トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

-----------------------------------------------------------------
◆ 3Bサイエンティフィック 月刊メールマガジン 2013/11/25 ◆
http://www.3bs.jp/ vol.101
-----------------------------------------------------------------

今月号の内容:

┌目次───────────────────────────────┐
 1. 新製品のご案内 
   ~ シミュレーター2種 ~ 乳児腰椎穿刺と気道確保 
 2. 特集:忘年会の季節の前に、もう一度
 3. 先生のコラム 「時間の物差し」~教育者と幹細胞~
     帝京平成大学教授 竹内京子先生
4. 月刊学会情報
 5. 編集後記
└─────────────────────────────────┘

 

-----------------------------------------------------------------
1. 新製品のご案内
  ~ シミュレーター2種 ~ 乳児腰椎穿刺と気道確保
-----------------------------------------------------------------

 

■乳児腰椎穿刺シミュレーター

 腰椎穿刺トレーニングのための10~12ヶ月齢の乳児のモデルです。

 脊柱,脊柱管,皮膚パッドは取り外しでき,簡単で手間のかからない
 トレーニングが可能です。腸骨稜と脊柱の触診により,正しい穿刺
 位置を特定できます。

 価格:126,000円
 http://www.3bs.jp/simulator/injection/w44781.htm?mmail&m

 

■輪状甲状間膜切開シミュレーター

 触診可能なランドマークとして,輪状軟骨と甲状軟骨を備えており,
 頚部を過伸展した状態で喉頭隆起が確認できます。

 気道は本体の上部から下部へと完全に貫通しているので,切開後の
 探り針とカニューレの位置を確認できます。カニューレを安全な
 位置に固定するための留め具の使用も可能です。

 トレーニングを成人向け・小児向けに切り替えられるように
 2種類の軟骨が付属しています。

 価格:169,050円
 http://www.3bs.jp/simulator/als/w44016.htm?mmail&m

 

 お問合せはどうぞこちらへ : メール  mag_3b@3bs.jp
    フリーダイヤル(ユーザー様専用) 0120-300-056

 

-----------------------------------------------------------------
2. 忘年会の季節の前に、もう一度
-----------------------------------------------------------------

今月頭に衆院本会議にて、危険運転致死傷として酒や薬物、てんかん
など発作を伴う病気により交通死亡事故を起こした場合、死亡事故で
15年以下、負傷事故で12年以下の懲役とする自動車運転死傷行為処罰
法案が全会一致で可決されました。

現行の危険運転致死傷罪は「正常な運転が困難な状態」に限定される
ため、最高刑が懲役20年でありながら結局は立証できずに自動車運転
過失致死傷罪(最高刑懲役7年)が適用されてしまうことが多々あり、
被害者遺族が法改正を求めていましたが、やっと一歩前進です。

また、飲酒運転事故を起こした後にあえて酒を飲んでごまかしたり
逃走するといった悪質なケースにも、12年以下の懲役とする罪が
新設されました。

飲酒運転の危険性については、このメルマガでも何度かとりあげて
きましたが、個人的にも特に印象深かったのが2008年2月に熊谷市
で起きた9人の死傷事故です。

この時、運転手は危険運転致死傷罪に問われ、懲役16年が確定しま
したが、では、最高刑20年が課されるのはどんな事例なのだろうか
と密かに思ったものです。
2人が死亡、2人が重度の障害を負い二度と元の身体に戻れないのに
これで最高刑が課されないのはどれほど悪質な事例なのだろうかと。
しかもこの最高刑にしても、「終身刑」ではないのです。
遺族からすれば本当は「死刑に」という気持ちだったことでしょう。

故意に特定の人を狙ってひき殺した、というわけでなくても、
死んだ人は二度と帰ってきません。
それも、飲酒運転さえしなければ、十分避けられたことなのです。

飲酒運転、主に問題なのは車社会と言われる地域です。
都会のように夜12時近くまで地下鉄や電車が数分~十数分間隔で
走っているわけではなく、車がないと移動にも事欠くような不便な
場所の方が多いのも事実です。

代行、タクシー、それはお金がかかるからできれば使いたくない
という気持ちになるのもわかりますが、だからといって飲酒運転が
許される訳ではありません。

この数千円の差で、自分の一生も、相手の一生も台無しにする
ことになるのです。

これから忘年会の季節になり、お付き合いで二、三箇所以上参加
する人も多いことでしょう。
特に車社会の方はもう一度、飲酒運転の危険性をこのゴーグルを
かけて実感していただければと思います。

 

 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

   飲酒運転の危険性の説明・指導に最適です!          

