トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1954

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成26年1月31日発行

■ニュースヘッドライン

▽動物を使わずにiPS細胞作製、培養する手法発見、広島大(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014013000026.html

▽STAP細胞、ハーバード大が脊髄損傷のサル治療で実験中(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140130-OYT1T00620.htm

▽STAP細胞を世界が称賛、中国、韓国でもいち早く報道(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140131/scn14013107590002-n1.htm

▽免疫力アップのプラズマ乳酸菌、ウィルス感染防御(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140131/trd14013109000007-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  胃(い)<stomach>
  
  ギリシャ語ストマ(口)に由来します。
  
胃バンディングモデル
  http://www.3bs.jp/model/diges/1012787.htm?mmail&d

  肥満治療のためのガストリックバンド手術の説明に
最適な胃のモデルです。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 1月31日(金)22:00~22:45 NHK総合

  ちょこっとサイエンス

      世界初!?鳥肌が立つ瞬間の撮影に挑戦。
      鳥肌はどんな時になぜ立つのか?朝が
      苦手なのは寒いせい?起きられない訳を
      徹底サイエンス。他、油性ペンの落書き
      を身近なあるものできれいに消せるサイ
      エンスなど。      
       

▽明日 2月1日(土)19:56~20:54 日本テレビ

  世界一受けたい授業

      花粉症を劇的に改善させる3つの新事実とは?
      花粉症を1か月で改善させる方法、日本国内で
      暗躍するスパイの驚くべき実態、コミュニケー
      ション力がUPする相手に伝わる効果的な話し方
      など紹介。
     

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第24回日本頭頚部外科学会総会・学術講演会

 日時:2014年1月30日(木)~31日(金)
 場所:サンポート高松    
    (香川県高松市サンポート2番1号)

平衡聴覚器や喉頭模型のほか、
耳鼻科向けコンテンツを多数収録した注目ソフト
「3Dアナトミー,耳鼻咽喉科・頭頚部外科版」
を展示します。

 日本頭頚部外科学会ホームページ
 http://www.jshns.umin.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 英司

前回、PCの操作を自動化してくれるフリーソフトを
紹介した。
マウス、キーボードを自動で操作してくれる優れもの。
プログラムを書いて設定することもできるが、
実際に自分の行った操作を記録することもできるので、
プログラミングの知識が無くても利用できるという
話を書いた。

こういったソフトの場合、Windows全般の操作に使える
わけだが、Excelだけに限れば、ソフト不要でできる。
これが案外使われていないので書いておく。

Excelのツール>マクロ>マクロの記録
がそれ。
ExcelのマクロというとVBAという言語でプログラムを
書くことで複雑な操作を実行させることができるもの。
マクロの記録を使うと、自分の操作がVBAに変換され
記録される。
まぁ、難しいことを考える必要なく、自分の操作が
記録でき、次回以降マクロの再生をすれば同じ操作
が自動で実行できるわけだ。

VBAの編集画面から記録した操作内容を編集することも
できるので、微調整も可能だ。

面倒な式や作業を定期的に行うなら、ぜひ
マクロの記録を使ってみよう。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に