トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1977

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成26年3月6日発行

■ニュースヘッドライン

▽職場うつ対策ストレス検査、50人未満の事業所は努力義務に(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014030600001.html

▽小保方さん、論文発表後初のSTAP細胞再現実験に成功(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140306/scn14030609000001-n1.htm

▽厚労省、補助金付で数か所でスマホ保健指導のモデル事業(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=94102

▽トヨタが理研などと共同で高齢者の安全運転支援技術開発へ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=94023

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  胆膵管膨大部(たんすいかん ぼうだいぶ)
   <hepatopancreatic ampulla>
  
  ラテン語ampulla(容器、フラスコ)からきました。
  
マリオットのフラスコ
  http://www.3bs.jp/physics/gas/u14327.htm?mmail&d

  下部に排出口のあるホウケイ酸ガラス(DURAN)製フラスコです。
断熱指数の実験もできます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 3月6日(木)22:00~22:54 テレビ東京
      
  カンブリア宮殿 「ニッポンの超高齢社会を救え!
          異色の経歴の医師が挑む医療革命!」

      65歳以上の高齢者の割合が人口の30%を超え
      病院のベッド数不足で死に場所に困る人が
      50万人にものぼる2030年問題解決に一役買う
      在宅医療を専門に手掛けるある病院の取り
      組みに着目。新しい医療の在り方とは?

▽明日 3月7日(金)22:00~22:50 NHK総合
      
  NHKスペシャル「無人の町の"じじい部隊"
~福島大熊町 駐在員6人の苦闘~」

      福島原発事故帰還困難エリアでは、リタイヤした
      町の元最高幹部6人からなる"じじい部隊"が将来
的に住民の帰還を可能にすべく無人の町の留守を
      守り町の復興と帰還計画を牽引する活動を続ける。
      帰還困難エリアでの初の長期取材ドキュメント。

   
■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
3月9日(日)に開催される下記セミナーに出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第2回日本生体咬合学術セミナー

 日時:2014年3月8日(土)~9日(日)
    ※展示は9日のみ。
 場所:ヒューリック浅草橋ビル   
    (東京都台東区浅草橋1-22-16)
    

環椎・軸椎模型、頚椎模型のほか
頭頚部ソフト、頭蓋模型などを展示します!

 日本生体咬合学術協会ホームページ
 http://www.bio-occlusion.com/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

      
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

手を変え品を変え、迷惑メールが日々大量に届き、その削除
だけで日々10分は費やすことに、本当に迷惑極まりない!と
いちいち腹をたてていた私ですが、最近は見方が変わりました。

とはいえ、一日に何通も届くような類はいかにもスパムという
感じでNGです。近頃は、ピンポイントで特定のアドレス宛に
一通、多くても二通程度送りつける手合いが登場し、そうした
ものの中には注文確認メール、と題して楽天やアマゾンの
メールのレイアウトにとてもよく似せて作成してあったりする
ので、おやっ?と思うこともしばしばです。

ただ、それがありそうもない金額であったり、半角カタカナを
使っていたり、確認のために、と最後にお決まりのURLへの
誘導をかけるパターンが多く、やはりそれとなくわかります。

又、思わずメール本文を読みたくなるような題名のつけ方を
しているものも、たまに見かけます。
ただ、プレビューで内容を読むと、いつものスパムと代わり
映えしない、題名から期待したほどではなかった、という方が
ほとんどですが、最近は誘導の巧妙さがバージョンアップして
いるので、参考になるものは一旦保存しています。
こういうものも、ピンポイント送信がほとんどです。

又、暫くすると、数か月後などに同じ表題で、別の送信元
アドレスから届くパターンが多いのが最近の傾向のようです。

ところで、先日はこんなメールがきていました。

表題:○○です。
(渡辺、田中などの一般的な苗字が多く使われているらしい)

本文:これは○月○日の夜に撮影したものですが、
あなたですよね?

添付ファイル:証拠写真.jpg(リンクがはってあった)

はぁ???
その日、何をしていたっけ・・?とおぼろげながら記憶を
辿りましたが、仕事終わった後普通に夕飯の買い物をして
帰っただけ。悲しいかな、そんなに予定は入りません。

ただ、その日も買い物後にスーパー横の土手で、うちの
モルたちの好物のクローバーをしこたま摘んでいました。
知らない人から見れば、こんな夜に何やってんだ、と
それこそ不審者扱いでしょうが、そんなことをいちいち
恥ずかしがってなんていられません。
あの仔たちには新鮮なクローバーが必要なのです。

一瞬、そんなクローバーを摘んでいる姿でも撮られたかと思い、
写真を見てみたくなりましたが、写真のリンク先を示すURLが
やたらと長く、やはりおかしいと思い、ネットで検索して
みたところ、同じような事例がのっていました。

皆さんもちょっと怪しいな、と思ったらまずネット検索で。
URLクリックは厳禁です。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に