トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2102

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成26年9月26日発行

■ニュースヘッドライン

▽危険ドラッグ事故死の女児の両親が国に対策強化を要請(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140926k0000m040142000c.html

▽広がらない自転車の車道走行、歩道で正面衝突、死亡も(毎日新聞)
http://mainichi.jp/feature/news/20140926mog00m040002000c.html

▽都内初、セアカゴケグモ十数匹マンションで発見(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASG9T65PKG9TUTIL03V.html

▽へき地で頑張るやぶ医者大賞決まる、兵庫県養父(やぶ)市(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014092600005.html

 

--------------------------------------------------------------

      < お知らせ >

 筋の起始停止の表示,靭帯付き,脊柱可動,
全身骨格の上級モデル,吊り下げ型(A13/1)の
動画がYouTubeにアップされました!

  サム・骨格モデル ~スーパースケルトン~,
吊り下げ型スタンド仕様(A13/1)
http://www.youtube.com/watch?v=Pgx0n92ErD0

  腕や足など各部位の細やかな可動性や,組み立て時の
ネジ止め方法もよくわかります。

  製品説明ページはこちら↓↓
http://www.3bs.jp/model/skel/a13_1.htm?mmail&d

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:喉頭蓋軟骨
英 語:epiglottic cartilage
独逸語:Kehldeckelknorpel

小児気道管理トレーナー
http://www.3bs.jp/simulator/als/w44442.htm?mmail&d

喉頭蓋,披裂,仮/実声帯,気管,肺,食道,胃と
解剖学的ランドマークを備え,基本的な気道管理の
手技に加え,舌の炎症や喉頭痙攣への対応が練習
できる,8歳児の患者の体型に基づいて作製された
小児気道管理トレーナーです。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 9月26日(金)22:25~23:15 NHK総合

総合診療医 ドクターG「夏バテが治らない」

  シーズン5最終回。妻の実家の電器店で働いて
いる35歳男性。2週間前から体がだるく微熱が
続いているが、最近は視界もぼやけるように。
義父との人間関係によるストレスが原因か?
ドクターGが鑑別診断を思わぬ方向に導く。 

▽明日 9月27日(土)20:00~20:45 NHKEテレ

チョイス@病気になったとき
「まとめスペシャル 健康診断活用と運動不足解消」

  健康診断の結果はもらったがどうすればいいの
かわからない。健診結果の見方と体改善に役立
つ運動不足解消法を紹介するスペシャル版。  

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 英司

さて、前回の続き。
ヨーグルトは酸で固まっているので、乳に酸を添加すれば
ヨーグルトの出来上がり、と書いた。

発酵食品のヨーグルトは菌が乳酸発酵で作り出した乳酸
により固まっているわけで、酸を人為的に添加するのは
邪道かもしれない。

しかし、伝統的なヨーグルトでも酸の添加は行われる
こともあった。

ヨーグルトの聖地、ブルガリア。
ここではヨーグルトを早く作るための方法として、
温めた牛乳に蟻(アリ)を入れることがあった。

蟻には蟻酸(ギサン)という酸が含まれている。
この蟻酸がほしいのだ。
ヨーグルトには主にサーモフィラス菌とブルガリア菌
の2種類の乳酸菌が働いている。

まずサーモフィラス菌が乳の中のアミノ酸などを利用
して増殖、同時に蟻酸が作られる。
次に蟻酸を養分としてブルガリア菌が増殖する。

サーモフィラス菌はタンパクの分解が苦手だが、
ブルガリア菌がタンパクを分解するのでこれにより、
増殖しやすくなる。
しかし、ブルガリア菌は蟻酸を必要とし、蟻酸は
乳には含まれていないのでサーモフィラス菌が
最初に働く必要がある。

というわけで、発酵の初期段階では、サーモフィラス菌に、
苦手な環境で頑張ってもらうしかないのだ。

ここに蟻を入れると、蟻の持つ蟻酸を材料にブルガリア菌
が最初から増殖できるので、ヨーグルトが早くできる。

そういうわけで、ブルガリアではヨーグルトを早く作る
方法として蟻の添加が行われていた。

衛生的な蟻酸が手に入る今、蟻を入れることはない。
ありがたい反面、面白みが減ったと思ってしまう自分がいる。

蟻の食用といえば、他にも蟻を紅茶にいれるところがある。
ツムギアリはレモンのような味がするそうで、紅茶に入れ
るとレモンティー風味になるそうだ。酸味は蟻酸由来だ。

日本の蟻はレモン味ではないのであしからず。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に