北海道・北星学園大学
http://jahp.wdc-jp.com/conf/26th/organization.html

H25/9/11~H25/9/13
日本生化学会 第86回日本生化学会大会
神奈川県・パシフィコ横浜
http://www.aeplan.co.jp/jbs2013/index.html

H25/9/12~H25/9/14
日本栄養改善学会 第60回日本栄養改善学会学術総会
兵庫県・神戸国際会議場/神戸国際展示場/ポートピアホール
http://www2.convention.co.jp/kaizen60/

H25/9/12~H25/9/13
日本神経心理学会 第37回日本神経心理学会総会
北海道・札幌コンベンションセンター
http://naj37.umin.jp/

H25/9/12~H25/9/13
日本口腔・咽頭科学会 第26回日本口腔・咽頭科学会総会 学術講演会
愛知県・ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋
http://www.cs-oto.com/jssp26/

H25/9/13~H25/9/14
日本整形外科スポーツ医学会 第39回日本整形外科スポーツ医学会学術集会
愛知県・ウインクあいち
http://www.congre.co.jp/jossm2013/

H25/9/14~H25/9/16
日本歯科衛生学会 日本歯科衛生学会第8回学術大会
兵庫県・神戸国際会議場、神戸商工会議所
http://www.jdha.or.jp/jsdh/meeting.html

H25/9/14~H25/9/15
日本看護技術学会 第12回日本看護技術学会学術集会
静岡県・アクトシティ浜松
http://jsnas12.umin.jp/

H25/9/18~H25/9/21
日本排尿機能学会 第20回日本排尿機能学会
静岡県・グランシップ
http://nbs20.umin.jp/

H25/9/19~H25/9/20
日本門脈圧亢進症学会 第20回日本門脈圧亢進症学会総会
愛知県・名古屋国際会議場
http://www.congre.co.jp/jsph20/

H25/9/19~H25/9/21
日本磁気共鳴医学会 第41回日本磁気共鳴医学会大会
徳島県・アスティとくしま
http://www.med-gakkai.org/jsmrm41/

H25/9/19~H25/9/20
日本胆道学会 第49回日本胆道学会学術集会
千葉県・ヒルトン東京ベイ
http://www.congre.co.jp/jba2013/

H25/9/20~H25/9/22
日本獣医学会 第156回日本獣医学会学術集会
岐阜県・岐阜大学
http://www.meeting-jsvs.jp/156/

H25/9/20~H25/9/22
日本心臓病学会 第61回日本心臓病学会学術集会
熊本県・ホテル日航熊本、他
http://www.jcc.gr.jp/yellow/index.html

H25/9/20~H25/9/22
歯科基礎医学会 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会
岡山県・岡山コンベンションセンター
http://www.kokuhoken.jp/jaob55/

H25/9/20~H25/9/21
日本サイコオンコロジー学会 第26回日本サイコオンコロジー学会総会
大阪府・大阪国際交流センター
http://jpos26.umin.jp/

H25/9/21~H25/9/22
日本医療薬学会 第23回日本医療薬学会年会
宮城県・仙台国際センター 他
http://23jsphcs.jtbcom.co.jp/

H25/9/22
日本歯周病学会 第56回秋季日本歯周病学会学術大会
群馬県・群馬県前橋市民文化会館
http://www.c-linkage.co.jp/jspf56/

H25/9/25~H25/9/28
日本産業衛生学会 第23回日本産業衛生学会産業医・産業看護全国協議会
愛知県・名古屋国際会議場
http://square.umin.ac.jp/ncopn23/

H25/9/26~H25/9/28
日本小児保健協会 第60回日本小児保健協会学術集会
東京都・国立オリンピック記念青少年総合センター
http://www.med.nihon-u.ac.jp/department/jsch60/index.html

H25/9/26~H25/9/28
日本鼻科学会 第52回日本鼻科学会総会・学術講演会
福井県・福井フェニックスプラザ
http://www.jrs.umin.jp/52nd/

H25/9/26~H25/9/28
日本マイクロサージャリー学会 第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会
岩手県・盛岡市民文化ホール、いわて県民情報交流センターアイーナ
http://jsrm40.umin.jp/

H25/9/26~H25/9/27
日本重症心身障害福祉協会 第39回日本重症心身障害学会
栃木県・栃木県総合文化センター
http://www.procomu.jp/smid2013/

H25/9/27~H25/9/28
日本医真菌学会 第57回日本医真菌学会総会・学術集会
東京都・京王プラザホテル(新宿)
http://www.med-gakkai.org/jsmm2013/

H25/9/27~H25/9/29
日本心臓血管麻酔学会 第18回日本心臓血管麻酔学会学術大会
福岡県・北九州国際会議場
http://www.jscva.org/AnnualMeeting/2013/

H25/9/27~H25/9/28
日本組織細胞化学会 第54回日本組織細胞化学会総会・学術集会
東京都・航空会館
http://www3.nacos.com/mjshc/

H25/9/27~H25/9/28
日本医療・病院管理学会 第51回日本医療・病院管理学会学術総会
京都府・京都大学 百周年時計台記念館
http://med-econ.umin.ac.jp/jsha51/

H25/9/27~H25/9/28
日本肩関節学会 第40回日本肩関節学会
京都府・ウェスティン都ホテル京都
http://www.congre.co.jp/40jss/index.html

H25/9/28~H25/9/29
日本腹膜透析医学会 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会
大阪府・大阪国際会議場
http://jspd19.jp/

H25/9/28~H25/9/29
日本循環器看護学会 第10回日本循環器看護学会学術集会
東京都・タワーホール船堀
http://jacn10.umin.jp/

 

-----------------------------------------------------------------
5.今月の編集後記 by イ子
-----------------------------------------------------------------

毎日暑いですね。

私にとって夏の幸せは桃を食べること。
他にスイカなど、幸せな食べ物はたくさん
ありますが、代表して桃です。
(ここまでは、いつかの日刊のウケウリです)

桃のどういうところが好きか。
味や香りはもちろんですが、桃は表面にうぶ毛が
生えていて、他人のような気がしません。
あの皮が大きく一枚で「ぺらーん」と剥けた時は
何だか言いようもない快感を覚えます。

話は変わって、先日、私の足の土踏まずにできた
原因不明の腫れ物はお医者様に処方してもらった
塗り薬のお陰で治りました。

つい最近までカサブタのような皮膚になって
いましたが、この間、お風呂で皮膚が柔らかく
なったところ、大きく一枚「ぺらーん」と
剥けました。
なんとも言えぬ快感でした。

「この編集後記の参考日刊記事」
http://www.3bs.jp/mailmag/back-number/2013/20130410.html?mmail&m

http://www.3bs.jp/mailmag/back-number/2013/20130807.html?mmail&m


それでは今月はこの辺で。

来月号をどうぞお楽しみに!


  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に