トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2132

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成26年11月11日発行

■ニュースヘッドライン

▽アルツハイマー関連たんぱく質の目印物質を血液中に発見(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20141111k0000e040154000c.html

▽腸チフスの国内感染増加、飲食店で集団食中毒も発生(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/141111/lif1411110015-n1.html

▽がん細胞退治する幹細胞開発、ハーバード幹細胞研など(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/141111/lif1411110008-n1.html

▽セグウェイの技術使った車いす型移動用ロボット試走へ(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014111100001.html

 

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:口蓋帆張筋
英 語:Tensor veli palatini
独逸語:Gaumensegelspanner

医学チャート:筋肉系(ポスターサイズ)
http://www.3bs.jp/chart/anatomychart/vr7118b.htm?mmail&d

全身の筋肉の構造を確認できる医学チャートです。
B2サイズ:51x73cm

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 11月11日(火)19:30~19:56 NHK総合

クローズアップ現代
「長寿ペットと高齢者~老いの日々をどう生きる~」

  老後の伴侶としてペットを飼う高齢者のうち
ペットを大事にするあまり近所と交流が薄れ
社会から孤立する人が現れてきた。この社会
問題をどう捉えていくのか。

▽明日 11月12日(水)20:00~20:43 NHK総合

ためしてガッテン「3分で8割減!肝臓がん撲滅SP」

  年間3万人近くが死に至る肝臓がん。原因の
8割は肝炎ウイルスによるもので意外な感染
ルートも明らかに。又、今では近所の病院で
3分で検査も可能に。新薬登場で治療も飛躍
的に進化。一生に一回は検査し早期発見を。 

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート Yoshi

私の部屋のPCは、モデムまで30mの有線LANで繋がっています。
これは私が有線が一番安定していると信じているからですが、
そのケーブルは、縦横無尽に壁や廊下を渡り、1か所壁の
窪みに入れている部分があります。

しかし、ケーブルに力が入って窪みから飛び出し、その壁と
木戸の開け閉めに挟まれる形で、先週、ケーブルが断線して
いました。

新しいケーブルに交換したので解決済みですが、世界中に
張り巡らされている海底光ファイバーケーブルも断線との
戦いだそうです。原因は、地震、漁業の針などがあるそう
ですが、近頃の問題は、鮫なのだそうです。

好奇心や、電磁気を発生しているためケーブルに噛みつく
そうですが、約150年前初めて海底ケーブルが設置されてから
何度か切断されているそうですが、これは、個人のPCとは
違い、一大事でしょう。
そして、その切断箇所を見つけ、修復や交換をしていると
思いますが、いったいどうやっているのでしょうか?

Googleが巨大投資をして管理をしているケーブルの1つに、
アメリカ西側から日本に繋いでいるものがありますが、
ここはより早い伝達量が必要なようで、"海底ケーブル
設置マップ"を見ると、一際太い線がひかれています。

また、ネット利用者、データ量の増加に伴い、細い瓶の口
からは1度に大量の物は通らないような渋滞のイメージで、
"Big data Bottleneck" と言われているそうですが、
これをいかに軽減するか、とも戦っているのですね。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に