トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2130

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成26年11月7日発行

■ニュースヘッドライン

▽もらい乳、全国NICUの25%が実施 殺菌せず感染例も(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=107876

▽認知症新対策プラン年内にも策定、国家戦略との位置づけ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20141107k0000m010077000c.html

▽日本発「認知症サポーター養成講座」が各国で注目(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/141106/lif1411060027-n1.html

▽高齢者などマンション災害弱者の支援考える図上訓練(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20141107k0000m040138000c.html

 

--------------------------------------------------------------

      < お知らせ >

  
細部まで精密に再現された1/2サイズの小型全身骨格模型
(A18)がYouTubeにアップされました。  
↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=vzvHBkgoY8s

  小型だけあって、上肢、下肢全体の可動性は
標準型骨格モデル(A10)
http://www.youtube.com/watch?v=cj9oIbmtG10
よりも、わかりやすいのではないでしょうか。

  チャンネル登録、宜しくお願いします!

  製品説明ページはこちら↓↓  
http://www.3bs.jp/model/skel/a18.htm?mmail&d

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:鼻中隔下制筋
英 語:Depressor septi nasi
独逸語:Senker von Nasenspitze und -scheidewand

頭蓋,下顎開放・筋色表示,3分解モデル
http://www.3bs.jp/model/skull/a22_1.htm?mmail&d

歯根部,筋,主要な動脈・静脈などを観察できます。
このモデルで鼻中隔下制筋は5番です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 11月7日(金)19:30~19:58 NHK総合

特報首都圏
「あなたは狙われている~広がる新型振り込め詐欺~」

  1日平均1億4千万円。高齢者を狙う振り込め詐欺の
全国での被害額は過去最悪のペースで増え続ける。
なぜだまされるのか?幾重にも心理的なわなを仕
掛ける犯人グループの新たな手口とは?進化する
詐欺の実態と予防策について検証する。

  
※フィギュアグランプリシリーズ2014 
中国大会 女子ショート・男子ショートは
11月7日(金)19:30~21:54 テレビ朝日にて

▽明日 11月8日(土)18:56~21:45 テレビ朝日

フィギュアグランプリシリーズ2014 
中国大会 女子フリー・男子フリー

  羽生結弦の今シーズン初戦。村上佳菜子、
ユリア・リプニツカも参戦。村上佳菜子は
ショートもフリーも「オペラ座の怪人」。
ショートでは歌姫クリスティーヌ、フリーは
怪人ファントムを演じる異例の一人二役。  

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 英司

前回は、グリコーゲンローディングについて書いた。
怪我で練習期間が十分に取れないため、体力、
スタミナを補うために策を弄しようという話だ。

本番3日前から練習量を減らし、炭水化物摂取量は
増やすことで体内グリコーゲン量はばっちり。

二つ目の策は当日行うハイパーベンチレーション。
本来は息ごらえを長くするための方法。
深く息を吸って吐く深呼吸を早く、連続して
行うもので、短時間で大量の空気交換を行う。

ハイパーベンチレーションを行っても体内の酸素分圧には
大きな変化はない。しかし、二酸化炭素分圧が低くなる。
息が苦しいと感じるのは、二酸化炭素分圧が高くなるため。
酸素分圧の低下ではない。
ここが大事。

ハイパーベンチレーションで酸素分圧を上げることが
できなくても、二酸化炭素分圧が下がっていれば
息苦しさを感じにくくなるのだ。

よって、ハイパーベンチレーションは水中に潜る時は危険だ。
体内の酸素を使ってしまっているのに苦しさを感じないので、
大丈夫と思っているうちに酸欠から水中でいきなり意識を
失ってしまう場合がある。

また、ハイパーベンチレーションは要は過呼吸なので、
やりすぎると失神の恐れがある。

今回は200m走るだけ。200mは基本は無酸素運動。
酸欠になる恐れはないし、呼吸を止めるわけでもないので
やりすぎにさえ注意しておけば安全だ。

基本は無酸素運動といっても、運動不足のお父さん世代なら、
200mを息を切らさず走り切れる人は少ないはず。

グリコーゲンは蓄えた、
復帰10日ではあるが、ある程度体力は回復した、
ハイパーベンチレーションで後半に苦しむこともない、
よし、できるだけのことはした。

たかが地区運動会のリレーでやりすぎ?
大人げない?
否、「1位になってね」という子供の期待を背負っているのだ。

さて、出番となってメンバーが招集された。
アンカー走者が1列に並ぶと、あれ?
お父さん世代はどこ?

周囲の話からするに、各地区、高校生、大学生を連れてきた。
しかも運動部。一人に至っては陸上部。
お父さん世代は私一人。

話が違うじゃないか。

各地区ともたかが地区運動会にやりすぎだ!
大人げないぞ!

服装から明らかに陸上やってますって学生がいるではないか。
何てことだ。

複雑な思いを整理する間もなくレーススタート。

バトンが私に回ったとき、私の前方で2人の走者が
ほぼ並んで争っている。そこまで約7m。

スタート時、加速に失敗。
うーん、怪我のためスタート練習は前日にしか
できなかったのが響いた。筋力も足りていない。

厳しいと感じながらも、80mを超えたあたりから、
前方2人の背中が近づいているのを感じる。

差が縮まる。トップスピードとスピードの維持は
私のほうが上のようだ。
100mを超えたあたりからさらに顕著に差が縮む。
その差5mを切ったか。

わずかに、抜けるかもと期待が。
10代相手でも行けるではないか。

ヨーロッパ選手権の女子1万メートルではイギリスの
ジョー・パベイが40歳で金メダルを獲得している。
いけるぞ!

ついにその差2m!

と、ここで無情のゴール。

終了後、妻から「あと50mあれば抜けたね」と。
何よりの一言だ。

わが子よ、抜けはしなかったが
アンカーの中で、父さん最速だっただろ。
これで満足してくれるだろうか?

と、子供の顔を見るとなんだか浮かない顔。
この程度では不満だったか?

と妻が「前を通り過ぎるのが一瞬過ぎて、
走ってるところわからなかったみたい。
ゼッケンで服もわからなかったし。」

・・なんだかいろいろと次回に持ち越しだ。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に