 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 ◎飲酒状態体験ゴーグル/爽快期 W33203-1(昼間) W33204-1(夜間)
  http://www.3bs.jp/healthcare/drunk/w33203-1-w33204-1.htm?mmail&m
  少量飲酒した状態(ビール大瓶1本程度)を体験できるゴーグルです。
  各30,135円‐税込

 ◎飲酒状態体験ゴーグル/ほろ酔い期 W33205-1(昼間) W33206-1(夜間)
  http://www.3bs.jp/healthcare/drunk/w33205-1-w33206-1.htm?mmail&m
  ほろ酔いの状態(ビール大瓶2本程度)を擬似体験できるゴーグルです。
各30,135円‐税込

 ◎飲酒状態体験ゴーグル/酩酊初期 W33211-1(昼間) W33212-1(夜間)
  http://www.3bs.jp/healthcare/drunk/w33211-1-w33212-1.htm?mmail&m
  酩酊初期の状態(ビール大瓶3本程度)を擬似体験できるゴーグルです。
各30,135円‐税込

 ◎飲酒状態体験ゴーグル/酩酊期 W33207-1(昼間) W33208-1(夜間)
  http://www.3bs.jp/healthcare/drunk/w33207-1-w33208-1.htm?mmail&m
  酩酊した状態(ビール大瓶5本程度)を擬似体験できるゴーグルです。
各30,135円‐税込

 ◎飲酒状態体験ゴーグル/泥酔期 W33209-1(昼間) W33210-1(夜間)
  http://www.3bs.jp/healthcare/drunk/w33209-1-w33210-1.htm?mmail&m
  泥酔した状態(ビール大瓶8本程度)を擬似体験できるゴーグルです。
各30,135円‐税込

     <ついでにメガネも!>

 ◎飲酒状態体験メガネ(W43041)
  http://www.3bs.jp/healthcare/drunk/w43041.htm?mmail&m
  飲酒・酩酊状態を体験できるメガネです。
24,045円‐税込

 

このゴーグルの一番人気は、酔った感覚がわかりやすい
「酩酊期」です。
しかし、少量のお酒だったら大丈夫だと思い違いをしたり、
お酒の強い人などには特にかけて欲しいと思うのが、酩酊度の
一番弱いタイプの「爽快期」のゴーグルなのです。

これをかけてもはたして「正常に運転ができる」と自信を
持って言えるのでしょうか?
視力0.3以下の人がメガネをかけずに運転するのと寸分も
違わないくらいの危険運転になるのです。
これでは歩行者をはねる危険性も大きいのです。

最後に、冒頭でも触れました熊谷市で起きた9人の死傷事故の
被害者遺族が先日出した本を紹介いたします。

これを読んで、事件の一部始終を細かく知るにあたり、当初は
すぐ思いつかなかったことにもあらためて気づかされました。

つまり病院側から見れば、救急搬送は被害者、加害者は関係ない
わけです。被害者だから優先されるわけではなく、たらいまわし
にもされますし、その数十分の間にも容態が急変し、結果的に
加害者が助かり、被害者が死亡することもあるわけです。

又、運転手らに酒を提供した飲食店主は全国初、酒類提供による
道路交通法違反罪で起訴され、有罪判決を受けたわけですが、
決して便利な場所とはいえない立地で営業をしている店主が、
この事件をきっかけに、車社会なのだから飲酒運転も多少は許さ
れるのではないか、とは考えず、お酒を提供してしまったことに
罪の意識を感じていたようですが、それとは対照的に、危険運転
致死傷ほう助罪に問われていた同乗者2人は、自分たちが運転した
わけではないのに、同乗していたというだけでなぜ自分たちまでが
起訴されなくてはならないのか、といった恨みや怒りが伺えました。
結局、最高裁まで争われ、この春に懲役2年が確定しましたが、
飲酒運転をするよう煽るのも、ただ好意に甘えて同乗したにせよ、
やはり飲酒運転をしようとした人を止めなかったことに、責任が
全くないとは言えません。

