トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2006

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成26年4月18日発行

■ニュースヘッドライン

▽35歳から精子も老化、受精能力も低下か、独協医大調査(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=96769

▽政府検討の混合診療拡大に日医が強く懸念表明(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014041700012.html

▽統合失調症薬ゼプリオンで21人死亡、因果関係不明(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014041800001.html

▽小児がん治療指定の全国15病院、治療後の長期ケアが課題(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO69997840X10C14A4NNMP01/

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  精巣網 (せいそうもう) <rete testis>
  
  ラテン語rete(網)に由来します。
    
イヌの去勢,避妊手術(DVD)
  http://www.3bs.jp/soft/animalvideo/w63619.htm?mmail&d

  犬の精巣摘出術と卵巣・子宮全摘出術の手術をほぼ
  ノーカットで収録。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 4月18日(金)22:00~22:50 NHK総合
      
  総合診療医 ドクターG「手が震える」

      大学でレスリングのコーチを務める35歳男性。
      指導中に足のじん帯を痛めて手術したが後の
      リハビリ中に手が震え熱も出てきた。詳しい
      問診から浮かび上がった意外な病気とは?

▽明日 4月19日(土)20:00~20:45 NHKEテレ
      
  チョイス@病気になったとき「あなどれない!痛風」

      突然激痛に襲われる痛風。痛いだけではなく
      腎臓を痛めるなど深刻な事態に陥いる危険な
      病気。特に足の痛みがない無症状の場合は知
      らず知らずに腎臓を傷めつけているので注意。
      痛風対策で陥りやすい間違った選択も紹介。

      
■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第66回 日本産科婦人科学会学術講演会

 日時:2014年4月18日(金)~20日(日)
 場所:東京国際フォーラム    
    (東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)

出産シミュレータ「SIMone」を展示します。
「SIMone」による分娩シミュレーションを
是非実際にお試し下さい。
他には縫合シミュレーターや
マタニティ教室向けの人気製品も展示します。

 日本産科婦人科学会ホームページ
 http://www.jsog.or.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

      
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 英司

ここ数回、走りについて書いてきたので今回も
運動について一つ。

陸上の短距離で、スタートの合図がなってから
飛び出す、というのは当然だが、なってすぐに
動くと失格だ。
スタートの合図から0.1秒間は動いてはいけない。
この間に動くとフライングで失格。

刺激を受け取ってから体が動き出すのに0.1秒
以上はかかるという予定の元、このような
ルールとなっているのだが、これが大問題。

調べてみると0.1秒以内に反応できる人が
いることが判明してきた。
格技の世界では0.07秒で反応する人たちがいる。
まぐれではなく、複数回調べてもこの結果だ。
短距離界でも0.1秒以内に反応できる人たち
がいることもわかっている。

このような選手が正確に反応したらフライング。

一時、フライングが多発。
当時は1回のフライングは認められていた。
そのため1回は失敗覚悟で勘で飛び出している
選手が多いと考えられ、1回のフライングで失格
とルールが改定された。

勘ではなく、反応速度を限界まで鍛え上げてきた
結果だったのではないかとも思える。

人の限界を超えたトップアスリートの世界に、
すでに超えられてしまった限界値を上限として
設定している、もったいない話だ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に