トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1993

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成26年4月1日発行

■ニュースヘッドライン

▽禁煙や運動など努力する人の保険料や医療費軽減を提言(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=95702

▽18歳以下の子が病気や障害のある家族介護担う事例35%(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140401/trd14040108230001-n1.htm

▽消費税8%、少子高齢化時代の社会保障費賄うにはほど遠く(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140401k0000m020110000c.html

▽発達障害も不登校の要因、感覚過敏で集団生活で疲れやすい(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140401/edc14040108180001-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  膀胱 (ぼうこう)<bladder>
  
  印欧祖語のbhel-(腫れる)、もしくはbhle-(吹く)が
  起源だの諸説あります。
    
女性導尿法シミュレーター
  http://www.3bs.jp/simulator/adult/w44006.htm?mmail&d

  カテーテル挿入時には尿道括約筋による圧迫抵抗が
感じられます。カテーテルが膀胱に入ると, カテー
テルから模擬尿液が流れ出ます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 4月1日(火)19:00~21:48 テレビ朝日
      
  たけしの健康エンターテインメント!
  みんなの家庭の医学 3時間スペシャル

      年間約13万人が死亡、今急増中の心臓病の正体や、
      閉経後に身を潜める危険な病の正体、月経痛でわ
      かる子宮内膜症チェック、推定患者約800万人の
      片頭痛、緊張型頭痛と片頭痛の見分け方や1日2分
      で出来る頭痛予防体操など紹介。

▽明日 4月2日(水)21:00~22:54 日本テレビ
      
  ザ!世界仰天ニュース 危険な日常2時間SP

      日焼け止めを塗り一日中プールで遊んだ少女の
      体に翌日、ひどい火傷が。それはある食べ物が
      原因であった。わずか13歳で自らの命を絶った
      少女。原因はネットの誹謗中傷。彼女を死に追
      い詰めた犯人とは?その原因を作った人物は?
      
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 微

 虚数って何?(No.4)

・調和振動子から場の量子論へ

さて前回書きました調和振動子(Harmonic oscillator)の重要
性は「波が,これの集まりで記述できる」でした。

今の物理(素粒子論でも物性論でも)では,場の量子論で括られ
る手法が重要となっています。よく耳にする「粒子も波の性質を
持つ」という謎掛けのような論も,今の理解の仕方では「波があ
って,それを量子論的に扱うと粒子的性質が得られる」となって
います。場の振動を量子化して,粒子が得られる,と。

その昔,アインシュタインが特殊相対論を提出したときに,エー
テルは不要としました。「媒質」として光を伝える物を考えると
矛盾だらけになる,が論趣だと思います。そういう性質は「真空」
そのものが備えているのだ,と。

今の物理では「場」という分かったようで,その実,どういうも
のをきちんと伝えにくい,物理的な存在を扱います。数学的には
(まだ完成したわけではないで,不十分なところもありますが)
きちんと記述できます。そこでは虚数単位をふんだんに使わない
と表せません。その意味では「虚数は,物質の存在を記述する上
で不可欠。なので,ある,と言っても良い。」でしょう。

翻って,それでは実数(正の整数でも良いです)は「ある」のか?
と言われれば,実在はしていません。抽象的なものです。そこを
体得するために小さな頃,リンゴ5個と柿3個あわせて幾つ?のよ
うな訓練を繰り返します。要は「個」という単位の付かない「数」
を,朧気でも理解するためですね。

科学番組などで「ヒルベルト空間」とか「フォック空間」など,
難しそうな言葉を並べ立てるときがありますが,そういう性質の
空間を考えることで,現実の物を記述できる,程度のことです。

その内容を知るためには,やはりそれなりに勉強する必要があり
ますが,まぁ,そういう空間で記述するのが一番簡単なのだなぁ,
という捕まえ方で充分でしょう。

最後はやはり煙に巻いたようになりましたが「虚数はなくてはな
らない数」という雰囲気を掴めていただけたら,幸いです。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に