トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2015

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成26年5月15日発行

■ニュースヘッドライン

▽地域医療介護確保法案衆院委で可決、本日衆院通過見通し(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140515k0000m010124000c.html

▽世界初、妻の左肺に夫の右肺一部移植する生体肺移植成功(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140514-OYT1T50223.html?from=ycont_top_txt

▽小保方氏側は判断も手続きも二重基準と理研を批判(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014051400003.html

▽身元不明で介護施設入所7年間分の生活費を家族に請求か(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140515k0000m040142000c.html

  
--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  陰茎 (いんけい)<penis>
  
  ラテン語penis(尾)からきました。
    
標準型コンドーム装着トレーニング用モデル,20個入
  http://www.3bs.jp/healthcare/sexeducation/w19101.htm?mmail&d

  発泡フォーム製の陰茎モデルです。何度でも再使用可能。
  底部にテープが付いているため固定する事ができ,両手を
  使った装着練習ができます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 5月15日(木)20:00~20:30 NHKEテレ
      
  ハートネットTV リハビリ・介護を生きる
  「おひとりさまの自分介護」(2)

      未婚や死別、離別などでシングルになった
      人も長生きすれば最後はひとり介護が必要
      になるかも。みんながおひとりさまになる
      時、どんな社会の仕組みが必要か考える。

▽明日 5月16日(金)22:00~23:15 NHK総合
      
  NHKスペシャル「集団的自衛権を問う」

      集団的自衛権をめぐる議論が一つの山場を
迎える。安倍総理が基本的方向性を表明。
      歴代政権が踏襲してきた憲法解釈を変更し
      行使容認を目指す動きが本格化。
      政府代表と専門家が徹底討論する。

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第115回 日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会

 日時:2014年5月15日(木)~17日(土)
 場所:ヒルトン福岡シーホーク  
    (福岡県福岡市中央区地行浜2-2-3)

平衡聴覚器や頭蓋骨などの模型のほか、
耳鼻科向けコンテンツを多数収録したソフト
「3Dアナトミー,耳鼻咽喉科・頭頚部外科版」
を展示します。

 日本耳鼻咽喉科学会ホームページ
 http://www.jibika.or.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 
    
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

ゴールデンウィーク後半は比較的お天気にも恵まれたので
うちのモルたちを公園へお散歩に連れ出しました。

モルモットは必ずしもお散歩が必要なわけではありません。
でも、いつも狭いゲージでこじんまりとしているより、
たまには広い世界を体験させたい、という単なる飼い主の
思いから、新鮮なクローバーやタンポポ、オオバコなどが
生えている自然公園に連れて行きました。

又、モルにはウサギやフェレットのようなリードはつけず、
いわば放し飼い状態ですが、むしろ広い場所はとまどう
ようで、それほど動き回る様子もなく、迷子になる心配は
ほとんどありません。

むしろ、普段運動不足なのだから少しは動け!と言いたい
程でしたが・・雑草食べるのに夢中で、全く動こうとせず。

ただ、カラスやトンビには要注意です。
早速、珍しい動物がいるぞ、といわんばかりにカラスたちが
遠巻きにこちらの様子を伺っているのがわかったので、敢えて
人がたくさんいる場所に移動して諦めさせました。
トンビにいたっては音も気配もなく背後からさーっと飛んで
来るので、彼らが大空高く舞っていればお散歩は即中止です。

さて。
人から見ても、足元のまんまるい毛むくじゃらの塊が突如
動けばドキッ、とするようです。
なっ、なんなんだ?この生き物は!?という感じで思わず
凝視する人もいれば、
「これってなんですか~? 犬でもないみたいだし、
ちょっと来てみました~」なんて、わざわざ近寄って
撫でてくれる人も半々。

モルは暑さにも寒さ、直射日光にも弱いので、春や秋の
本当に限られた時間、朝方とか夕方くらいしか連れ出せ
ませんが、飼ってらっしゃる方は宜しければ上記のことに
気を付けてお散歩に連れていってあげてください。

私もたまにはよそ様のモルちゃんたちに
公園でお会いしたいものです。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に