トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2036

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成26年6月13日発行

■ニュースヘッドライン

▽iPS細胞経ずに効率良く心筋細胞へ変化させることに成功(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140612-OYT1T50049.html?from=yrank_ycont

▽小児63人に使用禁止の麻酔薬投与、数日~3年後12人死亡(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014061300004.html

▽患者の透析チューブ引き抜き殺人未遂、死刑願望の医師(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=100026

▽理研設置の改革委員会が再生研の解体提言、再発防止を(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140613k0000m040061000c.html

 

--------------------------------------------------------------

<ネット販売限定!未使用品セール中>

  全身骨格模型や関節模型、脊柱模型、
  筋肉模型や内臓模型などがすべて「半額!」

  在庫もそれぞれ僅かとなりました。
  人気商品からどんどん売れてます。

  まずはこちらからチェック↓↓
http://www.3bs.jp/sale/stock_sale.htm

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  羊膜 (ようまく)<amnion>
  
  ギリシャ語アムノス(小羊)からきました。
    
出産説明ミニセット
  http://www.3bs.jp/model/preg/w43092.htm?mmail&d

  ポケットサイズの胎児,子宮,骨盤,胎盤,臍帯,羊膜の
  セットです。羊膜は巾着式になっており,羊膜に包まれた
  胎児を再現できます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 6月13日(金)22:00~22:50 NHK総合
      
  総合診療医 ドクターG「手がしびれる」

  手打ちそば屋を営む63歳男性。1年前、息子が
  後を継ぎたいと店に出るようになりその無器用
  さにストレスを感じていた矢先、右手がしびれ
  るように。半年後今度は左手もしびれるように
  なったが老化のせいか、他の悪い病気のせいか。

 

▽明日 6月14日(土)19:56~20:54 日本テレビ
      
  世界一受けたい授業
  「でんじろう先生と安藤美姫がコラボ実験!科学の力で4回転?」

  白髪や口臭に悩む子どもが増加、心筋梗塞や痛風
  など今まで中高年特有の病気だったのが若い人に
  広がっている。若年化する病気の原因と対処法を
  紹介。他、美術品の価値を見抜く目利き術やでん
  じろう先生の驚きの大実験も。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
6月14日(土)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第32回日本顎咬合学会学術大会

 日時:2014年6月14日(土)~15日(日)
 場所:東京国際フォーラム B2F展示ホール   
    (東京都千代田区丸の内3-5-1)
    

骨切・骨削用骨模型の新製品
「3B ORTHObones」展示します!

頭蓋骨模型やソフトウェアにもご注目ください。

 日本顎咬合学会ホームページ
 http://www.ago.ac/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 英司

今回もプラナリアのお話を。

プラナリアと言えば、2つに切れば2匹に増える
再生能力の高さがうり。
体は次第に元通りになるのはわかったが、
さて、記憶はどうなっているのか?

プラナリアは頭部に脳を持っている。
脳と言っても哺乳類とは大きさも形もかなり異なるが、
神経系が複雑に発達した、まぎれもない脳だ。

プラナリアを腹部で2つに切れば、
頭側には脳が残るので当然記憶は保持される。

では尾側から再生された個体はどうなのか?

尾側から再生された個体も基本的な生活ができる
ので、生存するうえでの必要な情報は脳以外にも
保持されていることは明らかだ。

では、誕生後に得られた記憶は?

記憶を調べた実験がある。
まず、表面がざらついたところに餌を置き、
ざらついたところに餌があることをプラナリアに
記憶させる。

記憶させたプラナリアと何もしていないプラナリア、
を置き、ざらついたところにある餌にたどり着く
時間を比べる。ざらついたところにはプラナリアの
嫌う光を当てておく。

なにもしていないプラナリアは光を嫌い餌に
たどりつけないが、記憶させたプラナリアは
光を受けながらも餌にたどり着けた。

さて、この記憶のあるプラナリアを切断して2個体にする。

頭部側から再生した個体は餌の場所を記憶しているが、
尾側から再生された個体は?

餌への到達時間は記憶なしのプラナリアと違いがなかった。
やはり記憶は無いように思われる。

しかし、経験知の断片が確認された。

尾側から再生された個体と何もしていないプラナリアに
餌の場所を記憶させたとき、再生された個体のほうが
習得が明らかに早かったというのだ。

脳に記憶があるのは間違いないが、脳以外でも
記憶を保持しているというわけだ。

昔経験したことは体が覚えている、なんて表現するが、
まさにその通りなのかもしれない。



※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に