トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1959

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成26年2月7日発行

■ニュースヘッドライン

▽人で初のSTAP細胞の可能性がある写真ハーバード大が公表(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140206/scn14020611540000-n1.htm

▽東京五輪に向け外国語対応できる拠点病院全国30か所整備へ(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014020600027.html

▽花粉防ぐ眼鏡かけた子、転倒で怪我の恐れ、注意喚起(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014020700001.html

▽誰もが見分けやすい配色規格作りに色弱者に実験協力呼びかけ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=92518

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  十二指腸(じゅうにしちょう)<duodenum>
  
  人体解剖学の祖といわれるアレキサンドリアの
  医師ヘロフィロスが、この部位を指12本を意味
  するドーデカダクテュロンと名付けました。
  (ギリシャ語で12は"ドーデカ")
  
十二指腸周辺の導管系レリーフモデル
  http://www.3bs.jp/model/diges/ve315.htm?mmail&d

  胆汁・膵液の流れを理解できる導管系模型です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 2月7日(金)24:00~24:15 NHKEテレ

  名作ホスピタル
「要注意!低体温症×世界名作劇場 あらいぐまラスカル」

      冬山登山などでよく起こる低体温症、実は都会
      では季節に関係なく起きている。軽度では体が
      震え判断力が鈍り中度では錯乱が起きる。
      あらいぐまラスカルから低体温症について学ぶ。

      ソチオリンピック(中継)開会式は
      2月7日(金)25:00~28:00 NHK総合にて       

▽明日 2月8日(土)20:00~20:45 NHKEテレ

  チョイス@病気になったとき
  「謎のじんましん こうして対処」

      食べ物や衣服接触、温度変化など様々な原因で
      なるじんましん。5人に1人が経験するといわれ
      体調次第で生じ方に差があり苦しむ人も多い。
      最新の治療とオススメのチョイスを紹介する。

      ソチオリンピック2014 フィギュアスケート団体 
      女子ショート・ペアフリー他
      2月8日(土)23:12~28:35 テレビ朝日にて

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 英司

昨年末、高速道路を走行中に飛び石がフロントガラスに
あたりひびが入ってしまった。
昨年中に業者に補修してもらったのだが、先日、
またもや飛び石で小さなひびが・・。

車間距離はつめないようにしているのだが、
車線変更でいきなり前に入ってくるものはどうしようもない。
トラックドライバーが急いでいるのもわかるので、
もう高速道路のリスクと割り切るしかないのか・・。

そんななか面白いニュースがあった。
くしくも話題のSTAP細胞と同日、1/29のニュース。

内容は、ガラスの強度が200倍にできるというものだ。

作り方は、ガラスにレーザーで微小なひびを刻み込む。
ひびの内部をポリマーで満たす。これだけ。

こうすることで柔軟性のあるガラスとなる。
そう、柔軟。ガラスなのに曲がるのだ。
通常のガラスは変形率が0.1%程度なのに対し、
このガラスは約5%もの変形率を有する。

そのため、衝撃が加えられるとたわんで、衝撃を
吸収できる。

ちなみにこの構造は貝の殻など、軟体動物の構造
からヒントを得ている。

曲がるガラス、フロントガラスに採用される日が
待ち遠しい。
いや、子供のコップのほうが急務かも。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に