これくらいならいいかも・・と万が一思って飲酒運転をしようと
する人が周りにいたら、人ごとだと思わず止めてください。
大丈夫だから、などと決して言わないでほしいと思います。

交通犯罪―悲しみの先に見えた「家族の光」
著者:小沢 克則 小沢 樹里
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903724387/3bscientific-22/

タクシーも深夜割増料金になるのではなく、例えば金曜の夜とかは
逆に2割引き、なんてシステムが可能になればいいのですけどね。
又はバスでもいいので、交通網がもっと発達してくれることを願う
同じく車社会に住む私です。

 
 それでは今回はこの辺で。

  ご注文、お問合せはどうぞこちらへ↓↓
メール:info@3bs.jp
  フリーダイヤル(ユーザー様専用):0120-300-056

 

-----------------------------------------------------------------
3.先生のコラム
-----------------------------------------------------------------

  「時間の物差し」 

   ~教育者と幹細胞~ 

       帝京平成大学教授 竹内京子先生

教育者は、弟子を育成するとともに、次世代の教育者の育成も
しなければならない、よく考えたらこれって、幹細胞(stem cell:
ステムセル)と同じだわ、と気が付いたのは10年近く前、今の
大学に来る前でした。

動物の胃粘膜から上皮細胞(胃液を出す細胞たち)を取り出し、
いろいろな実験で顕微鏡を覗いていた時のことです。
幹細胞の一番大元の細胞は受精卵の中に見られる発生初期の
万能細胞ですが、発生が進むと、器官(臓器)の組織の中に
所属する臓器幹細胞がそれぞれの臓器の細胞の供給をする
ようになります。

臓器幹細胞はプログラムされた遺伝情報と環境要因に基づいて、
その臓器の中の複数の細胞に分化できる能力を持っている細胞です。

私の研究対象であった胃の粘膜上皮にはタンパク質分解酵素の
ペプシンの分泌する主細胞、粘膜保護の粘液を分泌する副細胞や
表層粘液細胞、塩酸の基を分泌する壁細胞があります。

他にも内分泌系の細胞がありますが、こちらは対象外だったので
さておいて、成熟した主細胞、副細胞、壁細胞などは2~3回は
分裂能力が残っているようですが、その後は寿命が来たら死滅
しますので、補充が必要です。
寿命の短い表層の粘液細胞では1~3日という寿命もありますが、
壁細胞などは100~200日ぐらいと言われています。
そして、これらの補充をしているのが、臓器幹細胞です。

胃の幹細胞の場合は、条件により壁細胞になり、主細胞になる。
そして副細胞にもなるということが可能であります。
幹細胞は多様な細胞に分化する時、つまり、分裂増殖する時、
2個の細胞に分かれるわけですが、この時、1つは必ず幹細胞の
能力を持つ自分のコピーであり、他は機能が分化して壁細胞や
主細胞、あるいは副細胞になる、という具合です。

これを大学での教育システムに置き換えてみると、教授はさしずめ
成熟した臓器幹細胞。准教授・講師は若い幹細胞で、助教は分裂し
たての若い幹細胞、弟子の大学院生は将来の幹細胞(教育者)の卵
ということになります。
そして、教授以下のスタッフ幹細胞が育成し、社会に送り出している
学生たちが、主細胞、副細胞、壁細胞の役目をする活動現場の細胞に
相当する、と考えたら、退屈な培養細胞のお世話も急に楽しい活動の
一つとなっていきました。
遺伝情報の提供者や伝達者はさしずめ国家・文部科学省、地方行政、
教育委員会ということになるでしょうか。

