トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2055

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成26年7月11日発行

■ニュースヘッドライン

▽救急車を病院に常駐、医師や救命士乗せ素早く対応可能に(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO74038950Q4A710C1NNMP01/

▽肉腫や小児がんなど無料電話相談、希少がんセンター開設(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=101644

▽刑法犯前年同期比5.2%減でも詐欺は11%増、特に"売りつけ"(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140711k0000m040128000c.html

▽四国八十八ヶ所霊場会、御利益があるお砂踏み体験を特養で(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=101592

 

--------------------------------------------------------------

      < 新着動画のご案内 !>

  C14:頭部ハーフモデル
http://www.3bs.jp/video/model_v/c14_v.html?mmail&d

   この製品の説明ページはちらです↓↓
   http://www.3bs.jp/model/head/c14.htm?mmail&d

   動画では反対側のが顔面の様子(神経や血管の伸び具合など)が
   よく見られます。

   (在庫数:本日9:30現在、残り5台!)

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと比較・・・今日の言語 

  日本語:指骨
  英 語:phalanges
  独逸語:Fingerknochen
      
手の骨モデル,ワイヤーつなぎ,左
  http://www.3bs.jp/model/parts/a40l.htm?mmail&d

  指骨,中手骨,手根骨を観察できる手の骨モデルです。
  ワイヤーで接続した手根骨・指骨には若干の可動性を
  与えているため,ある程度形を変えることができます。
 
--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 7月11日(金)22:00~22:50 NHK総合
      
  総合診療医 ドクターG「母が食べない 口もきかない」
 
  転倒し大腿骨骨折、1年前から要介護の84歳女性、
  1週間前から何も食べず、口もきかなくなった。
  訪問診療したドクターGは病気の原因につながる
  ある事実を知る。長年診てきた家庭医だからこそ
  わかったあることとは?

▽明日 7月12日(土)21:00~23:10 フジテレビ
      
  土曜プレミアム・池上彰緊急スペシャル!2014年
  何を狙う? 北朝鮮
 
  北朝鮮について一部生放送で徹底特集。今年、
  日朝がついに拉致問題の再調査に合意した。
  なぜこの時期北朝鮮は動いたのか、どんな狙
  いがあるのか。 国連が認めた恐るべき強制
収容所の実態など北朝鮮の今を徹底解説。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
7月18日(金)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第46回日本医学教育学会大会

 日時:2014年7月18日(金)~19日(土)
 場所:和歌山県立医科大学紀三井寺キャンパス    
    (和歌山県和歌山市紀三井寺811-1)

タブレット端末でCPR手技の
評価を表示、管理できる新製品
「CPRリリー Pro」を展示します!

 日本医学教育学会ホームページ
 http://jsme.umin.ac.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート 英司

前回、静脈の色の話を書いたので色つながりの話を。

カラスの絵を描くとき、どんな色を塗るだろうか?
思い浮かべてみてほしい。

子供の絵本にカラスが描かれていたのだが、
体は黒く塗られ、くちばしが黄色で塗られていた。

いや、これはおかしい。
結構このように描かれていることがあるのだが、
そのたびに思うのは
それでは九官鳥だ。

カラスはくちばしまですべてが黒。

これは気づく人も多いだろう。

では次。

キリンを描くときはどの色をつかうだろうか?
黄色地に黒で網目を描く?
黄色地に茶色で網目を描く?

どんな色を想像しただろうか

茶色地に肌色で線を描くのが正しい。
キリンの色で大部分を占めるのが濃い茶色で、
イラストでよく使われる黄色は地にも網にも見られない。

カラスもキリンも写真でみれば一目瞭然で、前回と
違い錯視などの要素はない。
しかし、人は実物の記憶よりも抽象化されたイメージ
のほうをより強く覚えていたりする。

間違った色で覚えているもの、身近にもたくさん
あるかもしれない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に