トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2146

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成26年12月2日発行

■ニュースヘッドライン

▽更年期障害軽減に大豆イソフラボンから産生のエクオール(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/141201/lif1412010020-n1.html

▽高齢者支える100円野菜朝市、独居高齢者に送迎サービスも(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=109014

▽1~10月の振り込め詐欺被害額293億9千万円で過去最悪に(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASGD15VMTGD1UTIL03G.html

▽6時間睡眠でも10日超で徹夜明け同様の認知機能に低下(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79493900Q4A111C1000000/

 

☆++------------------------------------------------------++☆

    ホームページからのご注文で自動エントリー

  \\ 読者様限定!クリスマスプレゼントキャンペーン // 

         12月14日(日)まで

☆++------------------------------------------------------++☆

  
どんな商品でも1個からのご注文でキャンペーンに応募できます。

 キャンペーン応募要項へのご注意点やプレゼント内容はこちら!
↓↓
http://www.3bs.jp/mailmag-campaign.html?mmail&d

 
当選率が高い?かもしれませんよ。

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:小頬骨筋
英 語:Zygomaticus minor muscle
独逸語:Kleiner Jochbeinmuskel

医学チャート「頭部と頚部」
http://www.3bs.jp/chart/anatomychart/vr7132a.htm?mmail&d

頭部と頚部の構造を確認できる医学チャートです。
A3サイズ,756円‐税込

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 12月2日(火)19:00~19:54 テレビ朝日

林修の今でしょ!講座

  日本人の食生活には欠かせないお米について
病気を治す栄養効果から簡単に美味しくなる
魔法の炊き方まで学ぶ。風邪や肥満、冷え性
高血圧などには白米と玄米のどちらがいい?

▽明日 12月3日(水)20:00~20:43 NHK総合

ためしてガッテン
「マッサージでも治らない 長引く痛み治療最前線」

  ちょっとした痛みがだんだんひどくなり、風が
吹いても水に触れても激痛が走り、下痢などの
症状を併発する病気。実は中枢神経が痛みの
感じ方を増幅させているのだ。家でできるこの
病気の簡単な見分け方と治療アップの秘策も。

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 英司

数回、走りについての近況などを書いてきたが、
その中で、今回用意していたが活用できなかった
道具とトレーニングがある。

ベアフットシューズとベアフットランだ。

裸足感覚のシューズで走ろうというもの。

裸足で走ってもいいのだが、道路にはガラス片など
危険がいっぱいなので、機能を削り、靴底を薄く、
柔らかくした、裸足感覚のシューズを履くのが一般的。

私も1足所有しているのだが、ふくらはぎへの負荷が
強いので、アキレス腱を痛めている今回は使用を
見送った。

短距離を走る時は踵はつけない。ほとんどつま先のみ。
このようなフォームでは、底の厚い靴は使いづらい。
靴底、特に踵が薄い靴が使いやすい。

対して、長距離は一般的には踵から着地するといわれてきた。
そのため、ランニングシューズの踵はクッション性が高く、
厚く作られている。

それに一石を投じたのがBorn to Runという書籍。

近代的な靴を履いているランナーには怪我が多いのに、
メキシコのインディオはゴムサンダルで1日100kmも走り
怪我をしない。

これに疑問を持った著者が調べていくと、インディオは
足の中間から前方で着地、その後軽く踵が地面に触れる
という走りをしていた。
フォアフットランやミッドフットランと呼ばれる着地だ。

このほうが足と脚が元来持つクッション性を活かせるので
怪我をしにくいという主張だ。

そしてこの主張を裏付ける結果を示した、ハーバード大学の
ダニエル・リバーマン教授の論文がNatureに掲載され、
ここ数年はベアフットブームだ。

ダニエル・リバーマン教授は石畳の上も裸足で走っており、
人間には硬い地面でも走れる能力があると主張している。

この着地、底の厚い近代的スニーカーではできない。
底が薄く柔らかい靴、もしくは裸足でなければならない。

道具は進化してきたはずなのに原点回帰と、よくある話
ではあるが、今までの靴への出費は何だったんだと。

いや、しかし、ベアフットシューズも安くないな。

裸足で走るにもお金がかかるとは、何ともやるせない話だ。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に