トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2060

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成26年7月18日発行

■ニュースヘッドライン

▽ふくらはぎの細胞を成形し心臓に移植、女児の心機能改善(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140717/scn14071709510001-n1.htm

▽がん治療に関わる緩和ケア研修受けた医師目標の半数以下(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=102020

▽やせる広告で販売、健康食品会社に措置命令、医師も偽物(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014071700009.html

▽小保方氏論文調査結果まとめ、学位取消には該当せず(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014071700008.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと比較・・・今日の言語 

  日本語:大腿骨
英 語:femur
独逸語:Oberschenkelknochen

右大腿骨 ORTHObones
http://www.3bs.jp/orthobones/w19121.htm?mmail&d

  骨切り,骨削り練習用の右大腿骨モデルです。
骨端-骨幹端間の断面で硬く緻密な皮質骨,
柔らかい海綿骨,髄腔を確認できます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 7月18日(金)20:00~20:45 NHKEテレ

団塊スタイル
「つまずき・ふらつきがサイン!50代からの転倒予防」

超高齢化に伴い転倒事故が年々増加。平らな廊下
なのにつまずいたなど50代の声も。体力が衰える
50代が転倒の危険性があると専門家も指摘、その
理由を解析。又、歩きスマホで高齢者が転倒事故
の加害者になる危険性も紹介。

▽明日 7月19日(土)21:00~22:15 NHK総合

NHKスペシャル シリーズ日本新生
「超人手不足時代がやって来る」

介護や建設、外食など様々な業界で広がる人手不足。
少子高齢化で労働力減少が急速に進み、日本経済や
社会保障に深刻な影響が出る予測から、危機回避の
ために外国人の受け入れ拡大と女性の社会参加に絞
って徹底議論。日本で働く外国人の本音トークも。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第46回日本医学教育学会大会

 日時:2014年7月18日(金)~19日(土)
場所:和歌山県立医科大学紀三井寺キャンパス    
(和歌山県和歌山市紀三井寺811-1)

タブレット端末でCPR手技の評価を
グラフィカルに表示できる新製品
「CPRリリーPro」を展示します!

 日本医学教育学会ホームページ
http://jsme.umin.ac.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 岩子

また、うちのモルの話で恐縮です。
抜糸も済み、しばらくは強制給餌が続くだろうと覚悟は
していましたが、まさか、下半身不随になるとは思っても
みませんでした。

これも手術の後遺症なのでしょうか?

前肢だけで体重移動をしようとして、下半身を引きずる
形で移動しています。
給餌ではイモのドロ煮や流動食を食べさせているので
軟便なのですが、それでも出しにくそうにしています。
お腹から足にかけてどこかの部位の筋肉が痛いのかも
しれません。

そういえば抜糸の時に後肢の足裏に潰瘍ができていたのが
わかり、しばらくクリームを塗っていましたが、その時点
から痛くて足に変な体重のかけ方をしていたのでしょう。

潰瘍は治りましたが、後肢両方がだらんとして、この間
までは両足をまっすぐ外側に投げ出していたかと思えば、
今日になったら横座りのような感じで、右足と左足両方が
左方向を向いていました。

どう見ても正常な姿勢ではありません。
元にもどそうとすると痛がってみーみー泣きます。

体重も足で支えきれなくなったのだろうし、当然便を出す
力も弱まっているようで、ズルズル流れ落ちた軟便の上に
お腹をついている状態なので、異臭もします。
(食事中にこれ読んでいる人がいたらすみません)

動物病院に連れて行きましたが、やはり原因不明でした。
食べる量が少なくなって筋力が低下したか、神経がやられた
のかもしれないということでしたが、動物病院でもできる
処置には限界があり、痛み止めの点滴を打ち、抗生剤を
飲ませて様子見るしかありません。

私は多分神経が原因か、線維筋痛症のような病気では
ないかと考えています。

給餌の都度シートを交換し、痛いのだろうけどだっこ
しながら後肢を曲げたりしてたまった軟便を出し、
ストレスになるのだろうけど毎日ぬるま湯でお腹と
おしりを洗っています。
まるで要介護3以上の高齢者のようです。

かわいそうです。
でも、安楽死はどうしてもできません。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に