以来私は、自分の研究で得た知見を、現実の一般社会の中の色々な
事象に置き換えて考えてみる癖が付きまして、学問の世界、実学の
社会の間を行きつつ戻りつつ楽しく過ごしておりますが、培養細胞の
継代維持と教育活動の相違点を考えてみると、あまりお気楽なことは
言えません。

どんな教育でもその効果が表れてくるには膨大な時間が必要です。
教育の計は100年と言われるように時間がかかります。
培養細胞ならばどんなに時間がかかっても、数日で間違った細胞を
拾って来たのかどうかがわかりますので実験のやり直しは簡単ですが、
教育の失敗、子育ての失敗はそうは簡単には直せません。

効果が出るのも時間が必要ですが、失敗のつけが世に現れるのも
数年から数十年後ということです。
こう考えると、心して子供世代だけでなく、孫世代の教育も心して
取り組まねばと自戒しつつ大学院生の指導に携わっております。

では、また来月。

 

<ご意見をおきかせ下さい>
▽竹内先生へのご意見・ご感想や、コラムで感じたこと、
 また先生にお聞きしたいことなどもお送りください。

  宛先は mag_3b@3bs.jp まで。 お待ちしてます!

 

-----------------------------------------------------------------
4.月刊学会情報 
-----------------------------------------------------------------

H25/12/3~H25/12/6
日本分子生物学会 第36回日本分子生物学会年会
兵庫県・神戸国際会議場 他
http://www.aeplan.co.jp/mbsj2013/

H25/12/4~H25/12/6
日本臨床薬理学会 第34回日本臨床薬理学会
東京都・東京国際フォーラム
http://www2.convention.co.jp/34jscpt/

H25/12/5~H25/12/6
日本バイオセラピィ学会 第26回日本バイオセラピィ学会学術集会総会
岩手県・いわて県民情報交流センター
http://jsbt26.umin.jp/

H25/12/6~H25/12/8
日本網膜硝子体学会 第52回日本網膜硝子体学会
愛知県・名古屋国際会議場
http://8apvrs-52jrvs.jtbcom.co.jp/access.html

H25/12/6~H25/12/7
日本看護科学学会 第33回日本看護科学学会学術集会
大阪府・大阪国際会議場
http://www.c-linkage.co.jp/jans33/

H25/12/7~H25/12/8
日本心療内科学会 第18回日本心療内科学会総会・学術大会
愛知県・愛知県労働産業センター
http://18jspim.com/

H25/12/11~H25/12/13
日本免疫学会 第42回 日本免疫学会
千葉県・幕張メッセ
http://www.jsi-men-eki.org/jsi42/index_jp.html

H25/12/13~H25/12/15
日本婦人科腫瘍学会 
第3回アジア婦人科腫瘍学会 第55回日本婦人科腫瘍学会学術講演会
京都府・ウェスティン都ホテル京都
http://www.jsgo.gr.jp/55/

H25/12/13~H25/12/14
日本冠疾患学会 第27回日本冠疾患学会学術集会
和歌山県・アバローム紀の国
http://jca27.umin.jp/

 

-----------------------------------------------------------------
5.今月の編集後記 by まさ
-----------------------------------------------------------------

私は以前オーストラリアに住んでいたことがあり、
妻の同僚から新婚旅行で訪れる予定のオーストラリアの
ケアンズのおすすめスポットやアクティビティについて
尋ねられました。

実は私シドニーに住んでいましたがケアンズには
行ったことがありませんので知っている限りの
知識で答えてみました。

グレートバリアリーフ、ブッシュウオーキング、
ラフティング、確かカジノもあったかな・・・

ろくに答えることはできなかったのですが
住んでいた当時オーストラリア人の友人も
ケアンズは最高だと言っていたので
それも伝えました。

今オーストラリアは日本と季節が逆なので
ちょうど夏ごろ。

確か12月はサンタさんがサーフィンしてたような・・・

夏のケアンズでリラックスした新婚旅行を
イメージすると実に楽しそうです!

私もチャンスがあれば行ってみたいです。

それでは今月はこの辺で。

来月号をどうぞお楽しみに!


  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に