トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2109

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成26年10月7日発行

■ニュースヘッドライン

▽来年1月から障害福祉サービス対象難病を153に拡大へ(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014100600009.html

▽弁当や総菜が健康な食事か示す基準とマーク決定、厚労省(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014100600008.html

▽27年度介護報酬引下げで調整、職員処遇改善施設は加算(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/141007/lif1410070007-n1.html

▽絵画や立体造形で脳活性化目指す臨床美術の取り組み(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=106128

 

--------------------------------------------------------------

      < お知らせ >

 経鼻挿管にも対応,リアルな感触で気道管理の練習が
できる AirSim(エアシム)マルチ(W47402)が
動画がYouTubeにアップされました!

  バッグマスク換気のトレーニングにも対応
AirSimマルチ(W47402)
http://www.youtube.com/watch?v=YCk8kUoYec4

  喉頭鏡や経鼻挿管、バッグマスク換気など、一連の
操作がわかりやすい構成となっています。

  製品説明ページはこちら↓↓
http://www.3bs.jp/simulator/als/w47402.htm?mmail&d

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:胸鎖乳突筋
英 語:Sternocleidomastoideus muscle
独逸語:Kopfwender

中心静脈内挿管(CVC)シミュレーター
http://www.3bs.jp/simulator/catheter/w44017.htm?mmail&d

胸骨頚切痕は加圧すると沈下し,胸鎖乳突筋,鎖骨なども
実際に忠実です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 10月7日(火)19:00~21:48 テレビ朝日

たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭の医学 セカンドオピニオンSP

  長引く治らない症状の本当の原因をもう一度探る。
日本人の4人に1人が悩む腰痛、50歳以上の半数が
抱えているという高血圧、50代以上の3割が悩む
動悸、原因不明の肩こりなど名医が下したセカン
ドオピニオンとは?

▽明日 10月8日(水)20:00~20:43 NHK総合

ためしてガッテン
「取り戻せ免疫パワー 体温計で命を守る秘術」

  朝までぐっすり眠りたい。その願いを叶えるには
発熱力が必要。肺炎や感染症にも打ち勝つにも、
発熱力があれば実現できる。いざという時体温を
上げるには?放っておくと危険な微熱とは?

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは今週
10月9日(木)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★日本脳神経外科学会第73回学術総会

 日時:2014年10月9日(木)~11日(土)
場所:グランドプリンスホテル新高輪    
(東京都港区高輪3-13-1)

頭蓋骨や脳などの模型のほか、頭頚部の
解剖ソフトなど人気製品を展示します。

 日本脳神経外科学会ホームページ
http://jns.umin.ac.jp/

 

又、10月10日(金)から開催される下記学会にも出展いたします。

★第7回日本国際歯科大会併催 ワールドデンタルショー2014

 日時:2010年10月10日(金)~12日(日)
場所:パシフィコ横浜   
(横浜市西区みなとみらい1-1-1)

注目の頭蓋骨模型やソフトウェアを展示します。
骨切・骨削用骨模型の新製品
「3B Orthobones」にもご注目ください!

4年に1度のワールドデンタルショーで
気になる製品をぜひご確認下さい。!

 ワールドデンタルショー2014
http://www.quint-j.co.jp/web/world141010/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 微

最近,羽生善治さんの本を読んでいます。将棋の指し方という方
面ではなく,新書版で出ている随筆の方です。

将棋は子供の頃に指したっきりで下手です。一時,子供に付き合
って対戦してましたが,直ぐに平手で差しても良い勝負どころか
負けが込むようになり,相手にされなくなりました。

ですので将棋には疎いのですが,最近目にした羽生さんの言葉に
驚かされました。コンピュータ将棋が強くなり,プロ棋士が対戦
しても負けが多くなった事に関連しての言葉です。

「将棋がコンピュータによって完全解明されてしまったら、
どうするんですか。という質問に、羽生はケラケラ笑い
ながらこう答えた。
そのときは、桂馬が横に飛ぶとかルールを少しだけ変え
ればいいんです。」

元は週刊ポストの記事だったようですが,インターネットで読め
ます。
http://news.mynavi.jp/news/2014/04/24/565/

この言葉の受け取りようは人によって違うでしょう。
わたしは「こんな事を言える人は,どういう事を考えているのだ
ろう?」と惹かれて読み始めました。

機会があれば感想も書きたいと思います。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に