トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2031

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成26年6月6日発行

■ニュースヘッドライン

▽認知症で行方不明昨年1年間1万322人、未だ151人所在不明(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=99640

▽18年間身元不明だった男性の身元照会は保護直後の2回のみ(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014060600002.html

▽日本で看護師介護士目指すベトナム初の候補生壮行会(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014060500017.html

▽検証実験参加のためSTAP論文撤回に同意、今後の焦点は(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=99633

 

--------------------------------------------------------------

<ネット販売限定!未使用品セール中>

  全身骨格模型や関節模型、脊柱模型、
  筋肉模型や内臓模型などがすべて「半額!」

  在庫もそれぞれ僅かとなりました。
  人気商品からどんどん売れてます。

  まずはこちらからチェック↓↓
http://www.3bs.jp/sale/stock_sale.htm

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  処女膜 (しょじょまく)<hymen>
  
  ギリシャ語ヒュメーン(膜)に由来します。
    
性のしくみと働き(DVD)
  http://www.3bs.jp/soft/health/w66230.htm?mmail&d

  思春期におけるからだの発達,男女の生殖器の構造,
  精子と射精,卵子と排卵,女性の性周期と月経の
  しくみなどについて解説しています。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 6月6日(金)22:00~22:50 NHK総合
      
  総合診療医 ドクターG「フラフラして立ち上がれない」

  時計職人の65歳男性が自治会の活動で河川清掃
  中に転倒し後日、謎の痛みに悩まされるように。
  修理の手もはかどらずついに5日後フラフラして
  立ち上がれなくなった。その原因とは?

 

▽明日 6月7日(土)20:00~20:45 NHKEテレ
      
  チョイス@病気になったとき「尿の悩み」

  尿の悩みで最も多いのが頻尿。歳のせいではない、
  ぼうこうの異常が原因。中には命の危険に直面す
  る頻尿も。頻尿の診断と治療のチョイスを紹介。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは来週
6月10日(火)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第24回日本顎変形症学会総会

 日時:2014年6月10日(火)~11日(水)
 場所:アクロス福岡   
    (大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51)
    

骨切・骨削用骨模型の新製品
「3B Orthobones」展示します!

頭蓋骨模型やソフトウェアにもご注目ください。

 日本顎変形症学会ホームページ
 http://gakuhenk.umin.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!  

 

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 英司

妻が子供と川の生物採集に行こうと提案。
それはおもしろそうだが、さてどこに行こうか?

いまだに近所の地理に疎く悩んだ結果、車で5分
ほどのところにある山を訪れた。

水はきれいだが、小川とは呼べない大きさと流量で、
思うような採集ができない。疎いことが悔やまれる。

魚網をもって行ったのだが、この川に対しては
装備が軽すぎる。

思うようにいかず子供も飽きてきたので、方針転換。
網はあきらめて石の裏を調べることに。

すると、いた!
プラナリアだ。1cm程と小さめだが間違いない。

プラナリアというのは総称で、正式にはウズムシ。
日本でみつかるのは大抵ナミウズムシだ。

子供もテレビでプラナリアを見たところだったので、
その存在を知っていた。いいタイミングだ。

これがテレビで見たあの!と喜んでいた。

プラナリアといえば再生力の高さが有名。
2つに切断すると切断面から再生が始まり2匹になる。

プラナリアの専売特許のようなこの再生力、プラナリア
以外にも有している生物が身近にいる。
コウガイビルがその一つ。

コウガイビルもウズムシ目なのでプラナリアと呼ばれる
ナミウズムシに近い生物。

しかも大きい。
プラナリアが2cmほどなのに対して、コウガイビルは10cm超え、
30cmを超えるものも珍しくない。

大きいおかげで観察もしやすいし扱いやすい。

しかも川に行かなくても、畑や住宅地でみつけることができる。
以前ミスジコウガイビルを自宅の敷地内で見つけたことがある。

プラナリアを探さなくてもこれでいいや、と思えそうだが・・
・・・見た目が気持ち悪い・・・。

扇状の頭、ヒルのような形状で、やたら細長い体。

子供はこれを見つけて"やったー"と喜んではくれないだろう。

ミスジコウガイビルの時も見つけた妻は「何?気持ち悪い!」
と私に報告に来た。あぁそんな気持ち悪いのはコウガイビルだな
と確信して見に行った覚えがある。

私は見つけるとちょっとうれしく思うが、それでも
飼育したいとも、触りたいとも思えない。

いや、プラナリアだって小さいからいいのだと思う。
あれが30cmもあったら、たぶん気持ち悪い。

川で見つけたプラナリア、子供も最初は喜んでいたが、
しばらくして「こんなに小さいの?」と。
いや、大きすぎないほうがいいのだよ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に