トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2091

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成26年9月9日発行

■ニュースヘッドライン

▽広島土砂災害で捜索活動に携わった消防隊員の5%にPTSD懸念(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140909k0000m040136000c.html

▽ラスカー賞に森京大教授、細胞内器官異常解消の仕組み解明(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014090900001.html

▽中学3年生以下にインフルワクチン全額補助へ、埼玉県飯能市(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=104745

▽練馬区が新聞販売店や宅配会社など16団体と高齢者見守り協定(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=104744

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:有頭骨(四肢動物の前肢を構成する短骨の一つ)
英 語:capitate
独逸語:Kopfbein

自由上肢骨モデル,右
http://www.3bs.jp/model/parts/a45r.htm?mmail&d

  手根骨,指骨,前腕骨,上腕骨を観察できます。 
手首は可動型で掌屈・背屈が可能です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 9月9日(火)20:00~20:30 NHKEテレ

ハートネットTV シリーズ20代の自殺1
「生きる力を奪う生い立ちのトラウマ」

  日本では20代の死因の半数を自殺が占めている。
幼少期に虐待やいじめなど体験し心に深い傷を
負っている実態がメールの分析から明らかに。
心の傷が成人後の人生にどう影響を及ぼしてい
るのか生きることへの希望を取り戻すための
ヒントを探る。

▽明日 9月10日(水)23:25~23:50 NHKEテレ

オイコノミア「働く女と男の経済学!」(後編)

  安倍政権は女性の活躍推進を図っているが賃金や
昇進で未だ男女の格差があり、日本女性の賃金は
男性の賃金の6割程度。出産や育児で退職の傾向が
あるので女性というだけでそういうものだと判断
する統計的差別が生じていると分析。男女間格差
解消のヒントにノルウェーの事例も取り上げる。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
9月13日(土)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第44回日本口腔インプラント学会学術大会

 日時:2014年9月13日(土)~14日(日)
場所:東京国際フォーラム B2F展示ホール   
(東京都千代田区丸の内3-5-1)

骨切・骨削用骨模型の新製品
「3B Orthobones」展示します!

頭蓋骨模型やソフトウェアにもご注目ください。

 日本口腔インプラント学会ホームページ
http://www.shika-implant.org/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート Yoshi

新潟には、弥彦山という観光地がありまして、その山の
麓には地元の野菜を使った料理を提供するイタリアン
レストランがあります。
夜6時くらいから、そこで父、姉、私で食事をしていました。
他にお客様もいなく閉店時間を少し過ぎたころお会計を済ませ、
退店しようとした時、1人の外国人のお客様が入ってきました。

少し困った様子で、やはり食事に来たのではなくその夜の
宿を探してるとの事。2人の娘さんも一緒で、店の主人が
電話で地元の民宿やホテルに連絡を取ってみましたが、
予約で埋まっているとの事でした。あいにくホテルなどに
泊まれる可能性は低い事を伝えましたが、私たちもその
ご家族の状況を考えるとそこをすぐ離れることはできず、
可能なアイディアを出しあい、そしてお店の主人も策を
考えるため奥のスタッフに相談しています。

少しすると、お父様はそのレストランの外の縁側といえば
いいんでしょうか、そこを指さし"ここでいいから明日まで
寝てもいいかな?"と。
もちろん私のレストランではないので、お店の主人にその
希望を伝えました。外は真っ暗、床面もごつごつ、外には
虫がいっぱいです。

娘さんは中学生なのでおそらくお父さんは私とあまり
変わらない年齢だと思いますが・・・本当にタフですね。
娘さん達も寝袋を持ってきて、"外で大丈夫です。
お願いします"ということで、お店の御主人も了解し
そこに泊めてあげることになりました。
レストランにはシャワーがないことを気にかけてくれた
ご主人が、24時間開いている温泉にも連れて行ってくれる
との事でした。外とはいえ、建物の近くなら安心です。
こうしてようやく帰路に立つことができました。
珍しい出会いに写真もパチリ。

特に道に迷ったわけでもなく、長期の休みでドイツから
日本に旅行に来て、成田から家族でレンタカーで各地を
観光していたんですね。特に決まった日程もないこの旅行
スタイルは、羨ましいですね。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に